メッキのルアーフィッシング入門|使用するタックル、ルアー、釣り方を紹介|ロッド、リール、ライン

メッキ釣り

メッキ ルアー釣り
メッキとはヒラアジ系の幼魚を指す総称であり、ロウニンアジ・GT(ジャイアントトレバリー)やギンガメアジと呼ばれる魚の幼魚がメッキの仲間に含まれます。
メッキは数も多く警戒心も薄いたもルアーフィッシング初心者の人でも手軽にルアーで釣れる魚で、ソルトライトルアーを楽しむ釣り人にも人気のターゲットです。
今回はメッキの生態と釣り期、タックル、使用するルアーの種類、アクションなど釣り方を紹介します。

メッキとは?

メッキ ルアーフィッシング 釣り
メッキとは、魚の種類を指す呼び名ではなく「ヒラアジ」属に含まれる魚の幼魚が「メッキ」と呼ばれています。主にGT(ジャイアントトレバリー)ことロウニンアジとギンガメアジの2種類の幼魚が主にメッキとされています。
メッキは死滅回遊魚とも呼ばれる魚で、南方で生まれたメッキは黒潮に乗って関西や関東までやって来ますが、冬の寒さに耐えられずに死んでしまいます。
このため日本では沖縄など南方の一部にしか親魚となるサイズは生息していません。
しかし、一部通年を通年を通して温排水が排出される場所では60cm近いサイズの巨大なメッキが釣れる事もあります。

ギンガメアジのメッキ

メッキ釣り
ギンガメアジは成魚で全長60cm前後まで大きくなりますが、メッキとして釣れるのは大きくても20〜30cm程度まで。黄色い尻ビレと尾鰭が特徴で、胸鰭と腹鰭もやや黄色味がかっています。
メッキの中で最も数が多いとされています。

ロウニンアジ(GT/ジャイアントトレバリー)のメッキ

メッキ GT ジャアント・トレバリー
ロウニンアジ(GT/ジャイアントトレバリー)は全長1m以上に成長するため、沖縄など南方ではオフショアキャスティングの対象魚として大人気のターゲットです。ロウニンアジのメッキはギンガメアジのメッキより数が少ないようですね。
見分け方としてロウニンアジは体高がありヒレが黒っぽく、ギンガメアジはヒレが黄色味がかっているので判別は容易です。

メッキが釣れる時期

メッキの釣り期(釣れる時期)は水温が暖かい夏から秋にかけて。関東だと7〜12月まで釣れますね。近年温暖化の影響で釣れる期間が長くなっています。
死滅回遊魚なので1月頃には死んでしまうため、冬から初夏までの1〜7月は基本的には釣れません。一部の温水域で釣れる事はあります。
また、海水温の上昇に伴い神奈川県の城ヶ島周辺には30〜60cmのメッキが定着しているとの情報もあります。良くも悪くも今後南方以外でも60cm級の巨大メッキが普通に釣れるようになるかもしれませんね。

メッキが釣れる場所

メッキは水温が高くベイト(餌)が豊富な釣り場なら色々なポイントで釣る事ができますが、やはり潮回りが良くシラスやイワシが豊富な場所は実績が高い。堤防や磯、川の河口は狙い目のポイントですよ。
メッキが釣れる場所が判らない場合はネット検索で「県名 メッキ 釣り場」を入力して検索すれば近場でメッキが釣れるポイントが見つかるはずですよ。
検索結果の投稿日時も調べておけば、大体の釣れる時期もわかりますね。

メッキが釣れる時間帯

メッキは昼でも夜でも釣れる魚ですが、青物釣りと同様に日中の方がルアーの動きや反射によるアピール力を生かせるので釣りやすい。アジやメバルと一緒に釣る訳でもないなら、メッキをわざわざ夜に釣る必要はないと言えますね。
夜にメッキが釣れるポイントはアジングやメバリングと同じで、ベイトが集まりやすい常夜灯周りや漁港、港湾部です。

 

