シマノ 20ヴァンフォードの性能と特徴・搭載技術|

20ヴァンフォード シマノ リール

シマノのスピニングリールに「20ヴァンフォード」と言う、CI4+製のボディとローターを採用した「クイックレスポンスシリーズ」のリールが新たにラインナップされます。20ヴァンフォードは19ヴァンキッシュと16ストラディックCI4+の間となるミドルクラスの性能リールですが、マイクロモジュールギアⅡやXプロテクト、ロングストロークスプールなど、16ストラディックCI4+には付いていない機能が大幅に追加されています。
2万円台のリールとしては、滑らかでノイズの少ない巻心地と防水性能をバランス良く両立した、コストパフォーマンスに優れたリールに仕上がっていますね。

今回は20ヴァンフォードの特徴と性能、19ヴァンキッシュや16ストラディックCI4+との違いを解説します。

20ヴァンフォードの特徴・性能

20ヴァンフォード シマノ リール
20ヴァンフォード20ヴァンフォード 搭載技術 技術特性
20ヴァンフォード ラインナップ
20ヴァンフォードはシマノのクイックレスポンスシリーズに新たに追加されるスピニングリールで、ストラディックCI4+にマイクロモジュールギアⅡ、Xプロテクト、ロングストロークスプール、サイレントドライブと、開閉度の広いヴァンキッシュ型の最新式マグナムライトローターを採用。ローターはベールアームもチタン製となり、搭載技術としては19ヴァンキッシュに見劣りしないカタログスペックを備えています。

ただし、ヴァンフォードにはストラディックCI4+より重量が重い手番もあり、軽さを追求したと言うよりはストラディックCI4+の搭載技術をアップグレードしたモデルと言えます。20ヴァンフォードのベアリング数は7/1(BB/ローラー)で、ストラディック CI4+より1つ多く、19ヴァンキッシュより4つ少なくなっています。
マイクロモジュールギアⅡやサイレントドライブ、マグナムライトローターの効果で、巻心地は16ストラディック CI+より間違い無く軽く滑らかになっているはずですが、重量と巻心地はヴァンキッシュとしっかり差が付けられているようですね。
ボディはオリジナルの設計で、ぱっと見軽さより頑丈そうな印象を受けるデザインになっています。

用途

オールCI4+ボディのクイックレスポンスシリーズなので、ライトなルアーを使用するアジングやメバリングと言ったライトソルトルアーや、バスフィッシング、トラウト、シーバスでの使用がメインになるでしょう。
一応、4000〜C5000番もラインナップされているのでライトショアジギングやライトジギング、フラットフィッシュにも使えますけど、あえてフルカーボンボディのヴァンフォードを選ぶ必要はないような?

発売日
※2500S、2500SHG、C3000、C3000SDH、3000HG、C3000XGは2020年9月
3000MHG、4000、4000MHG、4000XG、C5000XGは10月、C2000S、C2000SHG、C2500SHGは11月発売予定

 

20ヴァンフォードの主な搭載技術

マグナムライトローター

20ヴァンフォード マグナムライトローター
シマノHPの参考画像は19ヴァンキッシュのマグナムライトローターと同型のローターが記載されています。ベールアームもチタンと記載されていますし、ローターの性能は19ヴァンキッシュと同じと考えて良いでしょう。

マイクロモジュールギアⅡ

マイクロモジュールギアⅡ
2020/8月時点で、クイックレスポンスシリーズでマイクロモジュールギアⅡはヴァンフォード以上のリールにしか搭載されていません。マイクロモジュールギアⅡは18ステラや19ヴァンキッシュと言ったミドル〜ハイエンドモデルで定番ですよ。

ロングストロークスプール

20ヴァンフォード スプール
ロングストロークスプールも16ストラディックCI4+には無い機能で、20年8月時点で20ヴァンフォード以上に採用されています。シマノの参考値で従来のスプールより4%飛距離がアップしています。

