20ステラSW4000・5000・6000追加!近海ジギングやライトショアジングに最適!

20ステラSW 4000 XG

20ステラSW
19ステラSWの追加モデルとして20ステラSW4000・5000・6000番が追加されます。近海ジギングやライトショアジングなど、手軽に楽しめる釣りで使用される人気のサイズ・手番なので、待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。

4000番には20ステラSWから新しく4000HGが追加され、オフショアライトジギングでもより使いやすくなりましたよ。

下記では2020年に追加される19ステラSWの小型手番、20ステラSW4000〜6000番に付いて紹介します。
ちなみに、こちらのページでは紹介しませんが18000〜30000番も追加されますよ。

20ステラSW 4000・5000・6000の性能

20ステラSW 4000 XG
20ステラSWの4000〜6000番は13ステラSWから大きく巻心地や耐久性が向上しています。
デザイン・カラーはXG(エキストラハイギア)のハンドルが金色である点以外は大型手番と同じですね。

4000・5000番は無印4000・C5000とは強度と耐久性に大きな差がある!


同じ4000・5000番でも18ステラの4000・C5000番は#4000ボディで、20ステラSWの#5000ボディとは強度と耐久性に雲泥の差があります。
スプールサイズ・糸巻き量による手番サイズが一緒なだけでボディは大きく違う点に注意してください。

ライトショアジングでも60cm以上の青物をメインに釣るなら20ステラSWの4000〜5000番を使用した方が遥かに滑らかな巻心地が長持ちしますよ。
無印18ステラと20ステラSWで迷ったら使用するラインの太さ、釣れる魚の大きさ、使うルアーのウエイトで選部と良いでしょう。

軽いシーバスロッドやサーフキャスティングロッドまでは無印ステラ、ロッドの自重が200gを超えるショアジギングロッドならステラSWを選んだ方がタックルバランス的には良いかと思います。

インフィニティドライブ


インフィニティドライブはスプールを上下に動かすシャフトに特殊底摩擦表面処理を施しピニオンギアとの間に隙間を設け非接触化、底摩擦ブッシュのみでシャフトの上下を支持することにより30%も回転トルクを低減しました。
これにより20ステラSWは13ステラSWと比較して遥かに軽い巻心地を実現。
先に発売された19ステラSWを使用した事がある人なら分かるでしょうが、特に高負荷が掛かった状況では実感できますよね。

13ステラSWなどこれまでのリールではスプールがラインローラー側に強く引っ張られると、その力によりスプールシャフトが僅かに歪んでピニオンギアに擦れて摩擦が発生し、どうしても巻心地が重くなっていたんです。
しかし、19ステラSWからインフィニティドライブが採用されてから巻心地が格段に軽くなりました。

Xリジットローター


追加される4000・5000・6000番にも軽量化されたXリジットローターを搭載。極力無駄や金属を削ぎ落としたローターはスプールのスカートに収まる上部が樹脂となり大きく軽量化。
ローターとスプールの隙間から水がシャフト付近に入っても樹脂パーツとの間に水抜き穴があるので遠心力で勝手に排水してくれる。

Xプロテクト ラインローラー


Xプロテクトをラインローラーに採用しラインローラーのベアリング耐久性が10倍にアップ。
13ステラSWでも比較的丈夫だったとは思うんですけど、月10回も使うと1年に1〜2回は塩ガミしてシャリシャリしてくるのでオーバーホールが必要でした。

19ステラSW以降はシャワー洗浄以外はノーメンテで1年ほど使用できるので、10倍かはさておき耐久性は上がっているんでしょうね。

HAGANEギア(ハガネギア)


20ステラSWのドライブギアは200tの圧力でプレスした冷間鍛造のHAGANEギア(ハガネギア)で安物SW機とは強度・耐久性に大きな差があります。
13ステラSWから大きな変更は無いようですが、変更しなくても良いほど耐久性には定評がありますからね。

13ステラSWでさえ#5000ボディの4000XGで1mオーバーのシイラは余裕で釣まくれますよ。月1〜2回しか使わない人なら次のモデルチェンジまでノーメンテで持つかもしれませんね。

HAGANEボディ(ハガネボディ)

ハガネボディ
当然ながらフルメタルのHAGANEボディ(ハガネボディ)を搭載。強度と歪みに対する耐久力でツインパワーSWを上回る。
全て金属ボディのSWリールは19・20ステラSWだけなので、強度と耐久性を重視するならステラSWを買うしか無い。

ツインパワーSWは半分樹脂でフルドラグで使うような強い負荷を掛けると僅かに歪むと言われており、ステラSWよりギアやシャフトの摩耗が早いと言われてます。
とは言えツインパワーSWもキハダマグロは普通に釣れる強度がありますけどね。

ちなみに20ステラSW4000XGは、半分樹脂のツインパワーSW4000XGと同じ自重になりました!以前は微妙にツインパワーSWが軽かったんですよね。
フルメタルで同じ自重と言うアドバンテージがステラSWに追加されたのは嬉しい限りです。

リジットサポートドラグ

ベアリング2つでスプールを支持する構造により急に高負荷が掛かってもスムーズなドラグ作動をサポート。フッキングからのスムーズなドラグの作動は青物キャスティングでは大きなメリットになります。

Xタフドラグ

金属とカーボンワッシャーの組み合わせにより高い耐久性と、均一な負荷の分配が可能となりドラグ性能の向上に貢献。
大型魚とのやり取りでも一切不安の無いスムーズかつ性能低下の少ないドラグは頼もしいかぎりだ。

 

20ステラSWのラインナップ

4000XG

【3月入荷予定/予約受付中】シマノ 20ステラSW4000XG※他商品同梱不可。入荷次第、順次発送

 

