島きち丸のライトルアー船でサバを釣る! ワカシまじる ジグパラ TGベイト

ツインパワーC5000XG 2020 釣果

藤沢市の片瀬江ノ島にある「島きち丸」のLTルアー船(スーパーライトジギング船)に乗船してきました。
ライトルアー船は大きなサバの入れ食いが楽しめるので、必ず年1回は乗っておきたい釣り物ですね。

ライトルアー船は2020年から6時30分出船に時間が変わり、午前船1本だけの出船になりました。11時出船の午後の便が無くなったのは悲しいけど、朝の出船でも電車でも間に合う出船時間なので、前よりはよく釣れる朝の船に乗りやすくなりましたね。

LTルアー船は誰でもルアーでサバを手軽に釣れるので、子供や船釣り・ルアー釣り初心者にもおすすめですよ。
ちなみに、現在コロナウイルスの関係で乗船時はマスクの着用が必要です❗️

島きち丸のライトルアーで使用するタックル

20ツインパワー C5000XG SLJ
使用するタックルはダイワのオフショアジギングロッド「ブラストBJ」の1番柔らかいやつと、20ツインパワーC5000XGです。30〜60gまでのメタルジグを扱えるライトタックルがおすすめ。
これからの時期はシイラも混じる可能性があるので、キャスティングタックルがあっても良いでしょう。

島きち丸では500円でLTルアー用のタックルもレンタルもしています。安いメタルジグもお店で買えますよ。

今回は30〜40cm前後のサバが主体なので、先日購入した20ツインパワー5000XGの本領発揮ですね。本当ならギア比はHG(ハイギア)が良いんですけど、ライトルアー船はサバを手軽に釣るだけなんで、あまり細かい事は気にしなくても大丈夫です。

大抵フォールでヒットするし…
ジグさえちゃんと動かしてれば釣れるから…

メタルジグは定番の「ジグパラ ショート」40〜60gを使用します。今回はじめてジグパラショートのライブベイトカラー「リアルサバ?」を使用してみました。
あとは爆釣れ最強ジグ?の「ダイワ TGベイト」の、2種類のメタルジグをメインに使います。

6時30分出船

島きち丸 ライトルアー船 2020
2020 島きち丸 ライトルアー
片瀬漁港から出船し、江ノ島の裏磯側を通ってサバが釣れる、少し江ノ島沖のポイントに向かいます。だいたい20分もあれば到着するので、すぐに釣りが始めらるように、タックルとルアーは準備を済ませておきましょう!
船が走ると風が強く、波しぶきが掛かることも多いし、海の上は陸より寒いので、一枚切れる上着やレインコートは用意しておこう。特に下のレインコートは汚れ防止に活躍しますよ。

 

サバが釣れるポイントに到着すると、船長から指示ダナがアナウンスされます。船長「ベイトの反応がある20〜30mでやってみてー」

多少潮の流れが早く、ジグが流されることを考慮してジグパラ ショートの60gを選択。横に流されるのでラインマーカーで指示ダナの下限より5mくらい余分に落としてから、ワンピッチジャークを初めます。

あまりまとまった群れが居ないのか、反応が良くないようで、何度か投入するも他のお客様も当たりなし。
どおやら足が早くて抜けちゃうようで、これは素早く落とさないと間に合わなさそうなので、TGベイトの80gにルアーチェンジ。

この選択がよかったのから、付近の人より素早く指示ダナまでジグを落とすと、さっそく糸がふわっとフケるフォールでのアタリが。

フォールで連続バイト(アタリ)があり、道糸がふわっと弛む。即座にリールを巻きラインスラッグを回収しつつアワセを決めて、オマツリしないようにゴリゴリ巻き上げます。

「ゴッゴッゴッ、ゴゴゴン」とサバ特有のブルブル感が強いアタリ伝わってきて気持ちいい。この引きを手軽に楽しめるのがサバゲーの醍醐味。

ゴリ巻きで余裕のサバをゲット。今年のサバも痩せているような。
TGベイト SLJ
近年サバがの体力が落ちているよな気がするのは気のせいかな。初めてサバを釣った時は物凄く強い引きだった気がしたんですが…

