相模湾キハダマグロ釣りにおすすめのルアー|種類、サイズ、カラー

相模湾 キハダマグロ ルアーフィッシング

夏の相模湾ではキハダマグロやカツオをルアーで釣る「オフショアキャスティングゲーム」が人気です。これから挑戦使用としている人は、どんなルアーでキハダマグロが釣れるかわかりませんよね。
今回さ相模湾のキハダマグロ、カツオを釣る際に使うルアーの選び方と、おすすめのルアーを紹介します。

相模湾のキハダマグロ・カツオ釣りで使うルアー

キハダマグロ ルアー 釣り
相模湾に限らずマグロ釣りでメインに使うのは、トップウォータープラグの「ペンシル」と呼ばれるルアーです。ペンシルにはフローティングペンシルとシンキングペンシルがあり、基本はトップウォータープラグであるフローティングペンシルを使用し、反応が無ければシンキングペンシルに変更し、やや水面下のレンジを探ります。

基本的にキハダのルアーフィッシングではマグロが水面でベイトを捕食しているナブラを狙うので、水面〜水面下の表層が狙えるルアーを使用する訳です。

マグロ用のルアーは何種類か販売されていますが、まず相模湾で釣れるキハダマグロの大きさ、ベイトのサイズに合わせてルアーを選ばないといけません。
相模湾で釣れるキハダマグロの大きさは5〜20kgの間が大半です。時には30kg〜60kgという大型個体も釣れますが、マグロとしてはあまり大型ではないので、180〜200mmもある大きなルアーばかり揃えても釣れません。

ルアーの大きさ・サイズ

相模湾 キハダ釣り マグロ ルアー
相模湾でキハダを釣るなら90mm〜140mmのルアーをメインに使い、キハダとベイトサイズに合わせて150〜200mmのルアーも数種類使います。
100mm以下の小型のルアーには「シマノ マンマサーディン」など、90mmと小型でもマグロに対応したルアーがありますので、必ずマグロやヒラマサなど大型青物に対応したルアーから選んでください。シーバス用や中型青物用だと、貫通ワイヤー入りのルアーでもボディが割れて破壊される可能性があります。

ルアーサイズはベイトに合わせよう

使うルアーの大きさはキハダマグロが捕食しているベイト(餌)の大きさに合わせないと効率よく釣れません。キハダが80cmでも150cmでも、150mmのベイトを捕食しているなら150mmに近いルアーをキャストします。あくまでルアーサイズはベイトサイズに合わせる訳ですね。
相模湾でキハダマグロが捕食しているベイトは、胃の内容物からウルメイワシ、カタクチイワシ、トビウオの3種類が多いようで、大きさは5cm〜30cmまで様々です。

とは言え、30cmのルアーはまず使わないので、大きくても90〜120mm、140〜150mm、180〜200mmまでのペンシルベイトをルアーカラー別に3種類づつ揃えれば良いでしょう。
使用頻度の多い120〜140mmのルアーは2〜3個ほど多めに用意しておきたいですね。

カツオを狙う場合は60mm〜120mmまでのルアーをメインに使用します。カツオ用に60〜80mmでも30〜40g以上の重さがあるルアーも販売されています。

ルアーの色・カラー

シイラ ルアー
ルアーカラー(ルアーの色)ですが、どんな日でも活躍する基本カラーとなるのが「イワシ」を模したナチュラルカラーです。
イワシカラーにもマイワシやシコイワシ、アカハライワシなど種類がありますが、青っぽいのとシルバー系が強い物を2種類購入するのがおすすめ。

アピールカラーも必要です。ピンクやグリーンなど良く目立つアピールカラーは、曇りの日やマズメ時など日の光が弱いローライトコンディションの時や、濁りが入っている場合に必要になります。
ベイトの数が多い時は餌が多すぎでルアーに食い付かない事もあります。そんな時は、あえて目立つアピールカラーのルアーを使い、目立たせて喰いつかせる使い方も有効です。

