【釣り図鑑】ウツボの特徴と釣り方|釣れる場所・季節、食べ方、料理

江ノ島 ウツボ 釣り

ウツボは胸鰭と尻ビレが無い、ヘビのような太く長い体と、黄色と茶褐色の網目模様が特徴的な海水魚です。磯や堤防の敷石、テトラポットなど、隠れ家になるポイントが多い場所に生息しています。
顎は長く鋭く尖った歯が並んでいます、ウツボの口には、口の奥から飛び出す「第二の顎を」備えており、普通の口で噛み付いてから、飛び出す顎で獲物の肉を食いちぎる、映画「エイリアン」のような恐ろしい特徴もある。

ウツボは海釣りをしていると、うっかり釣れる事があり、陸に上げても頭を持ち上げで噛み付いてきたり、体をくねらせて抵抗するため、取り扱いには注意が必要な魚です。ウツボを釣り上げた釣り人が、噛み付かれて大怪我をする事故も起きています。ウツボの生態や特徴、釣り方、食べ方・料理方法を紹介します。

海の魚大図鑑 釣りが、魚が、海が、もっと楽しくなる [ 石川皓章 ]

ウツボの特徴・生態

江ノ島 ウツボ 釣り
ウツボはウナギ目ウツボ亜目ウツボ科ウツボ亜科ウツボ属に分類される魚で、一応、見た目の通りウナギとは遠い親戚にあたります。
ウツボは浅場の岩礁帯に生息する魚ですが、隠れ家や餌があれば人工的な堤防やテトラ帯にも生息しています。日本でのウツボの生息域は、関東以南の水温が暖かい温暖な地域を好みます。近年、温暖化により東北地方でも釣れているようです。

夜行性の魚ですが、日中でも積極的に捕食活動を行うこともあります。海底にいる事が多い底層魚ですが、夏になり水温が暖かくなると、堤防や岩場の水面を泳いでいる姿が見られます。
ウツボの主食はタコや甲殻類、魚の死骸などで、獲物に喰いつくと、体を素早く回転させて獲物の肉を噛みちぎります。ウツボは喉のあたりから飛び出す第二の顎を持ち、噛み付いてから第二の顎を口腔内まで伸ばし、獲物の肉を食いちぎることも可能です。この顎の力は非常に強く、ウツボに指を喰いちぎられた人もいるほどです。

 

ウツボの釣り方

ウツボ釣りのタックル


ウツボ釣りのタックルは、5〜10号くらいのオモリが使える、ある程度パワーのあるタックルなら、安い釣竿とリールのセット商品や、ルアー、投げ釣り、カゴ釣りなどで使われる、色々な種類のタックルが使えます。ウツボの体重は3kg程度になり、まるまるので巻き抵抗も強い、あまり弱いタックルだと巻き上げが大変です。
1番の問題は、ウツボより外道で良く釣れるアカエイやサメでしょう。エイやサメもウツボと同じく魚やイカなどの身餌を好むため、場所によっては彼らがヒットする確率の方が遥かに高いです。
特にアカエイはパワーがあり、3号以下の道糸、仕掛けでは簡単に切られてしまいますし、重量も重く海底に張り付く事もできるので、柔なタックルではなかなか巻き上げることが出来ません。

竿の長さは、足元に障害物や出っ張りのある、磯やテトラ帯で釣る場合、3〜5m長めの釣竿が仕掛けの回収で有利です。

ライン

ナイロンラインなら4〜5号、PEラインなら2号程度を使えば問題ありません。
ウツボのヒキは強くありませんが、時には岩の巣穴から引き出す必要があるので、あまり細いラインは使用しない方が良いでしょう。

ウツボ釣りの仕掛け


ウツボの釣り仕掛けは1〜2本針の「ブッコミ仕掛け」や「胴突き仕掛け」を使用します。1本鈎で作る場合は、三又サルカンを使用し、横からハリス、下は道糸より1〜2細い捨て糸を使い、オモリが根掛かりしても捨て糸を引きちぎって回収できるようにしておくと、磯など根掛かりしやすい場所でも、オモリが根掛かりしても仕掛け全体のロストを軽減できますよ。

ハリス

ウツボは歯が鋭いので、ハリスは10〜20号の太さが必要です。太さについては使う釣り針に結びやすい太さ(無理なく結べる太さ)で選ぶようにしましょう。
基本的にハリスの素材は傷付きにくいフロロカーボンラインのハリスを使用します。フロロカーボンラインは擦り傷に強く、海底の岩や魚の歯で擦れても傷が付きにくいメリットがあります。

ウツボは歯が鋭く、歯に当たる位置で針掛りすると30号でも平気で噛み切るので、耐久性を重視するなら、イシダイ用のワイヤーリーダーの使用も効果的です。ワイヤーリーダーは高価で、仕掛け作りが多少面倒なのと、多少食いが落ちるデメリットがあります。

