ZZヘッドの使い方とワームの選び方|ダート系ジグヘッド、シーバス、ヒラメ

ZZヘッド シーバス ジグヘッド

ヒラメ ルアーフィッシング
ZZヘッド(ジージーヘッド)はオンスタックルデザインのダートアクション系ジグヘッドで、シーバスやヒラメ、青物釣りで実績が高いジグヘッドとして人気があります。同メーカーが販売されている、ワインド釣法専用の人気ワーム「マナティ」は、ZZヘッドと断面形状が合うように設計されています。
今回はZZヘッドの特徴や使い方、組み合わせるおすすめのワームを合わせて紹介します。

ZZヘッドの特徴

 ZZヘッド 特徴 使い方
【メーカー商品説明】
チューニング不要で使用でき、マテリアルも通常のものより硬い鉛の為、岸壁などに当てても変形しにくく、その性能を長期間維持できます。そして一番のウリはなんといっても「ワインドのしやすさ!」。
その上アクションの鋭さや安定性も「ワインド上手になっちゃったかも♪」と浮かれてしまうほどにアップ! 当然釣果もそれに比例して上がること間違いナシです。
さらにフッキング効率を少しでも高める為、フックアイを出来る限り後方に配置。これにより甘噛み程度のバイトでもフッキングまで持ち込めることが出来るようになり、キャッチ率も格段にアップ! ワインド釣法を一段と進化させる「ZZヘッド」。

ラインナップ

 ZZヘッド ラインナップ カラー
ZZヘッドはウエイトがoz(オンス)表記かので、g(グラム)での重量と、概ね対応する水深を記載。ジグヘッドとしては非常にカラーパターンも豊富で、よりアピール力も高く、様々なシュチュエーションに対応できる。

1/4oz-7g 表層から水深3mまで対応。
3/8oz-10g 表層から水深5mまで対応
1/2oz-14g 水深1m〜7m
5/8oz-17g 水深2〜10m
3/4oz-21g 水深3〜15m
1oz-28g 4〜18m
1.5oz-42g 5〜25m
2oz-56g 6〜30m

対応する水深は足場の高さによって大きく変化するのでご注意下さい。足場が高いほど対応水深は浅くなります。

1/4oz〜3/4ozまでトリプルフックが付属

1oz(オンス)以下のZZヘッドにはトリプルフックが付属しています。1oz以上の重さになると、スプリットリングだけしか装着されていないので、別途トリプルフックを購入して下さい。

ZZヘッドのメリット

ZZヘッド マナティ ジグヘッド
ZZヘッドほ幅広いウエイトのラインナップも特徴で、1/4oz(7g)から、最大で2oz(28g)と、ショアからの釣りで幅広く使えるルアーウエイトが揃っています。
基本的にシーバスやヒラメ(フラットフィッシュ)、青物、タチウオ釣りに使う事が多いですね。

トリプルフック装備でフッキング率が高い

ZZヘッド
ZZヘッドはトレブルフックを使用するジグヘッドで、概ねジグヘッド中央部の下方向にフックポイントが来るように設計されてるます。フックサイズを好みで変更できるし、刺さりが悪くなっても捨てずに済みますよ。トレブルフックなのでフッキング率も高く、下から喰いつくヒラメにもおすすめ。
フックは動く状態だと背中に引っ掛かるので、トレブルフックの1本をワームの腹に刺して固定します。

トレーラーを接続すれば、フックポイントをワームのテール付近にも配置できる。タチウオのワインドゲームやヒラメなど、フッキング率を高くしたい時は、トレーラーフック活用しても良いでしょう。ミスバイトが多くても

バラしにくい

ZZヘッド シーバス ジグヘッド
フックが自由に動くので、シーバスのように激しくヘッドシェイクする魚でも、ジョイント部分が稼働して力を受け流すのでバラしにくく、多少フックが細くても伸ばされる事なくの

塗装強度が高い

 

サゴシ ワインド釣法 ワーム ジグヘッド

出展ozatoya.blog108.fc2.com

ZZヘッドの表面は硬く分厚いコーティングがされており、塗装強度も高いので、岩や岸壁にぶつけたくらいなら剥がれません。タチウオやサワラ、ヒラメのように歯が鋭い魚が相手でも長く使えますよ。
剥がれる際もベリベリ剥けたりせず、ぶつけた部分だけ欠けるように剥がれます。

