イシモチ(ニベ)の特徴と釣り方|投げ釣り・ちょい投げで釣ろう、仕掛け、エサ

イシモチ

イシモチは別名シログチやニベとも呼ばれる底層魚で、「チョイ投げ釣り」や「投げ釣り」で釣れるターゲットとして馴染み深い魚でもあります。イシモチはシロギスほど遠投しなくても近場のポイントで釣る事ができますし、シロギスよりも大きく育つので、大型のイシモチは力強い引きで楽しませてくれますよ。
今回はイシモチの生態と釣り方、仕掛けを紹介します。

海の魚大図鑑 釣りが、魚が、海が、もっと楽しくなる [ 石川皓章 ]

イシモチの特徴・生態

イシモチ
学名Pennahia argentata
イシモチは標準和名「シログチ」と言う、スズキ目スズキ亜目ニベ科シログチ属に分類される魚で、イシモチと言う名前は、頭に耳石(じせき)と呼ばれる耳に似た機能を有する、石のような物を持つことに由来しており、特にイシモチの耳石は他の魚より体に対する比率が大きい。浮き袋を使って鳴く「鳴く魚」としても知られている。
日本での分布は東北以南、その他、東シナ海、黄海、インド洋にも生息している。
繁殖期は5〜8月で、産卵行動を行う。

投げ釣りでよく釣れるイシモチの大きさは、概ね15〜20cmくらいですが、30cmを超えて最大60cmまで成長する大型の個体も存在します。
イシモチは水深10m〜150mまでの、沿岸の砂地や砂泥地に生息しており、沖の深場に生息している個体ほど大型に成長するようで、投げ釣りで釣れるイシモチは30cmを超える大きさだと大型と言って良いでしょう。

基本的には沿岸の砂地や砂泥地に群れを作って生息しており、餌を求めて川の河口付近にもよく集まってきます。10〜30cmまでの個体は水深が浅い、海外沿いの浅場にも普通に生息しています。
小型のイシモチほど沢山集まっていて、大型の個体になるほど、あまり大きな群れは作らなくなる傾向にあります。
投げ釣りでは群れているので、1匹釣れたら、同じ場所に仕掛けを投げ込めば、何匹か立て続けに釣れるため、効率よく数釣りも可能です。船釣りだとイシモチの群れをピンポイントに狙えるので、入れ食いになる事が多い。

食性は雑食で、主に多毛類や小型の甲殻類、環形動物、アミエビのような動物プランクトンも捕食しています。

イシモチは鳴く魚

イシモチは釣り上げて空気中に出すと「グーグー」と、浮き袋を鳴らして鳴き声を上げるのも特徴です。投げ釣りをする釣り人の間では鳴く魚としてお馴染みですね。

 

イシモチの釣り方


イシモチを釣るなら「投げ釣り」か「チョイ投げ」釣りで釣ろう。投げ釣りは専用の投げ竿を使い、天秤仕掛けを沖へ投げて、海底に生息するシロギスやカレイなどの魚を釣る釣り方です。投げ釣りは時に200m以上も仕掛けを遠投する豪快な釣りですが、イシモチなら「チョイ投げ釣り」と言う、子供や女性でも近場のポイントに軽く投げて釣る釣り方でも十分釣れますよ。

ちょい投げ釣り

ちょい投げ 投げ釣り
ちょい投げ釣りは初心者や子供でも楽しめるライトな投げ釣り。3〜10号の軽いテンビン仕掛けで近場のポイントを狙うので、ルアーロッドやコンパクトロッドが使えるため、重い投げ釣り専用のタックルも必要ない。 タックルはチョイ投げセットなど、釣具店で釣竿とリールがセットになった商品で構わない。堤防・波止や海釣り公園から手軽にハゼやキス、イシモチなどを狙うことができますよ。

釣り竿/投げセット/投げ竿/投げ釣りプロマリン わくわくちょい投げセットDX 300cm(エサセット)

Amazonでプロマリン(PRO MARINE) PG わくわくチョイ投げセットDX 300 を調べる

投げ釣りで釣れる魚
シロギス 、カレイ、イシモチ、ハゼ、メゴチ、ギマクロダイ、マダイ、カワハギ、カサゴ、アナゴ外道・毒魚サメ、フグ、アカエイ、ハオコゼ、ゴンズイ、ヒイラギ 投げ釣りに必要なタックル

