サスケ烈波・烈風120Fの特徴と使い方|シーバスミノーの定番!ヒラメ

サスケ烈波 烈風 ヒラメ釣り

サスケ烈波 烈風 ヒラメ釣り
アイマの「サスケ裂波(レッパ)120」はヒラメ(フラットフィッシュ)から、シーバス・ヒラスズキのルアーフィッシングでは定番と言える非常に人気の高いルアーです。
それ程重いわけではないのに飛距離も抜群ですし、2m近い波でも使えるため、サーフや磯からのルアーフィッシングで使用するフローティングミノーとしては、ロングセラーとなっている超定番のルアーですね。

サスケ裂波120Fの特徴

サスケ烈波120
サスケ裂波120の特徴として、裂波と言う名前の通り、1〜2mほどある波の中でも、しっかりアクションすること、17gのフローティングミノーとしては重さの割に飛距離も抜群。
サスケ裂波120はルアーの頭全体がホッパーのように、水を受けるカップになっており、サーフや磯の荒波や、川の河口のような早い流れの中でも、しっかりウォブンロールアクションをします。他のミノープラグのようにリップが出っ張っていないからか、風の抵抗が少なく、強風時でも安定した飛距離を実現。しっかり動く割に引抵抗が少ないのも特徴ですね。サスケ裂波は早まきしやすいため、サゴシ釣りなど青物狙いにも活躍します。

飛距離も抜群で、キャスティング時に内部のオモリがテールに移動する重心移動システムを採用しているので、17gでも平均飛距離で70mほどのキャスタビリティーを誇ります。基本的にはサーフや河口、干潟、磯での使用におすすめで、対象魚はヒラメからシーバス、青物まで幅広く使える汎用性の高さも魅力的。

使い方


使い方は特に難しい事はなく、投げて一定のスピードでリトリーブ(ただ巻き)するだけでウォブンロールアクションで勝手にアピールしてくれます。巻きスピードを変えるなどして、アピールの仕方や先行レンジを調整すると良いでしょう。
川の河口やリバーシーバスで使うなら、河川ではU字メソッドでの使用もおすすめ。緩い少しの水流でもしっかり泳ぎますよ。
リトリーブスピードにより70〜90cmのレンジまで潜ります。サーフでの使用だと、ハンドル1回転あたり巻き上げ長100cmのリールで1秒1回転の巻き取りで、80cmくらい潜ります。U字メソッドなど川の流れを利用した場合は、ほぼ水面直下を泳がせることができます。
基本的に水面よりは、やや水面より下の中層と表層のレンジを狙うルアーと言う感じですね。
ヒラメやマゴチ狙いだと、水深1.5〜2mの遠浅サーフ、シーバスなら河口エリアで使いやすいのかなと思います。安定性が高いので、流れの早い河川でのリバースシーバスでも使用する人も見られます。

デメリット

大場所での使用を想定したルアーのためか、塗装自体は弱く、表面のホロはぶつけると剥げやすい。護岸や石にぶつけると塗膜がベリベリ剥がれてボロボロになってしまうので注意して下さい。ヒラスズキ狙いなど、岩にぶつけやすい場所では長持ちしない可能性があります。リペアする人は良いのですが、傷付いた味を楽しめるような長く使い込めるルアーではないですね。
あと、不良品なのか重心移動のウエイトがうまく戻らない個体が稀に存在します。当然斜め後ろに傾いてしまいしっかり泳がないので、頻繁に発生するなら不良品として返品した方が良いでしょう。

【メーカー解説】
ソルトウォータールアーの代名詞、sasukeシリーズの代表作ルアーマガジンソルト誌にて5年連続タックルオブザイヤーに輝いたsasukeシリーズの代表作。
ima独自のレードルリップヘッドとタングステンウエイトを採用した近代シーバスゲームのお手本ルアー。その汎用性はすさまじく、シーバス、フラットフィッシュ、青物等々にとどまらず、淡水、海外でもあらゆる魚種を釣りまくるモンスタールアーである。sasukeにしか釣ることのできない魚が数多くいることをエキスパートアングラーは身を持って知っているのである。

■全長:120mm
■重量:17g
■レンジ:70-90cm
■アクション:ウォブンロール
■フック:ST-46 #6
■リング:オリジナル#3
■タイプ:フローティング
■推奨エリア:干潟、サーフ、河口

サスケ裂波120の評価・評価

スローリトリーブが肝
2019年11月6日に日本でレビュー済み色: レッドヘッド #RP201種類: 120mm/17g
色が剥げやすいが、それでも釣れてしまうルアーです。スローリトリーブで動きを確認しようとしていたら、後ろからイナッコが仲間だと思ってついてきていました。魚から認められたルアーの代名詞ではないでしょうか。昨晩、周りが釣れずに帰る中、試しに投げると連発し、大型含め6本キャッチしました。汽水ではスローシンキングになります。

釣れます!
2016年9月17日に日本でレビュー済みAmazonで購入朝マズメときに、物凄く釣れます!このルアーを投げれば、何かしら釣れてます!ルアー釣りを始めて2年経ちますが、このルアーを投げて釣れなかったことは無いです。
Amazonレビューより

アムズデザイン アイマ サスケ 120 裂波 (シーバスルアー)

 

Amazonでアムズデザイン(ima) ミノー サスケ 裂波 120mm を調べる

 

サスケ裂風の特徴

アムズデザイン アイマ サスケ 120S 裂風 (シーバスルアー)

 

サスケ裂風(レップウ)120は、裂波120を微妙にヘビーチューニングし、飛距離と潜航レンジを増やしたモデルです。風の強い日や、より飛距離が必要な釣り場で活躍します。昔は裂波の腹に板オモリを張り付けた、アングラーチューンをしたりしましたが、裂風が登場したので改造する手間が減りましたね。初心者でもシチュエーションに合わせて使い分けしやすくなりました。
フローティングの裂風と異なり、裂風はシンキングタイプとなりますが、ほぼ裂波と同じ使い方ができるので、上手く使い分けると良いでしょう。裂波と違い水面には浮かないので、浮かせて使うU字メソッドには使用できません。

【メーカー解説】
逆風を切り裂く飛行性能!シンキングのsasuke120!120裂波+10cmの潜水力!逆風下でもブッ飛び仕様!荒れた日に最適!海水になじむ抑え気味のウォブンロールで吸い込み抜群!
裂波+1グラムのシンキングチューンにてもたらされたのは、更に磨きのかかった遠投性能と、任意のレンジを攻略することが可能になった潜水能力。海中に馴染むようなベイトフィッシュライクな食わせアクションは、複雑な流れの中でこそ、その能力を発揮する。ワイドアクションで遠くの魚にアピールする裂波。タイトな食わせアクションの裂風。状況を見極めて2つのサスケを使い分け、ランカーを狙い撃て!

[ 仕様/規格 ] ●全長:120mm
●重量:18g
●タイプ:シンキング
●アクション:ウォブンロール
●レンジ:70〜100cm
●フック:#6
●リング:#3