カラーパターンも豊富
ZZヘッドは11種類のカラーパターンをラインナップしているので、様々なシュチュエーション、魚に対応できます。グローカラーもあるのでナイトゲームでも対応できますよ。

浮き上がりにくい
ZZヘッドはやや全長が長いのと、よほど長いワームを付けなければ僅かに前傾姿勢で泳ぐので、足場が高い場所からの釣りでも浮き上がりにくいのも特徴です。
足場の高い堤防や、水深が深い釣り場でも使えます。

飛距離も抜群

少なくともトレブルフックを採用しているジグヘッドの中でも、飛距離はトップクラスでしょう。ZZヘッド1ozにマナティ75や90を付けて、ディアルーナ10.6フィート/18ステラ4000XG70mは普通に飛びますよ。ヒラメ狙いでも十分な飛距離を確保できます。

ZZヘッドのデメリット

根掛かりしやすい

フックが下向きで、尚且つトレブルフックであるため、ボトムに岩や海藻がある場所で着底させると非常に根掛かりしやすい。
この辺りはフックが上を向いている他のジグヘッドを使用するか、ボトムを取らずに釣など対処するしかありません。

価格が高い

高強度塗装で表面処理されているため価格はやや高めとなっている。個人的には

柔らかいワームはずれやすい

ワームはジグヘッドから伸びた棒状のワームキーパーに挿すため、フックに刺し通すタイプのジグヘッドよりワームがズレやすい。マナティのように硬いワームなら良いが、柔らかいワームだと短時間でズレてしまう可能性があります。シャッド系のワームは水を受ける抵抗が強いのでズレるのが早い。

フックがワームの背中に刺さることも

トレブルフックをワームに刺していても、穴が広がって固定部が緩むと、フックがワームの背中に刺さる事があります。これはフック一体型には無いトラブルなので、やはりマナティのように硬めのワームを使うしかありません。普通のワームなら期になる程の問題は無いかと思いますよ。

ZZヘッドのインプレ

シーバス ZZヘッド
ZZヘッドの使用感は、ややジャークを加えた際の抵抗が強いものの、ダートアクションの幅は広く、かなりアピール力が高い。ダートアクションを多用して使うなら、やや硬めの張りのあるロッドが適しています。
7g〜14gのZZヘッドを使うなら、シーバスロッドのML(ミドルライト)クラスを使うと、キレのあるダートアクションができますよ。
使用用途としてはワインド釣法全般に活用できますが、ウエイトのラインナップ的に、シーバスとヒラメ、タチウオ 、青物に使う人が多いですね。

評判・評価

釣果抜群 タチウオ釣りに購入しました自分は初のワインド釣りだったのですが、効果てきめん「オンスタックルデザイン マナティー 90 01パールホワイト」とセットで利用し2時間程度で20匹程釣り上げました2袋購入したのですが、初釣りで根がかりは無く痛みも少なかったので、1袋で今シーズン乗りきれそうな感じです

タチウオ釣り用に購入し、マナティーを装着して使用していますが、期待どおりの釣果に満足しています。
Amazonレビューより

オンスタックルデザイン ZZヘッド 3/8oz ST(スタンダード)

【メール便可】ワインド専用 オンスタックルデザイン ZZ Head(ジージーヘッド)シルバーVer. 3/4-2.0oz

Amazonでオンスタックルデザイン ZZヘッド 1/2oz スタンダード トレブルフック付を調べる

ZZヘッドにおすすめのワーム

マナティ ワーム
ZZヘッドと組み合わせるワームは、やはり第一に同じくオンスタックルデザインから出ている「マナティー」でしょう。マナティーは硬めのマテリアルで構成されており、激しいダートアクションでもズレにくいし、トリプルフックを腹に刺しても取れにくいので、ZZヘッドとの相性は抜群です。ZZヘッド自体が三角形で、底辺の幅が広いので、ある程度ボリュームのあるワームとの組み合わせがおすすめです。

パワーシャッドのように、あまり細長いワームだとアンバランスな見た目になりますが、パワーシャッドの頭部分を切って付けると、いくらかバランスが良くなります。パワーシャッドは細いので頭でっかち感は残りますが、ヒラメが釣れているので、人間の見た目で感じるほど魚的には見た目のバランスは問題ないようです。

【9/5最大P50倍!】オンスタックルデザイン マナティー 90 MT−01(パールホワイト)【ゆうパケット】

Amazonでオンスタックルデザイン マナティー を調べる