アザミサンゴの飼育方法|光・照明、水質、水流、毒性、株分け・増やし方、飼い方

アザミサンゴ

アザミサンゴ
アザミサンゴはドーム型の骨格にイソギンチャクのようなポンプが集まったLPS・ハードコーラルです。
丈夫で飼育しやすいサンゴですが流通数は少ない。更に非常に毒性が強く長いスイーパー触手を伸ばすのでレイアウトする際は注意して下さい。

そこが知りたい サンゴ飼育完全飼育マニュアル

Amazonでサンゴを上手く飼うための本―飼育環境・難易度別で理解するサンゴカタログ の価格を調べるならコチラ

アザミサンゴの飼育方法

アザミサンゴアザミサンゴ
●照明:中
●水流:中
●水質:硝酸塩が10ppm以内
●水温:23〜26°C
●PH: 7.5〜8.5
●KH:8〜14
●濾過方式:特にこだわらない

アザミサンゴは流通水があまり多くないサンゴですが、見た目は美しくサンゴ好きならレイアウトに加えたいサンゴです。
カラーバリエーションはグリーンやグレー、ブルーが大半。骨格は中央が盛り上がるドーム型・半球型で、グリーンのアザミサンゴは草の生えた緑の丘のようにも見えますよ。

照明

光・照明は60cm水槽でLED2〜3灯と、それほど強い光じゃなくても飼育が可能。光が十分なら餌は全く必要ない。

水質
アザミサンゴは丈夫なサンゴなので、濾過も通常濾過でよく、硝酸塩やリン酸塩の蓄積にも耐えられる。
元々成長は早くないのでカルシウムリアクターがあってもあまり変わらないようだ。
骨格の上にゴミが溜まらないように、水流がやや強めの場所に配置した方が良いでしょう。

毒性

毒性が強いスイーパー触手を5cm以上伸ばす事もあるので、他のサンゴの近くに配置するなら注意が必要だ。長くスイーパー触手を伸ばしているなら根元から切ってしまうとよい。

アザミサンゴ
株分けするなら骨格を割れば増やせるが、割った際の歪な形は変わらないのと、LPSなので成長は早くない点に注意しよう。

イソギンチャクに似ているからかカクレクマノミなどクマノミが擦り寄る姿が見られるが、クマノミ系はアザミサンゴの毒の影響は受けないようです。

(サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ 北海道・九州航空便要保温

Amazonでcharm(チャーム) (海水魚 サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ の価格を調べるならコチラ