水面まできたら竿先のタラシを60cm〜1m以内にして抜きあげよう。タラシが長いとメタルジグがサバの口から外れた際に、どこに飛んでいくかわからなくて危ない。垂らしが短ければ竿を持つ手や頭にルアーがぶつかる事はありません。
フォールでアタリが出る事も多いので、ベイトタックルもおすすめです。巻き上げはスピニングの方が糸巻き量が多いので、手返しは早いですけどね。

その後は全く活性の高い群れが見つからず。30分くらいクルージングして、1回投入してはクルージングの繰り返し。

アジ釣り船の周りに行ったりするもサバは釣れず。サバって活性が低いと極端に釣れないんですよね。アジ釣り船に乗っている時釣れまくって迷惑なのに、狙うと釣れない釣りあるあるです。

釣れないか心配な人はジギングサビキを用意しておこう
ジギングサビキは釣れない日のお助けアイテム。より手軽に手堅く沢山サバを釣りたいなら、ジギングサビキを用意しておくと良いでしょう。
ただし、ライトルアー船でジギングサビキを付けると、ガチでサバか3〜4匹ヒットして大変な事になるので、3〜4匹ヒットしてもタックルパワーが十分かよく考えて、覚悟して付けましょう(笑)

今回もやばそうなので、ジギングサビキを早々と装着。
すると、1時間以上アタリがない時間が続きましたが、好活性な群れに当たり、見事にサバがトリプルヒット❗️❗️❗️
サバ 島きち丸 ライトルアー
最初はダブルヒットかと思いきや、まさかのトリプルヒット。楽々巻き上げられたから姿が見えてからびっくり。
周りの釣り人にも満遍なくポツポツとヒットしていますが、やはりメタルジグが軽い人は、指示ダナがまで到達するのが遅いからか、あまり手返しよく釣れていないようです。
これから釣りに行く人は、60〜80gのメタルジグ、出来ればタングステン製を用意しておくことをおすすめします。

このチャンスタイムでもう2匹追加して、やっと7匹。
ライトジギング SLJ サバ
その後はクルージングタイムばかりで、最後の方でもう一回だけ10〜20mの浅場で活性の高い群れに遭遇。
ダブルヒットと1ヒットで3匹キャッチして、なんとか二桁釣果の10匹になりました。

普通の日なら20〜30匹は釣れるんですが、チラ見した感じでは、周りの釣果も2〜3匹の人が多い様子だったので、かなり渋かったんでしょうね。
本当に船が走っている時間がすごく長かったですねー。ちょっと消化不良だけど、渋い中でも周りの人よりは釣れたからよしとしましょう。

 

2020/6/15 ライトルアーの釣果

ツインパワーC5000XG 2020 釣果
2020年6月15日、江ノ島沖でのライトルアーの釣果は、サバ10匹とワカシ4匹でした。
お隣の釣り人はジギングサビキ付きでもサバは3匹でしたから、これでもかなり健闘したほうと思っておいて下さい(゚ω゚;A)また釣果を見ていつか挑戦しに行きたいと思います。

 

ジグパラショート
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●メジャークラフト ジグパラ ショート JPS 60g 【メール便配送可】 【まとめ送料割】
価格:742円(税込、送料別) (2020/7/22時点)

 

 

Amazonでメジャークラフト ジグパラ ショート 60g を調べる
ジグパラショートはとにかく安くて釣れるメタルジグの定番商品です。おそらく最も売れているメタルジグと言っても良いでしょう。
リアフック、アシストフック付きなので、ラインに結べばすぐ使えますよ。

TGベイト
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ TGベイト SLJ 60g (ジギング メタルジグ)
価格:2079円(税込、送料別) (2020/7/22時点)

 


TGベイトは80gでもシルエットが50gくらいのメタルジグと同じくらいなので、潮の流れが早い日に素早くジグを落としたい場合に有効です。45g60g80gを使い分けるのがおすすめ。

20ツインパワーC5000XG
20ツインパワーC5000XGは、4000番ボディに5000番スプールとラウンドノブ付きロングハンドルを搭載したモデル。5000スプールは18ステラC5000と道誉に、カーボンドラグワッシャー内蔵で、ドラグを酷使する釣りでも長持ちしますよ。