ルアーを購入する時は、同じサイズならナチュラルカラー2つ、アピールカラー1つは最低限揃えるようにしました。

●相模湾 キハダマグロ・カツオ釣りで使うルアータックルの選び方を解説

相模湾のキハダマグロ、カツオ釣りにおすすめのルアー6選

マリア ラピード 130/160/190

ヤマシタ ラピード
マリアのラピードは130/160/190は最もおすすめのペンシルベイトです。価格と性能のバランスも良く、ミスダイブも少なくないので、マグロ釣り初心者にまずおすすめしたいルアーですね。

青物アングラー待望!想い通りのアクションが出せるテクニカル系ダイビングペンシルベイト。悔しい場面よ、サヨウナラ。ルアーを追ってきたのに、食わせきれず、見切って帰っていく青物たち・・・。「ここで、こういう動きが出せたら・・・」その想いを叶えられるのがラピードだ。

アングラーの操作に、変幻自在のアクションで応えてくれる。だから「食わせ」られる!大型青物を狙う、冒険心に溢れたストイックなアングラーのためのダイビングペンシルベイト、それがラピード。ロッドワークで水面直下をロングストロークで引く、定番のロングジャークだけでは、なかなか口を使ってくれないのが近年の青物だ。だから、アングラーは、ルアーをさまざまに操作して、ヤツらを狙っていく。そのロッドワークのひとつひとつ、アングラーの込めた意志に、きっちりと応えて泳ぐのが、ラピード。「真の操作性」。「操作する愉しさ」。青物がますます面白くなる。

【アクション】
ダイブも、ジャークも、トゥイッチも。ロッドを大きく手前に引いて水面直下を泳がせるロングジャークでは、ベイトフィッシュのような生物的波紋を伴いながらアクションする。ジャーク幅を短くして、ハイテンポで誘っても、バランスを崩さず、水面への飛び出しがない。連続トゥイッチでも、小型ペンシルのようなハイレスポンスで、逃げ惑うベイトフィッシュを演出。出したいアクションは、何でもできる。アクションに変化を付けて、食わせのタイミングが演出できる。だから今までは、反転して帰っていくのを悲しく見送るしかなかった青物にも、口を使わせることができるのだ。

【使い分け】
シルエットがスリムで、ローリングをともなう、やや控えめなアクションのラピードは、スレた魚や活性の低い魚にも口を使わせることができる、食わせの能力に長けたペンシル。それに対して、ボリュームのあるボディで、波動の強いウォブリング主体のアクションをするローデッドは、遠くにいる魚にも存在を気付かせることのできる、アピール型のペンシル。フィールドの状況に合わせて、マリアの青物ペンシルの双璧、ラピードとローデッドを上手に使い分けていただきたい。

波紋
ベイトフィッシュの生命感を再現。ダイブアクション時の波紋を、イワシがモジったときのものと同じに設定することで、青物に違和感を与えずバイトを誘発することを可能にした。

飛距離
空気抵抗の少ないスリムボディと、ボディ最後部に配置したウエイトにより、クラス最高の飛距離(F160:平均75m・最大80m/ F130:平均70m・最大80m)を叩き出す。足場の高い磯場や堤防、また追い風であれば、さらなる飛距離が期待可能。

<耐荷重>
F130:40Kg
F160:60Kg
F230:90Kg

【評判・評価】
プラ製ダイビングペンシルの最高傑作

2019年7月5日に日本でレビュー済みAmazonで購入色: B08H ピンクイワシサイズ: 50g 160g
これほど使いやすいプラ製のダイビングペンシルを他に自分は知りません。とにかくダイブミスが起こりにくく、魅力的なアクションが誰にでも簡単に出せると思います。初心者の方は同社のローデッドではなく、このラピードをまず買うべきです。最初の1本に自信を持ってオススメできます。

マグロもイケマス!
2020年6月9日に日本でレビュー済み色: ケイムラスリットグローサイズ: 30g 130g初マグロキャスティングでワタ抜き24kg獲れました。誘ってステイでヒット。カタクチイワシF160
Amazonレビューより

