コノシロ/コハダの特徴と釣り方|江戸を代表する魚

コノシロ 釣り方

コノシロ(鮗)/コハダは堤防釣りなどの海釣りでも釣れるニシン科の魚で、流通名は寿司ネタでも有名な「コハダ」が一般的に使用されますが、釣りではコノシロと呼ぶ場合が多いようです。

海の魚大図鑑 釣りが、魚が、海が、もっと楽しくなる [ 石川皓章 ]

コノシロ/コハダの特徴

コノシロ 釣り方
コノシロ(鮗)/コハダは、ニシン目ニシン科コノシロ亜科コノシロ属の魚で、大きさは全長30cm程度まで成長します。「鮗(コノシロ)」の漢字が「魚」に「冬」と書くように、味わいの旬は秋〜冬であるが、産卵後のメス以外なら通年美味しく食せる魚である。
東京・関東では江戸時代よりコノシロの幼魚である「こはだ」が江戸前の食材を代表する「光もの」の魚として、握り寿司や酢締めなどの調理方法で親しまれている。光ものと言えば「こはだ」と言われるほど光ものを代表する魚であり、寿司ネタの「こはだ」は今現在でも需要が多く、常に安定した高値で取引されている。
ただし、好まれるのは幼魚〜若魚のコハダであり、18〜20cmを超えると小骨が硬くなり下処理が面倒になる。また、関東とそれ以外の地域では需要と嗜好が異なり、あまり好んで食べられない地域もあるようです。

コノシロ 釣り方
穏やかな湾内の汽水域を好むため、川の河口周辺や沿岸で群れを作って回遊生活をしているが、汽水域以外の海域にも普通に生息している。汽水域であれば川を遡上して来ることもある。
汽水域を好む生態から、川の河口に集まるシーバスやヒラメなど大型フィッシュイーター(肉食魚)の貴重なベイトフィッシュ(餌)になっている。シーバスやヒラメ用のルアーには、コノシロカラーと呼ばれる色のルアーもラインナップされている。大抵は群れで集まっているため、ルアーフィッシングをしていると針にスレ掛りしてくる事がある。

餌は水中を浮遊しているプランクトンや藻類、小さな甲殻類である。小さなルアーで釣れる事もあるので、捕食できそうなら小魚も食べる事はあるようだ。

コノシロが釣れる場所

コノシロがよく釣れるのは川の河口が付近にあり、なおかつ足元の水深が2〜3m以上ある釣り場がおすすめ。コノシロが釣れる場所は毎年ほぼ決まっているので、釣り場がわからない人は「コノシロ 地域名 釣り場 釣果」などの条件を入力して調べてみると良いでしょう。海釣り施設や公園の釣果情報を参考にするのもおすすめですよ。必ず釣れている季節が何月かも確認して下さい。毎年同じ季節に釣れ始めます。

コノシロの釣り方

サビキ釣り


小型のコノシロはサビキ釣りで手軽に釣ることができる。サビキ釣りとは、コマセと言う撒き餌を撒いて、集まってきた魚を「サビキ仕掛け」と呼ばれる、アミエビによく似た釣り針が複数付いた仕掛けに食い付かせて釣り上げる釣り方です。
サビキ釣りは釣り方も簡単なので海釣りが初めての初心者にもおすすめです。

サビキ釣りに必要な道具
●釣竿(3〜5.5m)
サビキ釣りセットなど、竿とリールがセットになっている安価な物で良い。

●サビキ仕掛け
豆アジ用/アジ用など針が小さくリアルなものがおすすめ。やや割高でも価格なりの釣果に繋がりますよ。ハリスは0.6〜1号で幹糸は2〜3号がおすすめ。釣れるコノシロが15cm以上ならハリスは1〜1.5号くらいあった方が良いでしょう。

●コマセカゴ
プラスチックやネットの物
●オモリ
ナス型オモリ3号
●アミコマセ
半日で2kg程度
●その他
水汲みバケツ、スプーン、ハサミ、プライヤーなど一般的に釣りで必要な物

釣り方
コマセカゴにアミコマセを詰めてリールのベールを開き仕掛けを真下に落とします。狙いたい棚でベールを戻したら、竿を上下に振ってコマセを撒き、サビキ仕掛けがコマセの煙幕に入るようにして待ちましょう。
集まってきた魚がサビキ仕掛けに食いつくと「ブルブル」とアタリが出るので、ゆっくり巻き上げて回収して下さい。

ウキサビキ釣り
必ずしも足元でサビキ仕掛けにウキを取り付けた「ウキサビキ仕掛け」に変更できるように、「ウキ」「ウキ止め」「誘導スイベル」を用意しておくと良いですよ。

(5)誰でも簡単!サビキ釣り入門セット [270]

 

カゴ釣り

カゴ釣り
カゴ釣りはコマセを詰めるカゴを遠投して、沖に居る魚を狙える釣り方です。コマセと付け餌にオキアミを使用するので、サビキ釣りよりも大型のコノシロが狙えます。
サビキ釣りより頑丈な「カゴ釣り専用のタックル」が必要ですが、コノシロだけでなくサバやイナダなど青物も釣れるので、大物を釣りたい人はカゴ釣りにも挑戦してみて下さい。
カゴ釣りの詳しいタックルや仕掛け、釣り方は下のリンクをご覧下さい。

●カゴ釣り入門|タックル、仕掛け、釣り方を解説