相模湾キハダマグロをルアーで釣るためのタックル・ルアー釣り方を解説

相模湾 キハダマグロ ルアーフィッシング
相模湾では夏になるとキハダマグロとカツオ(本ガツオ)の回遊が始まり、キャスティングゲームやエビングと呼ばれるルアーフィッシングでキハダマグロとカツオをわ釣る事ができます。
東京から1時間ほどの相模湾で20kg以上あるキハダマグロやカツオをルアーで釣れるんですから、大きな魚を釣りたい人は是非挑戦したいですね。

とは言え、ルアーでのキハダマグロ釣りは、関東圏のルアーフィッシングでも最高峰の釣り物であり、非常に難易度が高く、タックルやテクニック、釣り人の体力にも左右されます。最悪腰を痛める可能性もあるので、自分の体力や力量も考慮して下さい。
下記でも解説しますが、良いタックルを揃えても初心者が釣れる魚ではありません。初心者なら青物ジギングやシイラのオフショアキャスティングなど、他のルアーフィッシングから徐々にステップしていくと良いでしょう。

キハダマグロとは?

相模湾 キハダ釣り
キハダマグロとは背鰭や代表が黄色がかったマグロで、大間で釣れるクロマグロ(本マグロ)とは種類が異なります。
400kgを超えるほど超大型になるクロマグロと違い、キハダマグロは大物と呼ばれるサイズでも60kgを超えればかなり大型個体と言えるでしょう。
キハダは高級マグロではありませんが、回転寿司ではお馴染みの庶民派の方には馴染み深いマグロですよ。
キハダマグロはマグロ類で、最もルアーフィッシングで狙うことの多いターゲットですね。

相模湾で釣れるキハダマグロは15〜20kg弱が多いのですが、50〜60kgの個体も年に数匹釣れているようです。

相模湾キハダマグロ用のルアータックル


相模湾でキハダマグロを狙うなら、まずは20kgのキハダマグロに対応したルアータックルを用意しましょう。20kgと言う基準は、強すぎず弱くもない、キメジからカツオ、キハダサイズまで釣れる、相模湾で使いやすいタックルだからです。
30kg、40kgの大型キハダに対応したタックルだと、1日に何回もルアーをキャストするルアーフィッシングではおすすめできません。
コマセキハダ釣りのように疲れたら置き竿でも釣れる釣り方では無いので、ルアーフィッシングで使うタックルが大は小を兼ねることは無いと考えましょう。

リール

19ステラSW
キハダマグロのキャスティングではギア比の高い大型のスピニングリールを使用します。相模湾のキハダ釣りで使うスピニングリールのサイズは、シマノで8000〜14000番、理想はPE5〜6号が300m以上巻ける14000番ですね。
ダイワでは5000〜6000番(旧ソルティガ基準)、2020年以降は20ソルティガが手番をシマノのリールサイズと合わせてきたので、シマノと同様12000/14000番が適したサイズになります。

相模湾のルアーマグロで使うラインの太さは、PE6号300m以上がスタンダードです。PE5号300m以上も使用可能です。ラインが細いぶんルアーの飛距離は伸びますね。そのシーズンに釣れているキハダのアベレージサイズを参考に選べば良いでしょう。
20kg以内のキハダやキメジはPE5号でも釣れるので、8000番のスピニングリールでも問題ありません。

リールの強度・耐久性


キハダのキャスティングやエビングではリールが受ける負担が非常に大きいので、スピニングリールは、ギアやドラグの強度と耐久性が高く、より巻心地が滑らかな、上から2番目までの上位グレードの製品を選びましょう。
フラッグシップのリールと2番目グレードのリールなら、ボディやギアと言った基本設計が同じなので、強度に大差はありませんが、上から3番目以下のリールになると一気に弱くなるので、マグロ釣りには耐久性や巻き上げトルクが不足しています。
マグロ釣りでは道具がサポートしてくれる部分も大きいので、初心者ほど良い道具を使用した方が良いのは確かですね。

シマノだと20ステラSW14000XGや15ツインパワーSW12000/14000XG、ダイワだと20ソルティガ12000H、キャタリナ5000〜6000Hなどがおすすめです。遊漁船でのルアーマグロに使うなら上記のリール以外は話になりません。
安い大型リールを購入しても絶対に後悔するので、最高の獲物を狙う以上は最高のリールを選んでくださいね。

ドラグ力

ドラグ力に関しては、実用ドラグ力の80%までのドラグで使用するのが、スムーズにドラグが作動する理想的な数値です。釣るマグロが大型の場合、使うラインが太いなら、よりドラグ力が強いリールが必要になります。

相模湾でスタンダードな太さのPEラインであるPE6号を使用する場合、PE6号の耐久性は80lb(ポンド)36kg程度なので、ライン強度の1/3の数値にドラグを設定するなら、適したドラグの数値は12kgになります。
12kgだとステラSW14000XGなら実用ドラグ力18kgなので、余裕で対応可能なのがわかりますね。PE4号を使うのであれば60lb/27kgなので、9kgのドラグ力が必要になります。
ドラグはサメ対策で早めに決着をつけたい場合は強めに締めることもあるので、できるだけ使用値より、最大実用ドラグ力まで5kg以上の余裕があった方が良いですよ。