【送料無料】マリア プラグ ラピード F160 フローティング 選べる全14色![YAMASHITA maria マリア ペンシル 食わせ 飛距離 青物 大物 大型 おすすめカラー ルアー ]☆

 

Amazonでラピード F160 160mm 50g を調べる

オシア ペンシル115〜200

オシアペンシル115 XS
オシアペンシルはコンパクトなスリムでシルエットが特徴のペンシルベイトです。相模湾でのキハダやカツオ、シイラのオフショアキャスティングで出番の多いのは、やや小型の115mm〜150mmですね。早巻き、ただ巻きでも使いやすいペンシルベイトですよ。

115
その目的の為に生まれたオシアペンシル115はボイルが多発するのになかなか喰わせられないイワシ団子や、シーズン初期に頭を悩ませられる小型トビウオなど、115mmという小型のシルエットを活かしたマッチザベイトペンシルとして様々なシチュエ−ションで活躍します。アクションはオシアペンシルシリーズ譲りのワイド系ロールで、巻き速度やロッド操作に応じて、スキッピング・ジャーク&スライド・フォーリングバイブレーションといった喰い渋る対象魚に効果的な誘いを可能にします。

150S
官能的な水絡みによって接近戦を制す。水中でのロングダートとショートピッチでのぬるぬるスライドの2つが決め技。ディープに潜み最後まで食い渋る群れのビゲストワンをも覚醒させてしまう食わせの切り札。ジャイアントシイラはもちろん動きすぎると見切るクロマグロ、テクニカルな技が効くカツオやダイナミックなキハダ、ブリなどオフショアターゲットすべてに有効!!

【評判・評価】
これはいい

2016年11月2日に日本でレビュー済みAmazonで購入サイズ: 全長:115mm種類: 重さ:42g色: 01T ナマイワシ
ドラドペンシルRS、TDソルトペンシルHD、ドラドポッパー、などとまとめて買って使ってみた印象。やはり一番飛距離がでるのでショアからでも幅広く使える点が良い。
ポッパー等に比べるとアピールは劣るかと思ったが、フラッシングが強烈に、かつ動きは生命感あふれる動きに驚き。着水からのトップや、軽く沈めての使いも万能。ボックスに一匹は入れておきたいお魚。目玉が片方取れたのが残念だけどな…。
Amazonレビューより

シマノ オシアペンシル AR-C 160F/65g PB-160Q 追加カラー (ヒラマサルアー)

 

Amazonでオシア ペンシル 160F AR-C を調べる

オシア ヘッドディップ 140〜175F

オシア ヘッドディップ
オシアヘッドディップはマグロやヒラマサ用に開発された大型のペンシルベイトです。中でもヘッドディップ140〜175Fは相模湾のキハダや大型シイラ狙いでも使いやすいルアーサイズとなっています。
オシア ペンシルよりボディがかなり太く、ボリュームがあるのでアピール力は高いですね。

140F
ヘッドディップの飛距離と水押しを踏襲対クロマグロに照準を絞って設計したオシアヘッドディップ175FAR-Cの安定した飛距離と強い水押し性能をマグロ狙いのスモールベイトパターンや、ヒラマサ狙いのスタンダードサイズとしてもしっかり踏襲すべく1から設計し直しました。

フラッシュブーストが追加!

オシア フラッシュブースト
フラッシュブーストは内部の反射板が明滅し、一部透明なボディから強い光を放ちアピールできるシマノルアーのニューアイテム。
ルアーを動かさないステイ中の垂直姿勢でもフラッシュにより強くアピールできるので、アクションに隙がなくなり、より効率的にキハダを食わせる事が可能になりました。
ただし、フラッシュブースト搭載モデルは200mmサイズしか無いのが難点です。より小さくてフラッシュブーストが付いたモデルが欲しい場合は、オシア サーディンボールを購入すると良いでしょう。
また、フラッシュが上手く機能しない不良品が稀に

