20ツインパワーと18ステラの性能を使って比較!インプレ、耐久性、強度

18ステラ 20ツインパワー

シマノのフラッグシップとなるスピニングリールである18ステラと、同じコアソリッドモデルで2番目のグレードとなる20ツインパワーは、価格も近い同じコアソリッドモデルのリールなので、使用感や性能、搭載技術の違いが良くわからず、知りたい人も多いと思います。
4000番で比較すると20ツインパワー4000MHGで、18ステラ4000MHGで67000円と25000円程度の差がありますし、18ステラと20ツインパワーでどのくらい使用感や性能に差があるのか気になりますよね。
今回は筆者が18ステラと20ツインパワーの違いと、使用して比べてみたインプレも合わせて解説します。

18ステラと20ツインパワーの違い

18ステラ 20ツインパワー
18ステラと20ツインパワーには価格に2万円以上の差がありますが、何方を購入しようか迷っているひとは、どの程度価格だけの差があるのか気になるでしょう。
18ステラを簡単に説明するとシマノの『コアソリッドモデル』タイプと言うスピニングリールの『フラッグシップ』機で、当然強度と耐久性は汎用機では最高ですしステラ特有の『ヌメヌメ』したなどと表現されるノイズの一切ない巻心地を備えた唯一無にの存在です。
ツインパワーは同じくコアソリッドモデルで上から2番目のグレードとなり、代々ステラの基本設計を流用した、非常にコスパの高いダウングレード版と言う位置づけでした。しかし、20ツインパワーから18ステラとは異なる19ヴァンキッシュと同型のボディを採用し、単純にステラのダウングレード版とは言えない使用になったため、歴代のツインパワーを知っている人からすると、これを『ツインパワーと言って良いのか?』と思う人も多いためか物議をかもしています。

シマノとしては利益率の高いステラを売りたいので、あまり20ツインパワーのコスパが高いのは芳しくなかったのでしょうね。
角パーツの違いについては下記で詳しく解説します。

ボディ素材

20ツインパワー ボディ 半プラ
20ツインパワーと18ステラではボディの設計や素材が全く異なります。14ステラと15ツインパワーは僅かに差がある同型のボディを使用していましたが、20ツインパワーは19ヴァンキッシュと共通のメタルハーフ(半プラ)ボディを採用しています。本来19ヴァンキッシュ用に開発された肉薄ボディであり、クイックレスポンスシリーズ用のボディなんですけど、何故か20ツインパワーも同型のボディになってしまいました。

無印とSWを含めたスピニングリールで、シマノでフルメタルボディのリールは、18ステラと17ツインパワーXD、20ステラSWだけになりましたね。一応、ツインパワーXDのほうが上位モデル扱いになっているので、差別化としては仕方ないのでしょう。

シマノのカタログにはハガネボディと普通に記載されていますが、15ツインパワーのハガネボディとは別物で、強度は低下しているので注意してください。それでもPE4号でドラグはギチギチに設定して、64cmのワラサをゴリ巻きしても全く歪みは感じませんよ。
シイラも104cm程度までなら全く強度に心配はありません。13ステラSW4000XGで釣るのと使用感では、パワーの差は感じませんでしたね。

せめて18ステラと形状違いでも、15ツインパワーと同様にフルメタルにしておけば良いのにとは思いますが、やはり本当のメタルボディはステラだけにしたいのでしょうかね。でもボディが軽くなった分、18ステラの金属ローターを搭載できたと考えればグレードアップされたと言えるでしょう。
実際に半プラボディでも2020/7月現在まで大サバやワラサを釣っていますが、今のところ15ツインパワーと比較して巻心地の変化も出ていません。

ギア


18ステラと20ツインパワーのメインギア(ドライブギア)の口径サイズは同じで強度も全く変わりません。
ただし、18ステラのギアにはバリギアコートと呼ばれる表面処理が施されており、摩擦が少なく滑らかな巻心地になっています。巻心地の維持と言う耐久性もギアにコーティングのある18ステラの方が優れています。
破壊強度は変わらないので最高の巻心地と、ノイズの少ない巻心地の長期維持を考えないのであれば、20ツインパワーも18ステラも変わらないでしょう。
18ステラでも40cm程度のサバ、イナダ、ショゴを80匹程度釣って僅かにコロ感が出ましたから、あとはボディの影響で18ステラと耐久性の差が出るか気になるところですね。

ベアリング数

ステラは12/1、20ツインパワーは9/1とベアリング数に大きな差があります。20ツインパワーには18ステラにあるローターナット部とスプール内に内蔵されているベアリングが無いので、ベアリングの総数はステラより3つ少なくなっていますが、普通にルアーを巻いて使用する分には大きな違いは感じないでしょう。