メッキ釣りで使うタックル

メッキ タックル ルアーフィッシング
メッキ釣りで使うタックルに決まりはなくアジングタックルやメバリングタックル、ライトなシーバスタックルが使用できます。
釣れるメッキも地域によって10センチから30センチと差があるので、一概にこのタックルが適切とは言えません。

【12日までポイント2倍】【アジング入門におすすめ】アジング・メバリング ライトゲームセット【メーカー品含む4点セット】FCS-S682Aji(ソリッドティップモデル)

 

ロッド

メッキ ルアーフィッシング 釣り
メッキ釣りで使うロッドは長さ6.5〜8フィートのアジングロッド、メバリングロッド、シーバスロッドが使えます。ある程度のパワーとプラグ系ルアーをテンポ良くコントロールする必要があるので、ソリッドティップよりチューブラーティップのロッドが使いやすいでしょう。
10〜20cmまでのメッキならアジング・メバリングロッドで大丈夫ですが、アベレージサイズが30cm近いならシーバスロッドのUL(ウルトラライト)からL(ライト)の方が余裕を持ってやり取りできるでしょう。とは言え、よほど根や障害物が無ければライトタックルでも釣れますよ。

大抵のルアーロッドはPEラインに対応していますが、安いロッドには一部PEラインが使えないロッドもあるので、その様なPEラインが使えないロッドは避けましょう。

リール

19ヴァンキッシュ
リールは2000〜3000番のスピニングリールが使えます。アジングやメバリングタックルで釣るなら2000〜2500番てハイギアのスピニングリールを選べば問題ありません。このサイズのリールはドラグの微調整ができるので細いとを使う釣りに適しています。
シーバスタックルで釣るなら使用するラインも太くなるでしょうから3000番のリールでも構いません。
比較的早く巻く巻きの釣りになるのでギア比はハイギア以上がおすすめ。

リールは耐久性より自重の軽さと巻心地、ドラグ性能を重視して選ぶと良い。軽いロッドに合わせるのどカーボンボディやカーボンと金属のハーフボディのリールから選ぶと良いでしょう。
ルアーフィッシングで使用するので最低限の巻心地とドラグ性能が確保されている7000円前後価格帯から選ぶと良いですね。

ライン


メッキ釣りでは軽いルアーを使用するので、ルアーの飛距離を考えるとラインはPEラインの0.6〜0.8号がおすすめ。シーバスタックルでやや大きなメッキを釣るならPEラインの0.8〜1号で良いでしょう。
リールに巻く長さは150m。ラインカラーは昼間に視認しやすいグリーン、ピンク、オレンジあたりがおすすめ。

PEラインは同じ太さのナイロンラインと比較して約3倍の強度があり、ナイロンライン3号使う釣りがPEラインだと1号でよく、細糸が使える分ルアーの飛距離が遥かに伸びます。また、PEラインは伸びが少なくナイロンより遥かに感度も良いのでルアーのアクションも良くなりますし、僅かなアタリを取る様なライトな釣りにも適しています。

リーダー

リーダーとはPEラインの先に結んで使用する先糸の事でフロロカーボンラインが使われます。フロロカーボンラインを結ぶとPEラインのデメリットである擦に歯点と不透明な点を補う事ができます。
リーダーはメインライン(PEライン)の3〜4倍の太さで1〜1.5mの長さをFGノットで結びましょう。

 

ルアー

メッキ ルアー 釣り

メッキ釣りで主に使用するルアーはミノー、ワーム(ジグヘッドリグ)、メタルジグ、バイブレーションの4種類。基本的にメッキは獲物をアクティブに捕食する魚であるため、ブラックバスのように様々なルアーで釣れる魚です。
メッキは群れで生活する魚で他のメッキがつられる姿を見られると、そのルアーにスレてしまいやすい傾向があるので、ルアーの種類やカラーのバリエーションは多い方が有利ですよ。
メッキ釣りで使うルアーの大きさは3センチから6センチくらいがスタンダードです。