【本格的な投げ釣りに必要な道具】
投げ釣り
●投げ竿
●遠投リール
●PEライン
●力糸
●フィンガープロテクター
●竿立て
●ラインカッター(ハサミ)
●プライヤー
●ハリ外し
●水汲みバッカン
●餌(イソメ)
●クーラーボックス

釣竿

初心者が投げ竿を購入するなら投げ竿は長さ3.8m〜4mで20〜30号のオモリが扱える投げ竿が良いと思います。投げ釣りのタックルはかなり重く、使う人の力量に最も影響を受けるので、最初からあまり硬く重い釣竿を選ぶのはおすすめできません。
30号以上の硬い投げ竿を選んでも、しっかり振り抜けない人が使っても飛距離は全然伸びませんからね。投げ竿選びで号数と長さを選び間違えると、後々手放す原因にもなるので慎重に選びましょう。

投げ竿の長さ
投げ竿の長さは3.7m〜4.5mまで幾つかの種類があり、長さにより投げ竿の扱い易さが大きく変わってきます。
3.2〜3.7m程度の投げ竿は、遠投の必要無いフィールドや、華奢な人、女性、子供にもおすすめ。タックルの重量も軽くなるので、力が弱い人でも振り抜きやすい。短い竿の方が同じ号数のオモリでも少ない力で投げることができ、コントロール性も高く真っ直ぐ投げやすいのも特長です。
4〜4.2m(420cm)は投げ竿の基本とも言える長さです。特に理由がなければ4.2mの投げ竿を選ぶと良いでしょう。

投げ竿の号数
投げ竿の号数・ロッドパワーは、投げたいオモリの重さで選びます。潮の流れが速場所、遠投が必要な場所ほど重いオモリが必要になります。号数が低い投げ竿の方がカーボンの量が薄く少なくなるので、投げ竿自体も軽くなり投げやすくなりますね。

【投げ竿の号数・ロッドパワーと扱えるオモリの号数】
シマノの投げ竿の場合※サーフリーダーのスペックより
FX:18〜25号
EX:20〜30号
DX:23〜30号
CX:25〜35号
BX:27〜35号

ダイワの投げ竿の場合※リバティクラブサーフTより
15:6〜15号
20:15〜25号
25:20〜30号
30:25〜30号

投げ釣り入門に号数で選ばれるのは、シマノでCX、ダイワで25号の投げ竿になります。初めて投げ釣りに挑戦するなら長さが4.2mで、シマノならDX、ダイワなら25号の投げ竿がおすすめですね。

リール

投げ釣りには遠投用の大きなスプールの付いた、遠投リール・投げ釣り専用リールが使用されます。投げ釣り用の遠投スピニングリールには「ドラグ付」と「ドラグ無し」のリールがあり、キス釣りならドラグ無し、カレイやカワハギ、クロダイ狙いなどはドラグ付リールを使用します。
汎用性が高いのは、ドラグ付の遠投スピニングリールリールで、カゴ釣り、ブッコミ釣りなど全ての釣りに対応しています。キス釣りに使用されるドラグ無しの遠投リールは、ドラグ機構がないぶん自重が軽く遠投しやすくなっています。キス釣り専門で釣るならドラグ無しのリールを、色々な釣り方で使いたいならドラグ付のリールを選択しましょう。

ライン(道糸)

投げ釣りでは伸びが少なくて感度が良く、より細いラインが使える投げ釣り用のPEラインが使用されています。投げ釣り用のPEラインは25m毎に4〜5色に色分けされており、仕掛けの位置や飛距離が分かるようになっています。
PEラインは同じ太さのナイロンラインと比較して3倍の張力強度があり、0.8〜1号と細い道糸が使えるため、遠投しても魚のアタリもはっきり分かりますし、ラインが受ける海流も減り仕掛けも流されにくくなるなど、ナイロンラインよりも得られるメリットが多い。近年の投げ釣りではPEラインの強度が高いなったこともあり、根がかりが少ない釣り場では太さ0.6号の細糸も普通に使われています。

