マゴチの特徴と釣り方|釣れる場所、時期、旬、フラットフラッシュ、ルアーフィッシング

マゴチ 釣り ルアー

マゴチは全長60cmに達する大型のフィッシュイーターで、沿岸の浅い砂地に生息しており、ヒラメをルアーフィッシングや泳がせ釣りで狙っていると、釣れることがある魚です。マゴチは美味な魚であり、船釣りではマゴチ船があるほど、人気の釣り魚にもなっています。
扁平な頭を持つので、ルアーフィッシングでは「フラットフィッシュ」とも呼ばれています。
今回はマゴチの生態やルアー、泳がせ釣りなどの釣り方や、タックル、仕掛けなどを紹介します。

マゴチの特徴・生態

マゴチ 釣り ルアー
マゴチはスズキ目コチ亜目コチ科コチ属に分類される海水魚で、名前が似た魚には「メゴチ」がいますが、メゴチが10cm程度なのに対して、マゴチは最大60cm程度まで成長する、コチ属を代表する魚でもあります。一般的に「コチ」と言えばマゴチの事を指します。

マゴチは性転換する珍しい生態を持つ魚で、産まれた当初は全て雄であり、40cm程度まで雄として過ごし繁殖にも参加しますが、40cmを超えると雌に性転換します。この生態は「雄性先塾」と呼ばれ、雄と雌の両方で繁殖活動を行う非常に珍しい魚です。

水深5〜30m程度の浅い砂地や砂泥地に生息しており、堤防やサーフ(砂浜)からも釣ることができます。潮回りが良い場所にも生息しますが、やや内湾も好むようで、餌が豊富なら東京湾など湾内にも数多く生息しています。
産卵期は4月から7月で、産卵期は数多くの個体が浅場に集まるので、この時期は特に釣りやすい時期でもあります。マゴチの主食は魚類やエビなどの甲殻類で、船釣りではサイマキと呼ばれる、生きたクルマエビを餌にして釣る釣り方もあります。

マゴチの旬と食べ方

マゴチは味的に春から夏が旬である。産卵直後を除き、産卵前か産卵後少し経過した頃が美味しく食べられる。身はフワフワとした淡白な白身で、火を通したり加熱調理しても硬くならないので、焼き物やムニエルにもおすすめ。
刺身でも食せるが、イノシン酸が少ないので旨味には欠けるが、酢橘や醤油をかけて食べると良いでしょう。刺身で食べるなら活け締めにし、しっかり血抜き処理をした個体を使いたい。

マゴチが釣れる場所


マゴチは海底が砂地や砂泥地の場所に生息しているので、釣れるポイントは非常に多岐にわたるが、岩礁帯に近く餌が豊富な砂地なら釣れる可能性が高い。ヒラメが釣れる場所ならマゴチも釣れるので、釣り場を探す際の参考にして下さい。
サーフ(砂浜)で釣るなら、急深で水深がある場所がおすすめです。
釣れる時期は5〜7月で、イワシの回遊が始まり、砂浜に打ち上げられるタイミングは、マゴチやヒラメが釣れる可能性が非常に高くなります。

マゴチの釣り方

ルアーフィッシング


マゴチはヒラメと同様にサーフ(砂浜)や、沖の海底が砂地の堤防、磯などからルアーフィッシングで釣ることができる。
タックルはある程度の飛距離は必要なので、シーバスロッドの9フィート以上か、フラットフィッシュ専用ロッドを使うのがおすすめ。30g程度までのルアーが使えた方が飛距離的に有利なので、ロッドパワーはML(ミドルライト)以上を選ぶと良い。
おそらく、マゴチ専門でタックルを揃える釣り人はあまりおらず、ヒラメをメインに狙うルアータックルと考えて選べば差し支えありません。

ロッド
シーバスロッド、フラットフィッシュ専用ロッドなど、長さが9ft(フィート)以上、ロッドパワーがML(ミドルライト)以上で、20〜40g程度のルアーが扱えると、ルアーの飛距離が必要なサーフでは非常に有利です。

リール
リールのサイズ(手番)はロッドとのバランスを考えて選びましょう。ロッドが9フィート代ならリールはシマノ/ダイワで3000番、10フィート以上ならシマノ/ダイワの4000番や、シマノのc5000番を選ぶと良い。