19ヴァンキッシュや16ストラディックCI4+との違い

20ヴァンフォード 16ストラディックCI4+
20ヴァンフォードと16ストラディックCI4+、19ヴァンキッシュの3000MHGでスペックを比較してみましょう。
自重を比べるとヴァンフォードが200g、ストラディックが195g、ヴァンキッシュが185gで、ヴァンフォードが1番重く、ベアリングはストラディックより1つ多く、ヴァンキッシュより4つ少ないのが主な違いでしょうか。カタログスペック上は自重とベアリングの数以外、19ヴァンキッシュとの差はないように見えます。

20ヴァンフォード3000MHG
●ギア比:5.8
●実用ドラグ力(kg):3.5
●最大ドラグ力(kg):9.0
●自重(g):200
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):47/17
●ナイロン糸巻量(lb-m):8-130、10-110、12-85
●フロロ糸巻量(lb-m):8-110、10-90、12-80
●PE糸巻量(号-m):1-190、1.2-150、1.5-120
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):86
●ハンドル長(mm):55
●ベアリング数(BB/ローラー):7/1

16ストラディックCI4+ 3000HGM
■ギア比:6.0
■実用ドラグ力:3.5
■最大ドラグ力(kg):9.0
■自重(g):195
■スプール寸法(径mm/ストロークmm):46.5/14.5
■ナイロン糸巻量(号-m):8-130、10-110、12-85
■フロロ糸巻量(号-m):8-110、10-90、12-80
■PE糸巻量(号-m):1-220、1.2-150、1.5-135
■最大巻上長(cm/ハンドル1回転):88
■ハンドル長(mm):55
■ベアリング数SA-RB/ローラー:6/1

19ヴァンキッシュ3000MHG
●ギア比:5.8
●実用ドラグ力(kg):3.5
●最大ドラグ力(kg):9.0
●自重(g):185
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):47/17
●ナイロン糸巻量(lb-m):8-130、10-110、12-85
●フロロ糸巻量(lb-m):8-110、10-90、12-80
●PE糸巻量(号-m):1-190、1.2-150、1.5-120
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):86
●ハンドル長(mm):55
●ベアリング数(BB/ローラー):11/1

 

20ヴァンフォードのラインナップ

C2000S

≪’20年11月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード C2000S [11月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

C2000ベーシックモデル #1000サイズのボディ&ローターに#2000大径スプールを装着した、ライトソルト、エリアトラウトの定番モデル。ナイロン4lb-100mのラインキャパで幅広い釣りに対応。ライトソルト、エリアトラウトを始めるならまずこのモデルから。
[参考対象魚・釣種]
ライトソルト全般、エリアトラウトなど

C2000SHG

≪’20年11月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード C2000SHG [11月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

渓流トラウト最適モデルC2000Sのハイギアモデル。流れの中でルアーをアクションさせるならこのモデルが最適。45mmハンドル仕様で、ハイギアによる巻き重りも軽減。ナイロン4lb-100mのラインキャパで、ライトソルトまでの幅広い釣りに対応します。
[参考対象魚・釣種]
渓流トラウト、ライトソルト全般など

C2500SHG

≪’20年11月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード C2500SHG [11月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

#2500サイズのコンパクトモデル#2500系ボディにコンパクトなスプール&ローターを搭載。ライトラインメインのバスフィッシング、ブリームゲームにベストマッチ。
[参考対象魚・釣種]
フィネスバス、チヌ

2500SHG

≪’20年9月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード 2500SHG [9月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

2500Sハイギアモデルバスから本流トラウトまで使える。#2500系ハイギアスタンダード。手返し重視のバスフィッシング、流れの中でのルアー操作にすぐれたモデルで、バス、トラウト、エギング、ライトソルト、なんでもこなせる1台です。
[参考対象魚・釣種]
バス、中本流トラウトなど

C3000

≪’20年9月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード C3000 [9月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

