カマスをルアーで釣ろう!必要なタックルとルアーの種類を解説|ロッド、リール、ライン

カマス

カマス
カマスはルアーフィッシングでも釣る事が出来るターゲット。小型のメタルジグやワーム 、プラグを使うのでアジングタックルなどライトタックルが使える。
あまり専門的に狙うターゲットではないが、子供や初心者がアジや小サバなど小型の回遊魚を狙う際のゲストとして釣れる事が良くある。
釣れるルアーや釣り方を覚えておくと釣れ始めた際に役立つはずですよ。

カマスの生態・特徴


口が尖った口が特徴的なカマス。名前は知ってはいるけど普段の生活ではあまり見かけない魚かも知れません。
そんなカマスは意外と釣りの対象魚として人気が高く、ルアーフィッシングでもよく釣れるターゲットの1つとして知られています。
地域によりますがカマスは回遊のムラが多い魚で、サバやワカシなど違い同じ釣り場に定期的に回遊して来るとは限りません。
なので専門的に狙うよりもライトショアジギングで釣れる回遊魚の一種と言った扱いが多いです。一応カマッシングなる造語?もあります。

カマスは群れで回遊しており尖った口で小魚をメインにプランクトン・アミ類なども捕食しています。ルアーフィッシングの他には投げサビキ釣りで釣る釣り方が有名ですし、カゴ釣りでも釣れる事がありますね。

カマスのルアー釣りにおすすめのタックル

カマス
カマスのルアーフィッシングでは軽い3〜15g程度のルアーを使うので、タックルはライトルアーが扱えるメバリング用やアジング用のライトタックルが適している。ライトなシーバスタックルやバスタックルでも良い。

ロッド

カマス専用ロッドは無いのでアジングロッド、メバリングロッド、シーバスロッドのUL(ウルトラライト)〜L(ライト)、バスロッドを使うと良い。
カマスを釣る際に使うルアーが2〜6cm・3〜15g程度なので硬いロッドは必要ありません。
硬めのロッドを使うと軽いルアーがあまり飛びません。

もし今持っているロッドに20〜50gのルアーに適した硬い物しかなく、どうしてもカマス釣りに使いたいならルアーよりも投げサビキを使った方が良いでしょう。

リール

リールはロッドに合わせてアジング・メバリングロッドには2000〜2500番、シーバスタックルを流通するなら3000番までのスピニングリールから選ぶと良いでしょう。
小さいリールの方が細糸を使う際に繊細なドラグ設定ができます。でもカマスは口が硬いのでライン強度を気にしなければブルドラグでゴリ巻きしても構いません。
シーバスロッドなど硬いロッドを使うならクッションがわりに少しドラグは出した方がバラシにくい場合もありますよ。

【11日までポイント5倍】【ビギナーにおすすめ】アジング・メバリング ライトゲームセット【メーカー品含む4点セット】FCS-S682Aji(ソリッドティップモデル)

ライン

ラピノヴァX
軽いルアーを使うのでPEラインは細い方が良い。カマス以外にメッキやワカシ、サバといった小型青物を意識するなら0.4〜1号のPEラインを使うと良い。長さは100〜150mも巻いておけば大丈夫。ラインカラーは日中の釣りとなるので逆光でも見やすいグリーンやピンク、ブラックなどを選ぶと良い。

リーダー

PEラインは不透明で擦れに弱いので、透明で擦れに強く傷付き難いフロロカーボンラインを先糸として結ぶ必要があります。
リーダーの太さはPEラインの3〜4倍、長さは1〜2m程度で良いでしょう。

 

ルアー

カマス
カマス釣りで使うルアーは主にメタルジグ、ワーム 、ミノーの3種類。サイズは50mm以内で基本的にメバリング用やアジング用のルアーを使うのが無難。釣れるカマスの大きさが30cm以上あるなら60〜70mmのルアーでも喰ってきますけどね。
とは言えカマスは口が細長く小さいため、あまりボリュームの有るルアー・大きなフックだとフッキング率が落ちてしまう。

メタルジグ

カマス
メタルジグは3〜15gの範囲で使用するロッドやカマスの大きさに合わせて選ぶと良いでしょう。小型のカマスにはメバリング・アジング用のメタルジグがおすすめ。

ワーム (ジグヘッドリグ)


