ショアスパルタン ブレイクスルー120Sの特徴と使い方|インプレ、青物

ショアスパルタン

ショアスパルタン
ショアスパルタン ブレイクスルー120Sはシーバスやショアロックゲーム用のシンキングペンシルで、本物の魚のようにボディを振りながらきびきあ泳ぎますし、非常に強度が高く高速巻きしても水面から飛び出さないので、早巻きを多用する青物釣りにもおすすめのルアーです。

ショアスパルタン ブレイクスルー120Sの特徴

ショアスパルタン ブレイクスルー インプレ
【メーカー解説】
ロックショア対応。頑強、ぶっ飛びヘビーウエイトシンキングペンシル。貫通ワイヤーをボディセンターに通し、ウエイトを出来る限り下部に配置することにより徹底的に低重心化。それにより高速スピードへの対応力が増し、早巻きでも飛び出さない安定したスイム姿勢を実現した。
ボディ側面には、空気抵抗、水流抵抗の低減を目的としたディンプル構造を採用。これにより高速巻きへの対応力が更に増すとともに、飛行姿勢も安定。強風時においてもエラーの少ない安定した飛距離を実現した。さらに、腹面のフラット形状によるフラッシングローリングフォールにより、フォール中のバイトチャンスも逃さない。

●サイズ:120mm
●重量:42g
●フック仕様:#2トレブル

早巻きに対応するアクション

ショアスパルタン ブレイクスルーは本物のイワシのように細かくS字を描くように泳ぎ、トゥイッチを加えると左右にダートし、高速巻きトゥイッチすると水面から飛沫を上げながら強くアピールできる。
ただ巻きでもしっかり泳ぎ十分釣れるペンシルなので、ルアーフィッシング が初心者の人にもおすすめですよ。

塗装強度が高い

ショアスパルタン ブレイクスルー インプレ ショアスパルタン ブレイクスルー インプレ
ショアスパルタン ブレイクスルーは非常に塗装が強く、魚の歯が当たっても塗装が剥がれ難い。シイラ釣りで使用しましたが、シマノのマンマサーディンはシイラのバイト1発で塗膜が剥がされましたが、ショアスパルタン ブレイクスルーはシイラを10ヒット4キャッチするまで使用しても、線傷が入る程度のダメージで下地が見えている箇所も点傷程度です。
ロックショアゲームでも使えるように耐久性の高い塗装が施されているようです。

 

シイラ釣りで使用してみた

相模湾 シイラ釣り 20ツインパワーC5000XG
ショアスパルタン ブレイクスルー シイラ釣り 青物
ブレイクスルー120Sを相模湾のシイラ釣り(オフショアキャスティングゲーム)で使用しました。アンダーハンドキャストでも軽く50m近く飛ぶので飛距離には不満なし。
巻き上げ長さ100cm以上のリールで1秒間にハンドル2回転以上のスピードで巻くと、流石にシンキングでも水面に出てしまいますが、飛び出して跳ねるようなことはなくフローティングペンシルのように使用できます。引き抵抗もとても軽いので、汎用スピニングリールで巻いても相当な高速巻きで使用できます。

ただ巻きでも釣れますが、高速トゥイッチを加えてダートさせるとヒット率がより高くなりました。釣れない中でも単独ヒットもあり、当日はブレイクスルーだけで10ヒットほど。
塗装も表面が傷つついた程度で、下地が見えたり剥がれるような傷は入りませんでした。魚が傷つけるより着水時にフックが当たる傷の方が多いみたいですね。
シイラが暴れて叩きつけられてもルアー本体も破損もせず、サクサスフックも変形しませんし針先も鋭いままでした。

ダイワ ショアスパルタン ブレイクスルー 120S (シーバスルアー)

 

Amazonでショアスパルタン ブレイクスルーを調べる