ギア比
リールのギア比は、ルアーの回収スピードを重視して、ハイギア以上を選びましょう。巻き上げ長さで言うと、ハンドル1回転で90〜110cmのラインを巻き取れるなら問題ありません。
シマノであればXG(エキストラハイギア)もおすすめです。

ライン
メインラインはPEラインの1〜1.2号を150〜200m巻いて使用します。PEラインは伸びが少なく遠投していてもアタリがダイレクトに伝わってきますし、同じ太さのナイロンラインと比較して3倍の張力強度があるので、より細いラインが使えてルアーの飛距離も大幅にアップします。

リーダー
リーダーとはPEラインの先端に1〜2mほど結んで使う先糸で、スレに弱く不透明なPEラインのデメリットを補う効果があります。リーダーには透明度が水に近く、擦れに強いフロロカーボンラインが使われてます。PEラインとリーダーの接続はFGノットなど摩擦系ノットで結んで下さい。

ルアー
マゴチのルアー釣りではボトム(海底)を狙えるシンキングミノーやワーム、バイブレーションプラグを使用します。

ワーム

【メール便可】DUO【堀田光哉×Beach Walker】ハウルセット 21g

最もマゴチが釣れるルアーはワームで、14〜28g程度のジグヘッドに、3〜4インチのワームを取り付けて使用します。近年ヒラメ用のジグヘッドとワームのセット商品も販売されているので、特に初心者はこのような商品を購入すると良いでしょう。自重さえ調節すれば浅場から深場まで広くて使えます。

ミノープラグ

ミノープラグは魚の形をしたプラスチック製のルアーで、ただ巻きするだけで本物の魚そっくりに泳ぐので、初心者でも使いやすいルアーです。主にサーフなどの、水深3〜6mの浅いポイントを狙う場合に使用します。
マゴチで使うミノーもヒラメと同様に、14〜30g程度のシンキングミノーを使用すると良いでしょう。マゴチは大きい個体が多いので、ルアーの大きさは90〜120mmくらいで良いでしょう。サーフから釣るならヒラメ用のミノーを選べば間違いありません。

シマノ 熱砂 ヒラメミノー3 AR-C 125F OM-125M 2018年新色 (ヒラメルアー)

AmazonでDUO(デュオ) ワーム ビーチウォーカー ハウル を調べる

バイブレーションプラグ
バイブレーションプラグ ルアー
バイブレーションプラグはブルブルと振動して波動でアピールするルアーです。鉄板に鉛がついた鉄板バイブが一般的で、大きさの割に自重が重く飛距離もでるし、沈むのもスピードも早いので、水深が深い場所での使用にも適しています。

【メール便可】メジャークラフト ジグパラ ブレード 75mm/18g

Amazonでメジャークラフト ルアー ジグパラ ブレード を調べる

船釣り

地域によってはマゴチ専門の釣り船も出ている。マゴチの船釣りではハゼやサイマキ(クルマエビ)を餌として使用するので、泳がせ釣りの船釣り版と言って良いでしょう。マゴチを手堅く釣るなら船釣りに挑戦してみて下さい。

泳がせ釣り

泳がせ釣り 仕掛け
泳がせ釣りは生き餌を針につけて釣る釣り方で、丘から釣る場合は、ハゼやアジを餌にし、仕掛けを海底に着底させてアタリを待ちます。丈夫な投げサビキでイワシやアジを釣り、そのまま沈めて釣ることも可能です。
エサを用意する手間がかかりますが、泳がせ釣りはそこにマゴチがいれば、ほぼヒットすると言ってたも良いほどです。

釣竿/リール
5〜10号のオモリが使えるルアータックルや、遠投磯竿を使用する。釣竿が硬いと餌に食いついたマゴチが違和感を感じて、食い込む前にエサを離しやすくなります。
リールは釣竿に合わせたものでかまいません。

ライン
ラインはナイロンラインの4〜5号か、PEラインの1.5〜2号を使用します。泳がせ釣りでは5kg以上あるアカエイやサメが釣れることもあるので、太いラインを選んだ方が良いでしょう。

釣り方
餌を針に付けて仕掛けを投入し着底させたら、糸を軽く張ってから、ドラグをユルユルに緩めてアタリを待ちましょう。
泳がせでは、マゴチにしっかりとエサを飲み込ませることが重要で、小さなアタリがあっても直ぐにアワセを入れてはいけません。しっかり餌を食い込むように1〜2分待つか、ラインが強く引き出されてからアワセを入れてください。
このアワセを入れるタイミングが最も難しいポイントでしょう。