ルアーカラー

メッキが釣れるルアーカラーはよく目立つ色が基本で、シルバー、イワシ、ピンク、グリーンゴールド・緑金は定番。
シルバーやイワシはナチュラルカラーと呼ばれ水がクリアな状況で活躍。ピンクやグリーンゴールド、チャートカラーはアピールカラーで濁りが入っている環境で実績が高いルアーカラーです。

プラグ

プラグとはミノーやホッパーなど主にプラスチックを張り合わせて作られたルアーを指しますが、鉄板のバイブレーションもプラグに分類されます。
プラグを使用したルアーフィッシングをプラッキングとよび、メッキ釣りではこのプラッキングが主体の釣り方となります。

ミノー

メッキ ルアー
ミノーは小魚に良く似たルアーの下顎付近にリップと呼ばれる出っ張りが付いたルアーで、ただ巻くだけでもリップが水を受けてボディを左右に振り本物の魚そっくりの泳ぎをするので使い方も簡単です。

ミノーには水に浮くフローティングミノーと水に沈むシンキングミノーがあり、フローティングミノーは水面から水面下60cmくらいを狙う場合に有効。シンキングミノーは水深60cmから1mくらいを狙う場合に使用します。
ミノーの潜航深度は異なるので、表層から中層を効率よく探れる様に、ミノーの潜航深度を確認してからフローティングミノーとシンキングミノーを購入して下さい。
ルアー初心者で迷ったら同じメーカー・ブランドのフローティングミノーとシンキングミノーを購入するのが一番手っ取り早い思います。

<ダイワ>月下美人 夜霧4F/4S/4DS

 

Amazonで月下美人 夜霧Z ケイムラホロイワシ を調べる

メタルジグ

メッキ メタルジグ 釣り
メッキはメタルジグへの反応も良く釣りやすい。メタルジグとは鉛やタングステンと言った金属を魚に似せて加工したルアーで、金属製なので同じ重さのプラグよりシルエットが小さくメッキも食いつきやすい。鉄の塊なので飛距離も抜群でルアーの中で最も良く飛びます。
メッキ釣りでは5〜10gくらいの重さのメタルジグが使用されます。ロッドで扱えるルアーウエイトをオーバーしないように注意して下さい。

メタルジグの使い方は早巻きでただ巻きするだけでも良いですし、リールを巻かなければヒラヒラと沈むので一旦沈めて着底したら、ボトム(底)からジャークアクションを5〜10回程度加えてからまた落とすなど縦の釣りも得意です。
基本的なメタルジグの使い方は早巻きでよく、水面からメタルジグが飛び出さない速さで巻きましょう。な早巻きで反応がなければ時々ジャークアクションを加えてリアクションバイトを狙って下さい。
アタリは大抵ひったくる様に強く出るので短く強いアワセを入れてフッキングさせましょう。
10g前後のメタルジグを使用した釣り方はスーパーライトショアジングとも呼ばれます。

ダイワ 月下美人 プリズナー 5g

 

Amazonで月下美人 プリズナーCV を調べる

ワーム


ワームもメッキを釣りやすいルアーの一つで、ジグヘッドと組み合わせ「ジグヘッドリグ」として使用します。ワームのサイズは1.5〜2in(インチ)でジグヘッドは3〜8gくらいを使用します。
アジングやメバリング用のワームが使えますが、メッキは素早い動きにしか反応しないので、ワームを使うならダート系ジグヘッドにアピール力の高いシャッドテールか、ダートさせやすいストレートテールのワームを組み合わせ素早くアクションさせて使うと良い。
広い範囲を手早く探るならストレートテール、特定の狭いポイントを探るならシャッドテールと使い分けるのもおすすめ。

ダイワ(Daiwa) 月下美人 ダートビーム 2.0インチ 【ネコポス配送可】

 

Amazonで月下美人 ダートビーム を調べる

ジグヘッド形状を選ばずダートするリアクションワームの決定版。ダートしやすいようにベンドしたテールを持つ独特の形状。 ノーマルのラウンドジグヘッドでマイクロダートアクションさせることが可能(1g~3g推奨)。 ワームに対して斜めにハリを刺すとよりダートさせやすい(ワームとジグヘッドは隙間のないようまっすぐに刺して下さい)。 ずっとダートさせ続けるのではなく、ダート後のカーブフォールも効果的。