【評判・評価】
飛距離抜群の鮪ルアー

2019年10月13日に日本でレビュー済みAmazonで購入色: 003 Fカタクチクロマグロ狙いで購入。
このルアーは140、175と使ってきましたがどれも太糸でも飛距離を出せるので気に入っています。フラッシュブーストは対象魚に応じて有りと無しが選べると尚良いと思いますマグロの場合は縦に浮くだけでアピールするので有っても良いですね。星は5つでも良かったですが、標準装備のスプリットリングがやや開いていたので一つ減します。
Amazonレビューより

シマノ オシア ヘッドディップ 200F フラッシュブースト XU-T20S 003 Fカタクチ

 

Amazonでオシア ヘッドディップ を調べる

ダイワ ソルティガ ドラドペンシル ツナチューン 14S

ドラドペンシル ツナチューン
ダイワのドラドペンシル ツナチューン14Sは全長140mmと相模湾のルアーキハダにベストマッチ。シルエットはコンパクトながら、前方にある口のようなカップで水を受けて、低速で巻いてもキビキビとした躍動感のある泳ぎを見せます。

●マグロのナブラ撃ちに最適なドラペン・ツナチューン。ツナゲームにおいて多数の実績と圧倒的な支持を誇る「ドラドペンシルシリーズ」に、水面に追い上げられたイワシ・サンマをイメージさせる「水平フォール」チューニングバージョンがこの「DORADO PENCIL TUNA TUNE」。
既に一部のアングラーの間では施されていた『フロントフック前方の下部にウエイトを貼り付ける』等のチューニングをファクトリーチューンとして実現。

ダイワ ドラドペンシル ツナチューン 14S (ソルトルアー)

 

Amazonでドラドペンシル ツナチューン を調べる

オシア 別注平政

オシア 別注ヒラマサ
ヒラマサ、ブリ、マグロキャスティングに対応するルアーのフローティングタイプ。長年親しまれてきた信頼のオシアペンシルシリーズに、「狂鱗」カラーが加わった。イワシそのものの見た目と派手なアクションで、スレたヒラマサをも魅了する。ホースヘッド等、足場の高い所でも安定してダイブする簡単操作設計。S字ダイブ系アクションで、「飛び」と「泳ぎ」を両立させたモデル。ベイトや活性に合わせて選べる多彩なサイズ展開で、状況に応じた攻めが可能に。

【評判・評価】
釣れた

2019年5月11日に日本でレビュー済みAmazonで購入製品の性能が良いのでしょうか、ダイブミスはほとんどありませんがダイブの泡も出しにくくアクションはおとなしめです。この時期2回釣行して、魚の活性がまだ低い中で、2回ともヒラマサを獲ることができました。まだ確認できていませんが潜らせ過ぎると見切られるはずなのに釣れるところをみると狂鱗の効果なのか・・・魚にじっくり見せても釣れるのなら他のプラグの出番がなくなってしまいますね。とり急ぎ130から190まで揃えました。狂鱗の効果について他の方の感想もお聞きしたいです。
Amazonレビューより

Amazonでオシアペンシル別注平政 130F を調べる

 

シマノ マンマサーディン

オシア マンマサーディン
マンマサーディンは90mmでも自重が42gもある、コンパクトベビーシンキングルアーです。キハダマグロのベイトサイズが小さい場合や、カツオ狙いにおすすめです。ヘビーシンキングタイプなので、多少沈めてから使う事もできるので、トップウォータープラグに反応しない魚への使用も可能。シイラもよく釣れるルアーですよ。
小型でもボディの強度はマグロなど大型魚に対応したものとなっています。

『思いっきり飛ばしたいロングキャスタビリティ、風上に向かっても失速し難いキャスタビリティ、アンダーハンドでもしっかり飛ばせるキャスタビリティ。でも、小さいベイトにシルエットは合わせたい!キハダを狙う上で、絶対的に必要な性能を載せ、さらに喰わせやすいフォールスピードを実現するためにウェイトをチューニングしました。 』

シマノ オシア マンマサーディン 90S XL-R90S (ヒラマサ・マグロルアー)

 

Amazonでオシア マンマサーディン 90S を調べる