淡水からソルトまで使えるバーサタイルモデルナイロンからPEまで使える余裕のラインキャパ。2セットドラグ搭載でドラグ力も十分。あらゆる釣りに対応する汎用性の高いモデル。ノーマルギア比仕様でスローな釣り、巻き上げトルクの必要な釣りに最適です。
[参考対象魚・釣種]
バーサタイル

C3000SDH

≪’20年9月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード C3000SDH [9月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

エギングスタンダードモデルエギンガーの熱い要望に応え、ノーマルギア比・ダブルハンドル標準装備のエギング対応モデルです。
[参考対象魚・釣種]
エギング

C3000HG

≪’20年9月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード C3000HG [9月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

淡水からソルトまで使えるバーサタイルハイギアモデル C3000系スタンダードモデル。ハイギア仕様でどんなシチュエーションでもこなせる万能モデル。このサイズで悩むならまずこのモデルをおすすめします。[参考対象魚・釣種]
バーサタイル

C3000XG

≪’20年9月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード C3000XG [9月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

C3000系最速巻き上げモデルコンパクトでありながら、ハンドル一巻き94cmという巻き上げスピードを搭載。高速巻き上げが必要な釣り、手返し重視の釣りに最適なモデルです。
[参考対象魚・釣種]
バーサタイル

3000MHG

≪’20年10月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード 3000MHG [10月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

シーバススタンダードモデル#4000系ボディに#2500系のコンパクトなスプール&ローターを搭載した3000モデル。#4000のパワフルな巻き上げを求めながら、徹底的なタックルの軽量化、ローターのコンパクト化で巻き感度を求めるアングラーにフィット。スプールは2500、C3000と互換性があるため汎用性も高くなっています。
[参考対象魚・釣種]
シーバス、サクラマスなど

4000

≪’20年10月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード 4000 [10月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

#4000サイズの深溝スタンダードモデルローギアからくるパワフルな巻き上げ力とナイロンまで対応した深溝スプール搭載で、#4000でありながら不意な大物にもしっかり対応可能。巻き上げ力重視、ルアーを早く動かしたくないアングラーに最適なモデルです。
[参考対象魚・釣種]
シーバス、サクラマス、ライトジギング、ロックフィッシュなど

4000MHG

≪’20年10月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード 4000MHG [10月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

#4000サイズのスタンダードハイギアモデル遅すぎず、速すぎないちょうどいい巻き取り速度。幅広い釣種に使える汎用性の高いモデル。Mスプール搭載で1号から1.5号のPEラインを使用する釣りに最適。XGでの巻き重りが気になるサーフアングラーにおすすめです。
[参考対象魚・釣種]
サーフ、シーバス、サクラマス、ライトジギング、ロックフィッシュなど

4000XG

≪’20年10月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード 4000XG [10月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

サーフフィッシング スタンダードモデルサーフをやるならまずこのモデル。ハンドル1回転1mの巻き上げスピードからくる圧倒的なラインスラック回収能力で、大きな波にルアーを大きく手前に押された時や、横風でラインを大きく流された場合もタイムロスなくルアーを瞬時にアクション可能。ヒラスズキにも最適です。
[参考対象魚・釣種]
サーフ、ヒラスズキ、ライトショアジギング、ライトショアキャスティングなど

C5000XG

≪’20年10月新商品!≫ シマノ ’20 ヴァンフォード C5000XG [10月発売予定/ご予約受付中] 【小型商品】

ライトショアジギング、ライトショアキャスティング用モデルラウンドハンドルノブ、ロングハンドル、カーボンクロスドラグワッシャ搭載で、青物をターゲットにしたタフでコンパクトな#5000。操作性、軽量化を重視ならこのモデルです。

[参考対象魚・釣種]
ライトショアジギング、ライトショアキャスティングなど

こちらの記事もおすすめ
●20ストラディックSWの特徴と性能を紹介!4000サイズは汎用スピニングボディに?