16号以上を使うなら透明なナイロンラインも使えます。ナイロンハリスは傷が付きやすい反面、フロロカーボンのように半分ほど傷が付いても、傷から裂けて切れる事が少ないです。


魚の身餌を付けるので、餌を刺しやすい大きめの釣り針を選ぼう。ウツボは噛む力が強く、柔な針では変形することもあるので、強度の高いヒラマサ針や真鯛針の10〜12号サイズがおすすめです。ウツボ釣りは、あまりシビアな釣りではないので、頑丈な針なら種類はあまり拘らなくて大丈夫ですよ。
ウツボは目で見て針の存在を見切る魚ではないので、身餌の針持ちや強度を重視して針を選べば良いでしょう。
そもそも使うハリスが10〜20号と太いので、小さい針には結びつけられないですからね。太いハリスが結びやすい管付き針もおすすめです。


ウツボ釣りの餌は、サバやサンマの身餌や、キビナゴ、タコ、イカが使えます。ウツボの好物はタコですが、なかなか生のタコは入手できないので、臭いの強いサバやサンマの身餌がおすすめです。
身餌の作り方は、サバかサンマを3枚下ろしにして、2〜3cm幅の短冊状に切り、5〜6枚重ねたキッチンペーパーに乗せて塩をたっぷりと振りかけ、そのままキッチンペーパーに包んで、半日から1日冷蔵庫で寝かせます。塩を振ると身から水分が抜けて硬くなり、餌持ちが良くなります。

ウツボが釣れる場所


ウツボが釣れる場所は「磯」など、海底が岩礁帯のポイントです。岩礁帯以外でも、堤防や漁港でも周りに敷石やブロック、テトラポットが入っているとウツボが生息している可能性があります。

ウツボが釣れる時期

ウツボが釣れる時期は、水温が暖かくなる6月頃から11月くらいです。水温が高いと活性があがるのか、日中でも岩場の浅瀬まで這い上がって来る姿を見る事ができます。

釣り方

まず、魚の身餌なら「縫刺し」で針につけましょう。縫刺しの方法は、まず皮から針を刺して、針の軸まで針りが出たら、身から出た針を90°捻り、もう一度梁を刺して、身から皮に針先を通します。この方法だと餌も長持ちしますよ。

仕掛けを投入
ウツボをは基本的に隠れ家がある岩場に潜んでいるので、根掛かりを恐れずに、出来るだけ海底に起伏がかる、ゴツゴツとした場所を狙って仕掛けを投入しましょう。起伏があるかは、まず道糸にオモリだけ結んで海底をズルズル引いて確認すると良いでしょう。

仕掛けを投入したら、リールのドラグを緩めて、ラインが軽く張った状態にしてアタリ待ちます。ウツボのアタリの出方は、ゆっくりとラインが引き出されたり、ゆっくりと何度もグイグイ引っ張る、と言うパターンが多いです。強いアタリは少ないものの、アタリ自体はハッキリ出る魚です。
アタリがあったら餌を食い込ませるために、少し待って、確実に仕掛けに重みが乗ってからアワセを入れます。待っている間にラインが引き出されるようなアタリがあれば、すでにしっかり食い込んでるはずなので、ドラグを閉めて強くアワセを入れてください。

このアワセを入れるタイミングが、ウツボ釣りで唯一難しいポイントです。鋭い歯を持つウツボの性質上、あまり長時間待っていると、針が飲み込まれてしまい、ハリスを歯で切られるリスクも高くなります。
切られても

ウツボの締め方
ウツボ 釣り方
ウツボの締め方は、首の後ろを背骨まで切るか、氷を水を入れたクーラーボックスに入れて「氷締め」にしよう。ウツボを締める際にも危険を伴うので、心配な人は氷締めが無難でしょう。
ウツボの皮は丈夫で身を捩らせて抵抗するため、切れ味の良いナイフじゃないと、簡単には切る事が出来ない。更に、ウツボは噛み付いてくるので、怪我をする可能性もある。

ウツボの食べ方

ウツボの身はコリコリと弾力の強い白身で、皮と身の間にはプルプルとしたゼラチン質があり、旨味もある美味な魚と言う評価です。あまり市場に流通する魚ではありませんが、高知県や千葉県では地域によってウツボが食べられています。

ウツボは小骨が多く、しかも小骨自体も硬いため、取り除かないと食べるのが大変です。綺麗に小骨を処理するのは素人には難易度が高い作業ですが、尾の部分には小骨が少ない場所もありますよ。

夏場に釣れるウツボは少し水っぽくサッパリした味で、唐揚げや焼き物に適しています。カレー粉をまぶして唐揚げにするのもおすすめ。
冬のウツボは身に脂が乗っているので、湯引きや煮物、タタキにして食べるのもおすすめです。