カマス釣りでワームを使う際はジグヘッドリグを使用する場合が多い。ジグヘッドの重さは3〜8g程度でワームは1.5〜2インチをカマスのサイズに合わせて使い分けよう。

ミノープラグ


ミノープラグを使うならメバリング・アジング用の物を使うと良い。サイズは30〜50mmからサイズとカラーを変えて購入すると良いでしょう。
ミノーには水に沈むシンキングと、水面に浮くフローティングがあるので狙う水深に応じて使い分けよう。対応する水深は大抵はルアーのパッケージに記載されていますよ。

ルアーの色・カラー

カマスが釣れるルアーカラーですが、やはりシルバーが入っているホロ・反射系はよく釣れる。目立つピンク、グリーン、イエロー、ホワイトなどのチャートカラーも実績が高い釣れるカラーですね。
もし夜やマヅメ時に釣るなら夜光・グローカラーも用意しておきましょう。

 

カマスの釣り方

カマスの釣り方は小型青物の釣り方に似ています。基本的には横方向と斜めにルアーを引きながら、合間に各種のアクションを加えてカマスのリアクションバイトを狙って釣っていきます。

カウントダウン

カウントダウンとは釣り場のレンジ(水深)やルアーを通すレンジを把握する場合に必要となるテクニックです。
ルアーが着水したら着底するまでの時間をカウントし、その数字を「表層・中層・底層」3つに分けることで釣るレンジを絞り、カマスが釣れる場所を効率的に探れるようになります。
実際に釣る際は表層から狙うレンジを徐々に下げていくと良いでしょう。

ただ巻き

カマスはただ巻きで基本的によく釣れる。
ただ巻きする時もカマスが釣れるタナを効率よく探るために正確にレンジ(水深)を把握しないといけない。
カマスはあまりアクションさせ過ぎてもフッキングし難くなりますからね。

トゥイッチ

トゥイッチとはロッドを小刻みに動かし竿先でチョンチョンとラインを引っ張り、ルアーに跳ねるような動きをさせるアクション。

ジャーク

ジャークはラインを引っ張るようにロッドを煽ってルアーを上や左右に大きく動かすアクションのこと。
ジャーク1回につきリールのハンドルを1回転させるとワンピッチジャークになる。
カマスや小型青物をメタルジグで狙う場合や、ダート系のジグヘッドをアクションさせる際はワンピッチジャークを連続で行ったり、ワンピッチジャーク5回+ただ巻き3秒のように組み合わせた使い方で狙うと良い。

あまりワンピッチジャークし続けてもルアーを、食うタイミングが無くアタリが減ってしまう事もあるので、ただ巻きと組み合わせたり1〜2秒ステイさせるなど食いつく間を作ることも意識したい。

カマスがヒットしたら

カマスがヒットしたら軽く合わせてフッキングさせてゴリ巻きしよう。ライトタックルで細糸を使っているならドラグを出しつつ引きを楽しみながら釣ってよい。カマスが足元の水面まで来たら一気に抜きあげよう。
カマスはヒットさえしてしまえば難しい事は何一つない。

もしフッキングしてからのバラシが多いなら、ルアーの針が大きすぎる可能性があるので小さなものに変えるなどして原因を探してください。

カマスの処理

カマスには独特の臭みと滑りがあるので、クーラーボックスに入れる際はカマス以外の魚とは分けた方が無難。カマスだけ厚手のビニール袋に入れるか他の魚をビニールに入れておこう。
もちろん血抜きと内蔵の処理をした方が身の臭みも少なくなるのでより美味しく食べれる。

クーラーには魚が浸かる量の水を入れて、氷水でしっかり冷やして持ち帰ろう。
たまに氷水と魚しか入れていない人がいるが、なかなか冷気だけでは魚の深部まで冷えないものです。保冷が不十分だと食中毒や臭みが出る原因になるので注意しよう。

 

その他・必要な道具


カマス釣りでタックル以外必要な物や、あると便利な道具を紹介します。

クーラーボックス

カマスや小型回遊魚がメインなら10リットル程度の小型クーラーボックスが有れば十分。数人分の飲食物も持ち込むなら15リットル以上あってもよいですね。

魚掴み


写真はサバですが、カマスは臭みのある滑りがあるので、手で掴まずに魚を挟んで掴める魚掴みを使用したい。出来るだけ滑り難い突起が付いた物を選ぼう。

ハサミ・プライヤーなど


普通の釣り同様にハサミとプライヤーは必要です。
タオルや日焼け止め、飲食物、氷も忘れずに。
必ず必要とは言いませんが、できればライフベストも購入したいですね。