投げ釣り用のPEラインは25m×4〜5色の色分けが基本で、スプールからラインが4色出たなら、ラインカラー上では仕掛けが100m飛んだ事がわかります。
赤・青・緑・黄色・黒で色分けされたラインの場合赤(0〜25m)→青(25〜50m)→緑(50〜75m)→黄色(75〜100m)
更に1m、10ごとに白いや黒でマーキングが入っているので、アタリの合ったポイントがより正確にわかりますよ。

ラインの太さ
PEラインの太さは0.8〜1.2号が一般的にキス釣りに使われるラインの太さです。0.6〜0.8号のPEラインは遠投が必要なシロギス狙いに使用します。飛距離重視でほぼ根がかりしない釣り場での使用に向いています。
1〜1.2号1号は一般的に投げ釣りで使用される事が多いラインの太さで、根掛かりが少ない場所の小物釣りに幅広く対応できる基本となる太さです。
投げ釣り初心者なら、まずは1号のPEラインを選ぶと良いでしょう。1.5〜2号1.5〜2号はカレイやアイナメ狙いの投げ釣り、クロダイ(チヌ)のブッコミ釣りに使われる太さ。
キス釣りでも根掛かりの多い釣り場では1.5号以上のPEラインを使用する場合もあります。

力糸(ちからいと)

力糸・テーパーラインはラインの片方が太くなっており、細いPEラインの先に力糸を結ぶと、仕掛けを投げた際に道糸が切れてしまう「キャスト切れ」を防止できます。力糸の両端は太さが違いますが、リールに巻いた道糸と結ぶ側が、道糸(メインライン)の太さと同じか+−1〜2号以内の太さを選択します。

力糸には両端の太さが「1-6」などと記載されているので、細い方の太さを使用するメインラインに出来るだけ合わせるようにします。とは言え、結び目には直接力は加わらないため、+-2号までは道糸と差が生じても大丈夫です。力糸の最も太い方部分は6mほどあり、リールから天秤まで太い力糸の部分だけに力が加わるため、仕掛けを思いっきり投げてもキャスト切れする事はありません。

天秤(テンビン)


投げ釣りでは、遠投しても仕掛けのハリスが絡まないように、「天秤(テンビン)」と呼ばれるオモリに長い金属のアームの付いた仕掛けを使用します。

オモリ一体型の天秤の方が飛行姿勢が安定し飛距離も出るので使用率が高い。ジェット天秤はオモリの上にプラスチックの羽根が付いており、飛行姿勢も安定しやすく、仕掛けの回収時は羽根で水を受けオモリの浮き上がりが早い。手前に根があるポイントにも適している。また、ジェット天秤はアームが可動式なので、岩の隙間に引っ掛かっても外れやすい。

仕掛け


流線針を使用した、2〜3本針の投げ釣り専用の仕掛けを使用します。ハリスの太さは1〜2号をイシモチの大きさに合わせて選んで下さい。
仕掛けによっては針のチモト付近に、集魚力をアップするためのビーズが付いているものもあります。このビーズが付いているとアピール力のアップしますが、基本的に釣り人の好みや潮の濁りなど状況に応じて有無を選択しましょう。

餌・エサ


投げ釣りではイソメと呼ばれるゴカイの仲間がお馴染みです。イシモチはシロギスより口が大きいので、イソメを針に刺す際は、垂らしを長めに取ってイシモチにアピールしましょう。

イソメにも幾つかの種類がありますし、イソメ以外にも色々あるのでご紹介します。餌ごとに動き、匂い、大きさと特長が違うので、うまく使い分ける事が釣果を伸ばすコツですよ!。

アオイソメ
最もポピュラーなイソメ(虫エサ)で価格も比較的安価。あらゆり魚を釣る事ができる。アオイソメは生物発光すると言われており、夜釣りの餌としても向いている。

イワイソメ
投げ釣りからウキ釣りまで幅広く使える大物狙いに使われるエサ。匂いが強く魚を引き寄せる。アオイソメとは味が違うらしく、使い分けで釣果に違いが現れる。アオイソメとイワイソメを交互に鈎に付けて使う使い方もある。良く釣れるエサを探す場合に有効。