とは言え、まずはドラグを8kgくらいに設定して釣り始めるのが良いでしょう。流石にドラグを10〜12kgに設定しると男性でも耐えるのがキツイです。ドラグを強く締めるほど体力の消費が激しくなるので、この辺りは実際に釣ってみて調整するしかありません。
キメジサイズなら強いドラグ設定でゴリゴリ巻いて構いません。

ギア比・巻き上げ長さ

ギア比とはリールの巻き上げ長さの基準で、ギア比の違いによってハンドル1回転あたり何cmラインが巻き取れるかが変わってきます。
キハダのルアーフィッシングでは、ハンドル1回転あたり110〜120cmのラインを巻き取れれば良いので、ハイギア(ダイワでH、シマノでHG)や、シマノでハイギア以上の巻き取り量を誇るエキストラハイギア(XG)のリールを選べば問題ありません。

ギア比が高いリールを選ぶ理由として、マグロが狙うイワシなどの動きが早いこと、船の進行方向にキャストして巻き取るので、船の進む速度より早くルアーを巻き上げないと、ルアーが上手く動かないからです。
ルアーにしっかりアクションを付けるためにはハイギア以上のリールを選びましょう。

(5)【送料無料】シマノ 19 ステラSW 14000XG (2019年モデル) /スピニングリール/釣り具 /ソルトルアー/ソルトウォーター /SHIMANO NEW STELLA SW

 

ロッド


マグロ対応かツナ用のオフショアキャスティングロッドから選びます。キャスティングロッドにもロッドパワーや長さが何種類か存在し、投げられるルアーのウエイトにも違いがあります。
投げるルアーの重さはサイズに比例する事が多く、120〜180mmのような大きいルアーは60〜80gと重く、小型のイワシ系をイミテートしたルアーは40〜60gくらいの重さが多いですね。
使うロッドも使用するルアーウエイトに合わせた方が良く、出来れば小型ルアーと大型ルアー用に2本のロッドを用意するのがおすすめです。

ロッドの長さは7.5〜8.5フィートが主流です。長いロッドはルアーの飛距離も伸びますが、必ず船の先端を取らないなら7.5フィートの長さが取り回しやすいですよ。

リーズナブルで品質の良いキハダマグロ用キャスティングロッドが欲しいなら、アブガルシアのオーシャンフィールドオフショアキャスティングや19グラップラー タイプCがおすすめです。

アブガルシア オーシャンフィールドオフショアキャスティング OFOS-80MH (キャスティングロッド)(大型商品A)

 

エビング

エビング キハダ釣り
エビングで釣るならエビング専用ロッドが適していますが、キャスティングロッドや汎用ジギングロッドで釣る人も多いですよ。エビングではオモリにメタルジグを使用しますが、スロージギング系のアクションとなるので、ロッドのルアーウエイトをオーバーしていても大丈夫と、エビングを広めた村越征海さんは言ってましたよ。

ライン

オシア PEライン X8
相模湾キハダのルアー釣りではPEラインの5〜6号を300m以上巻いて使用します。キャスティングならPEラインは単色で構いません。
エビングで使う場合はジギングと同じように水深を把握する必要があるので、10m毎に色分けされて1mピッチマーカーが入ったPEラインを選びましょう。

キハダのルアー釣りで使う以上、価格は割高になりますが、有名メーカーの製品で出来るだけ耐久性の高い、X8と呼ばれる8本編みのPEラインをおすすめします。4本編みのPEラインで1回切れた事がありますが、8本編みのPEラインに変えてからラインブレイクは無くなりました。

個人的に使用した中でおすすめメーカーのPEラインは「YKG よつあみ」や「シーガー」です。

リーダー

リーダーはフロロカーボンかナイロンラインの16〜24号を使用します。細い方が喰い付きは良いのですが、強度は低くなってしまいます。
フロロカーボンラインは傷付き難く、マグロの代表やヒレで擦れても切れ難いのが特徴。硬いので太くなるほど結ぶのにコツがいります。ナイロンハリスの方が太くても結びやすいメリットがあります。

リーダーの長さ2〜2.5mが無難です。マグロの体長より長くないと尾鰭がPEラインに接触してラインブレイクする可能性がありますからね。
PEラインとの結束はFGノットやPRノットなど摩擦系ノットで結びます。

ルアー

キハダマグロ ルアー 釣り
キハダ狙いで主に使うルアーはフローティングペンシルなど「トップウォータープラグ」呼ばれる水面に浮くルアーです。
サイズは汎用サイズが130〜170mm、マグロのベイト(餌)が小さい場合は90〜120mmを使います。必ずマグロに対応した頑丈なルアーを選んで購入して下さい。

おすすめルアー

【送料無料】マリア プラグ ラピード F160 フローティング 選べる全14色![YAMASHITA maria マリア ペンシル 食わせ 飛距離 青物 大物 大型 おすすめカラー ルアー ]☆