違いがよくわかるのは強い負荷をかけた場合で、18ステラはローター部のベアリングとギアの特殊処理のおかげで、20ツインパワーよりごく僅かに巻心地が軽め。
ドラグ性能も18ステラの方が優れています。

ドラグノブ

20ツインパワー 18ステラ ドラグ
18ステラのドラグノブはアルミ削り出しで、内部にコイルドウェーブスプリングを搭載しています。このコイルドウェーブスプリングのおかげで、18ステラはどんな強さのドラグ設定でもドラグがスムーズに働くのが特徴。実際に18ステラのドラグは最大値でのパワーファイトから、ドラグを多用する細いラインでの釣りでは、他のリールとの差が顕著に現れていますね。

20ツインパワーにはドラグノブは樹脂製で質感が安っぽく、コイルドウェーブスプリングも搭載されていません。ステラのドラグが特別なだけで、ドラグとして不満は全くありませんよ。
18ステラSW/20ツインパワーC5000番のドラグはカーボンワッシャー採用で、ワラサやシイラなど3kg以上の青物も余裕で釣る事ができます。

ローターの部品

20ツインパワー ローター
20ツインパワーの金属ローターを構成する金属フレームは18ステラと変わりないアルミ製となっています。20ツインパワーの金属ローターはローターナットがベアリング非搭載で、内部の音出しバネや樹脂系のパーツが18ステラと僅かに違いがあります。
とは言え耐久性は18ステラと変わりませんし、巻心地も金属ローターのおかげでステラに近くなっています。ローターが金属になってローター単体の重量は増えましたが、半プラボディのおかげで総重量はほぼ変化していないのもポイントですね。

20ツインパワーと15ツインパワーを比較すると、ローターの歪み剛性が15%UPしており、より強い負荷を掛けても安定したトルクのある巻き上げが可能になりました。ボディは半プラですが、結果的に巻き上げトルクは20ツインパワーの方が明らかに優れています。
15ツインパワーだと60cm以上のワラサやシイラになると、巻き取りが「ギュル..ギュル..」と不安定になったり、ローターが「ミシミシ」とキシむ感覚がありましたが、20ツインパワー4000〜C5000なら、ワラサや青物を釣っても歪みを感じずにゴリ巻きできるようになりました。
このローター強度の高さによる巻き上げは19ヴァンキッシュには無いメリットで、やはり青物狙いのショアジギングやライトジギングで使うなら20ツインパワーが適しているでしょう。
慣性感のある巻き心地は、重いルアーを巻く釣りに向いています。

デザイン・高級感

20ツインパワーC5000XG
デザインが違うのは勿論なんですけど、20ツインパワーは15ツインパワーと比較しても質感が安っぽくなっています。18ステラは全体がシルバーの鏡面仕上げになっていますが、20ツインパワーは構造上、半分樹脂ボディになっているので、ボディの塗装を樹脂側に合わせているため、ガンメタブラックの金属ローターと差があり不自然なカラーリングと言った印象を受けます。実際の釣りではリールを見ながら釣らないから気にしなければ良いだけですけどね。太陽光に当てると差が目立ちます。

ステラはボディが特殊なシルバーの鏡面塗装で、ネジ穴も見えないようにカバーで上手く隠されていますが、20ツインパワーはボディ右側ののネジ穴が気になるのと、光にかざすと金属のリールフット側と、樹脂の蓋側で微妙に色合いが違いますね。よく見なければ、たぶん気にならないレベルです。

 

18ステラと20ツインパワーを使用した感想

18ステラと20ツインパワーの使用感ですが、20ツインパワーの巻心地は、金属ローターのおかげでシルキーで滑らかな巻心地になり、18ステラとの差が無くなっています。14ステラと15ツインパワーほどの差は無くなりましたね。

使用感で最も違いを感じるのは、18ステラよりハンドルのガタつきが気になるくらいでしょう。シルキーな巻心地、巻き出しのスムーズさもステラに僅かに及びません。
それでも、20ツインパワーが15ツインパワーよりステラに近いリールに仕上がっているのは間違いなく、これだけの性能でステラより2万円以上安いんだから、お買い得なリールであることは間違いありません。

耐久性の違いについては、まだ20ツインパワーは現役で使用中なので、今後どのくらい長持ちするか青物をメインに釣って検証していきます。

シマノ 20 ツインパワー 3000MHG 送料無料[リール]

 

シマノ 20 ツインパワー 4000MHG 送料無料[リール]

 

【シマノ】 20ツインパワー4000XG

 

≪’20年3月新商品!≫ シマノ ’20 ツインパワー C5000XG 【小型商品】