三脚/竿受け
三脚型の竿受けは投げ釣りの必須アイテム。堤防や砂浜で2〜3本の投げ竿を立て掛けている光景をよく見ますよね。2〜3本の竿を出すなら三脚型の竿立てが定番。安定性を重視して、出来るだけしっかりした作りで大き目の製品を選択しよう。中央には安定性を保つオモリ代わり水を入れたバッカンをぶら下げます。

釣り方

出展https://blogs.yahoo.co.jp/madangler510/20778186.html

投げ釣りと言うと、仕掛けを投げ込んだら「置き竿」で、魚のアタリがあるまで待つだけのイメージが有りますが、まずは魚の居場所を見つける事が重要です。
シロギスやイシモチを釣るなら、手持ちで仕掛けを引いて探った方が、置き竿よりも断然よい結果が得られますよ。
複数の竿を出すなら置き竿もありですが、イシモチの群れは常に移動するので、1本は手持ちで魚の居場所を常に探した方が釣果を伸ばしやすいですね。

魚の居場所を探ろう!
イシモチのような海底に生息する魚は、適当な場所に居るわけではなく、魚が好む特定のポイントに集まる傾向にあります。それにイシモチの群れは常に泳ぎ回って移動するので、常に釣れるポイントは移動してしまいます。投げ釣りでキスなど魚の居場所を探すには、竿やリールを使い仕掛けを動かして探る事が重要です。
ただ単に仕掛けを投げ込んでおくだけでは、仕掛けを投入したポイントに運良く魚が居なければ釣れません。まず最初に魚の居場所を探り、次からはアタリが出た場所にピンポイントで仕掛けを投げ込み、効率よく釣っていくのが釣果を伸しましょう。

魚の居場所の探し方
仕掛けを投入し着底したら、ゆっくり仕掛けを引いて動かしましょう。海底に起伏がある場所、カケアガリと呼ばれる、海底が急な坂になっている場所、岩場の周りには魚が集まりやすい。引いている仕掛けが重くなったり、ゴツゴツと質感が変わったら、その周りにイシモチがいる可能性が高いですよ。

仕掛けの引き方
竿で仕掛けを引っ張る場合は、竿先が12時の角度から10時の角度になるまで、仕掛けを動かさないようにラインを巻き取りながら竿を仕掛けの方向に傾け、次に巻くのを止めて竿先の位置を12時の位置までゆっくり戻して仕掛けを移動させます。
リールを巻いて仕掛けを移動させる場合は、竿を11時の角度に構えて、3秒に1回転のペースでゆっくり巻いてきます。状況に合わせて仕掛けを引いてくるスピードや1度に動かす幅、待ち時間を変えて魚にアピールすることも必要ですよ。

イシモチが釣れるポイント
カケアガリ
カケアガリは海底が急な坂になっている場所のことで、このカケアガリの下には魚が集まっています。砂浜でのカケアガリの見つけ方は、海面に白波が立ち始めている場所や、波が急に大きくなっている場所は、海底にカケアガリがある可能性が高いです。
目で見てわからなくても、仕掛けを引いているとカケアガリでは仕掛けが急に重くなるはずなので、仕掛けが重くなった場所ではアタリが出ないか少し待ってみましょう。

沈み根
サーフや堤防の沖にも目に見えない沈み根がある場合があり、沈み根の周りには魚が集まっている。投げると根掛かりする場所は釣れるポイントで、上手く根の回りを攻めることが出来るなら、きっと良い釣果が期待できますよ。

船道
船道はそこの場所だけ深く掘り下げられており、エサが溜まるので魚が集まっています。敷石が入っていて根がキツイ場合もあるので注意してください。

イシモチがヒットしたら
イシモチのアタリは結構強くハッキリと出るので、アタリがあったや竿を軽く煽るように、フワッと合わせを入れて針掛させます。あとは一定のペースで巻き上げ、イシモチが水面まで来たら引き上げます。
仕掛けが細いなら、イシモチが強く引くときは無理に巻かないほうが良いでしょう。

基礎から始める堤防釣り入門 (つり情報books) [ 堤防磯投げつり情報編集部 ]