トップウォータールアー

メッキが水面付近に浮いているならトップウォータールアー(トップウォータープラグ)でも釣れます。メッキを釣るトップウォータールアーはアジングやメバリング、チニング用の小型のペンシルやホッパー、バス用のスイッシャーなどが使えます。
メッキが水面に居るのはベイトを捕食したり、そもそも水深が浅い場合で、完全に水面を狙うためのトップウォータールアーが活躍する場面は少ないものの、バリエーションとして持っておいて損はないでしょう。

トップウォータールアーは釣るのにロッドでアクションを加えないといけないので初心者にはやや難しい。まぜは他のルアーでアクションの付け方を少し勉強してから挑戦すると良いでしょう。

●メッキ釣りにおすすめのルアー10種類を紹介

メッキの釣り方

メッキ ルアーフィッシング
メッキを釣るアクションのポイントは、とにかくルアーを早く動かすこと。メッキは目が良い魚で動体視力も優れているので、青物と同じくルアーの動きが遅かったり不自然だと見切ってしまい全く喰いつきません。メッキは日中に釣るのでゆっくり動かすとルアーだと簡単にバレてしまいます。
ルアーの後ろをチェイス(追尾)してきたり、ルアーに反応して集まってはくるのに喰いつかないのは明らかにルアーだとバレているからです。
メッキにルアーだと見切られない為には素早く動かしながらテンポよくアクションさせる事が重要です。

早巻き・高速巻き

早まき巻きと高速巻きはどちらもリールを早く巻くだけで初心者でも簡単にできる釣り方です。フローティングミノーなら水面から飛び出さない早さで、早巻き・高速巻きとスピードを変えてアピールしてみましょう。
シンキングミノーならルアーがしっかり泳ぐギリギリのスピードまで早く巻いて構いませんし、わざとルアーが姿勢を崩すスピードまで早く巻いてイレギュラーなアクションによるメッキのリアクションバイトを誘うのも有効です。

トゥイッチ

トゥイッチはリールを巻きながら時々竿先でチョンチョンと引っ張りルアーに逃げる魚によく似た動きを付けるアクションです。メッキ釣りでは早巻きしながら素早くトゥイッチを混ぜると良いでしょう。
水がクリアだとトゥイッチを入れたせいでルアーが見切られる原因にもなるので、しっかりルアーをチェイスしてくるかどうか反応を見て有効性を見極めましょう。

ダート

ダートはルアーを左右に大きく跳ねる動きをさせるアクションで、主にダート系のジグヘッドで釣る場合に使用されるアクションです。
ダートアクションのやり方は、まずロッドを水平付近からジャークするように素早く45度まで起こし、ラインにタルミを作るようにリールを巻きながら元の位置まで竿先を戻します。
次に少し残ったタルミを取りながらロッドを再度45度まで起こす、この繰り返しです。
一度ダートが始まるとロッドをシャクル度にルアーが右へ左へと跳ねるダートアクションをします。

メッキがヒットしたら

メッキがルアーにヒットしたらシャキッとアワセを入れて一定のテンションでリールを巻きましょう。ライトタックルで釣っているなら焦らずドラグを活用してやり取りすれば大丈夫。
あまりロッドを起こして上方向に巻き上げると水面に飛び出しバラシてしまう可能性が高くなるので、足元に来るまではできるだけ水面に出さないようにファイトしたいところです。
足元の水面まで巻き上げたら素早く抜き上げて下さい。ドラグが緩いならスプールを手で抑えて確実に抜きあげよう。

 

【まとめ】
手軽にライトゲームで楽しめるメッキ釣りに挑戦してみて下さい!メッキ意外にもアジやメバル、カマス、小型青物など多彩なゲストフィッシュも釣れて楽しめますよ!