Amazonでマリア(Maria) ペンシルベイト ラピード F160 160mm 50g を調べる

●相模湾キハダマグロ釣りにおすすめルアー6選

通常の使用なら「オシア ヘッドディップ」や「オシア ペンシル」「ソルティガ ドラドペンシル ツナチューン」「マリア ラピード」などがおすすめ。キハダが捕食しているベイトが小さい場合「マンマサーディン」など小型のルアーが活躍しますよ。

キハダ・カツオのルアー船に乗る前に

まず、ルアーでのキハダ釣りは、コマセキハダ釣りと違い、初心者には非常に仕切りが高い。いくら高価な道具を揃えても、まずはラインシステムの組み方、ルアーのアクション、魚とのやり取りに慣れていないと、まずキハダマグロを釣ることは不可能です。
乗り合い船では、上手く釣れないだけでなく周りの釣り人にも迷惑をかけたり、誰かが怪我をする事になりかねません。
マグロ釣りは他の釣り船と違い、初心者が乗れる釣り物では無いと思ってください。

釣り初心者やオフショアキャスティングが未経験なら、まずはシイラのキャスティング船から初めて、オフショアキャスティングゲームの基本を覚えましょう。

相模湾のキハダルアーは相乗りも多い

相乗りとはコマセキハダ船の船首部分に2〜4名だけルアー釣りの釣り人を乗せるタイプ。デメリットとしてコマセキハダ・カツオ船は船団の中にも入るので、キャスティングで狙えるとは限らない。
キハダマグロのキャスティング専門船以外の船に乗るなら、必ずエビングやジギングで狙えるタックルも持っていこう。

船は予約が必要

ルアーは乗船人数が限られるので、乗りたい日が決まっているなら2〜3日前には予約しておましょう。特に土日は1週間前にルアーの予約が埋まってしまうこともありますよ。

 

釣り方

シイラ オフショアキャスティング
出船したら船はマグロのナブラを探して走りまわります。基本的に走り回っている時間が圧倒的に多いので、人かなよっては飽きるかもしれません。日によっては1〜2回しかキャストするタイミングが無い事もあるほどです…

マグロのナブラを見つけると船は加速して、適切なポジションに着くと急停止するので、合図が出たら素早くキャストしますが、船によっては釣り人の判断でキャストできるタイミングになったらキャストする事もあります。

ナブラにルアーをキャストする際の優先順位ですが、ナブラの進行方向、ナブラの向こう側、ナブラの手前、ナブラの後ろの順で優先してキャストしましょう。
ナブラのど真ん中にルアーを着水させるのはマグロを驚かせて沈ませる可能性があるので、極力控えるのが基本です。

マグロがヒットしたら

マグロ釣り ルアー オフショアャスティング
キハダマグロはヒットすると物凄い勢いで突っ走るので、まずは竿を45°くらいに構えてマグロの引きに耐えましょう。
走るのが止まったら巻き上げ開始です。マグロとのやり取りは巻ける時はゴリゴリ巻くのが基本で、無理のない範囲で早く取り込むことを心がけましょう。
もたもたしているとサメが寄ってきてキハダが食べられてしまいます。サメは30kgのキハダも頭だけ残して食べてしいますからね。
早く取り込む事は次のチャンスを広げる意味もありますから、周りの事も考えてファイトしたいものです。

ドラグ力は最初は8kgから初めて、走るのが止まったら1〜2kgほど強くしてから巻き上げても構いません。走り方でサイズがメジマグロとわかったら、強めにドラグを設定してゴリ巻きしても良いでしょう。
最初からドラグが強いと口切れやハリス切れする可能もありますよ。

マグロが船の反対側に移動するなら、可能ならマグロに合わせて移動して下さい。マグロがヒットしたら竿を出しているのはあなた一人ですから、船体にラインが擦れないように上手く釣り座を移動しながらファイトします。

マグロが20mくらいまで上がってくると、竿先を中心に円を描くように回り始めます。巻き上げタイミングは時計に例えると、マグロが自分の方に向かってくる6〜9時、12〜3時の位置にマグロが居るタイミングがベストです。
感覚的に巻けるタイミングで巻けば良いんですけど、無理に巻かないために、巻き上げ易いタイミングは覚えておきましょう。

リーダーが切られる原因

リーダーが切られる原因はリーダーの強度不足や、マグロの歯やヒレ、体表に擦れて切れてしまっている可能性があります。リーダーが切れるかは運もあるのですが、リーダーを太くして対処する事は可能です。

プラグを使用するキャスティングゲームと違い、エビングではマグロが食い付く針にハリスが付いているので、針を呑まれると高確率でラインブレイクしてしまいます。
エビングではとにかくヒットしたら思いっきりアワセを入れて、ハリをマグロの口元にフッキングさせましょう。強くアワセを入れると、多少呑まれていても針が口元に移動してくれる可能性がありますよ。
もちろん抜けてしまう事もありますが、呑まれた状態だと結局はマグロの歯で切られてしまうでしょう。

まとめ
マグロ釣りは最高峰の釣り物ですから、タックルを揃えてヒットに持ち込み、無事に釣り上げるのは大変な事ですが、その分釣れた時の喜びは最高です。
是非経験を積んで相模湾のキハダマグロを吊り上げてください。