●ギア比:6.2
●実用ドラグ力(kg):7.0
●最大ドラグ力(kg):11.0
●自重(g):355
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):52/19
●ラインロン糸巻量(号-m):3.5-170、4-150、5-125
●PE糸巻量(号-m):1-490、1.5-320、2-240
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):101
●ハンドル長(mm):60
●ベアリング数(BB/ローラー):12/1

4000XGはライトショアジングやショアプラッキングゲームの定番サイズ・ギア比となる。ライトなオフショアキャスティングゲームのシイラやサワラでも活躍する。
13ステラSWの次点でワラサやメーターオーバーのシイラでも楽々巻けているので、巻き上げトルクが30%軽減されているならより巻心地も軽くなっているはずですよ。

4000HG

【3月入荷予定/予約受付中】シマノ 20ステラSW4000HG※他商品同梱不可。入荷次第、順次発送

 

●ギア比:5.7
●実用ドラグ力(kg):7.0
●最大ドラグ力(kg):11.0
●自重(g):355
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):52/19
●ラインロン糸巻量(号-m):3.5-170、4-150、5-125
●PE糸巻量(号-m):1-490、1.5-320、2-240
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):93
●ハンドル長(mm):60
●ベアリング数(BB/ローラー):12/1

4000HGはライトジギングや小型青物主体の近海ジギングにおすすめ。6000HGをメインタックルにして、釣れるサイズが小型の時用に4000をサブタックルに持ち込むのもありですね。

5000XG

【3月入荷予定/予約受付中】シマノ 20ステラSW5000XG※他商品同梱不可。入荷次第、順次発送

 

●ギア比:6.2
●実用ドラグ力(kg):10.0
●最大ドラグ力(kg):13.0
●自重(g):420
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):54/19
●ラインロン糸巻量(号-m):4-200、5-150、6-130
●PE糸巻量(号-m):2-350、3-240、4-170
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):105
●ハンドル長(mm):65
●ベアリング数(BB/ローラー):13/1

ショアジギングやショアプラッキングゲームなどショアの青物は勿論、オフショアのシイラにも対応したキャスティングモデル。

5000HG

【3月入荷予定/予約受付中】シマノ 20ステラSW5000HG※他商品同梱不可。入荷次第、順次発送

 

●ギア比:5.7
●実用ドラグ力(kg):10.0
●最大ドラグ力(kg):13.0
●自重(g):420
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):54/19
●ラインロン糸巻量(号-m):4-200、5-150、6-130
●PE糸巻量(号-m):2-350、3-240、4-170
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):97
●ハンドル長(mm):65
●ベアリング数(BB/ローラー):13/1

ワラサやカンパチ(ショゴ)など2〜3号のPEラインを使う近海ジギングにおすすめ。巻き上げ長さが97cmあるので、ショアキャスティングゲームでも十分使える使用用途の広い手番サイズです。

6000XG

【3月入荷予定/予約受付中】シマノ 20ステラSW6000XG※他商品同梱不可。入荷次第、順次発送

 

●ギア比:6.2
●実用ドラグ力(kg):10.0
●最大ドラグ力(kg):13.0
●自重(g):425
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):57.5/19
●ラインロン糸巻量(号-m):4-240、5-190、6-160
●PE糸巻量(号-m):2-440、3-300、4-210
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):112
●ハンドル長(mm):65
●ベアリング数(BB/ローラー):13/1

6000XGは112cmの巻き上げ長さが生かせる早巻きが必要なキャスティングゲームで活躍。シイラなどのオフショアキャスティングで船の進行方向にルアー投げて素早く動かしたいなら、これくらいの巻き上げ長さがあると釣りやすいでしょう。

6000HG

【3月入荷予定/予約受付中】シマノ 20ステラSW6000HG※他商品同梱不可。入荷次第、順次発送

 

●ギア比:5.7
●実用ドラグ力(kg):10.0
●最大ドラグ力(kg):13.0
●自重(g):425
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):57.5/19
●ラインロン糸巻量(号-m):4-240、5-190、6-160
●PE糸巻量(号-m):2-440、3-300、4-210
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):103
●ハンドル長(mm):65
●ベアリング数(BB/ローラー):13/1

6000HGはパワーと巻き上げ長さを両立した万能サイズ。青物ジギングから本格的なショアジギングまで中型青物に余裕で対応できる。
80cm以上のブリやヒラマサ、シイラ、本ガツオ、メジマグロをメインに釣るならこのサイズ。

6000PG

【3月入荷予定/予約受付中】シマノ 20ステラSW6000PG※他商品同梱不可。入荷次第、順次発送

 

●ギア比:4.6
●実用ドラグ力(kg):10.0
●最大ドラグ力(kg):13.0
●自重(g):425
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):57.5/19
●ラインロン糸巻量(号-m):4-240、5-190、6-160
●PE糸巻量(号-m):2-440、3-300、4-210
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):83
●ハンドル長(mm):65
●ベアリング数(BB/ローラー):13/1

6000PGはスローな誘い、パワーを重視したオフショアジギングに活躍。深場狙いや潮流の早い日、ヘビージグを使うならパワーギアが活躍。
巻き上げ長さが少ない分細かく誘えるので、スローな誘いが必要な日や、ボトム付近を狙いたい場合、なかなか素早く動くジグを追尾せずヒットレンジが狭い低活性の場合にも活躍する。

 

こちらの記事もおすすめ
●20ソルティガ登場!15ソルティガより最大10倍の耐久性に!

●20ツインパワー登場!ステラと同じ強度!?ハーフボディが残念

●20ルビアス登場!ダイワ最軽量!初のザイオンモノコックボディに