ショゴ/シオの特徴と釣り方|カンパチの若魚、ルアー、ショアジギング、カゴ釣り、船釣り

ショゴ/ショオゴは関東でカンパチ(勘八)の幼魚〜若魚の呼び名で、丘の近くを回遊するので堤防やサーフからのショアジギングやカゴ釣り、サーフトローリング(弓角)などで釣ることができます。カンパチと言うと船から釣る魚のイメージがありますが、ショゴなら身近なショアの釣り場で釣れますし強い引きも楽しめるので是非狙って見てください。
今回はカンパチの幼魚・ショゴの生態と特徴、釣り方を紹介します。

海の魚大図鑑 釣りが、魚が、海が、もっと楽しくなる [ 石川皓章 ]

ショゴ/シオの生態と特徴

カンパチ 船釣り ショゴ シオ
ショゴ(カンパチ)はスズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ブリ属の回遊魚で、成魚は全長1.5m、重さ80kgまで成長する大型の魚です。
東京や神奈川など関東圏では全長50cm未満のカンパチの幼魚〜若魚をショオゴやショゴ、シオッコなどと呼ぶ。
成魚のカンパチは船や沖磯からしか釣れないが、ショゴは岸に近い沿岸を回遊するため磯や堤防、サーフから手軽に釣る事が出来る。

名前の由来

ショゴ シオ カンパチ
カンパチ(勘八)と言う名前の由来であるが、頭を上から見ると漢字の「八」のような模様が入るのが特徴。体色は銀色の鱗に薄紫色のグラデーションが入り、頭から背中は灰色に近い。目の後ろから尾まで黄色いラインが入る。

 

ショゴの釣り方

ショアジギング

ジグパラTG ショゴ シオ ショアジギング
ライトショアジギングは40gくらいまでのメタルジグと呼ばれるルアーを使用したルアーフィッシングで、小型のルアーを遠くまでキャストできるのでショゴやワカシなど小型回遊魚を釣るのに適している。
ライトショアジギングは初心者でも手軽に挑戦できるので若者に大人気です。
タックルもエギングタックルやシーバスタックルが流用できるので、既に他のルアーフィッシングをしている人なら手軽に挑戦できるのも魅力ですね。

ロッド
ライトショアジギングに適したロッドは長さ8〜10フィート程度で最大30〜40gのルアーまで扱えるルアーロッドが使えます。
いちから揃えるならライトショアジギング専用ロッドを購入すると良い。

リール
ロッドとのバランスを考えて3000番か4000番のスピニングリールを使用します。ギア比はハイギア以上でハンドル1回転あたりの巻き上げ長さが90〜105cmもあればライトショアジギングに使えます。

ライン
ラインの太さは釣れる魚のアベレージサイズによりますが、ライトショアジギングならPEラインの1〜1.5号を150m巻けば大抵の魚に対応できるでしょう。

リーダー
PEラインの先にはリーダーと呼ばれるフロロカーボンラインの先糸を60〜1.5mほどFGノットで結びます。

メタルジグ
ライトショアジギングで使うメタルジグは40g以内の小型のメタルジグが使用されます。使うメタルジグは基本的に魚のサイズに合わせるので、40〜70mmのメタルジグをサイズ別に3種類は用意しておきましょう。
色はシルバー、ピンク、ブルピンは青物が釣れる定番カラーです。

釣り方
釣り方ですが基本は「ただ巻き」で巻くスピードや水深を変えながらアタリが出るレンジを探りましょう。
ただ巻きで反応が無ければ「ワンピッチジャーク」も試してみましょう。

ライトショアジギングについて詳しく知りたい方は↓の記事をご覧下さい。
●ショアジギング入門|必要なタックル、ルアー、釣り方を解説

ショアプラッキング

ショゴ シオ ルアーフィッシング
ショアプラッキングとはプラグ系ルアーと呼ばれる魚によく似た形状の使用するルアーフィッシングです。メタルジグほど飛距離は出ませんが、プラグはメタルジグより本物の魚に近い泳ぎ方をしますし、ゆっくり巻くことも出来るメリットがあります。タックルもライトショアジギングの物を流用できますから、メタルジグと一緒にプラグを持っていくだけで挑戦できます。

ショゴなど小型回遊魚狙いで使うプラグは70〜90mmのミノープラグが主流で、水に浮き表層を引けるフローティングミノーと、水に沈みやや水面から下を引けるシンキングミノーの2種類を使用します。シンキングミノーは自重もあるので飛距離も稼げますよ。
小型青物狙いで使うミノープラグは、サイズが手頃なシーバス用として販売されている物を使う人が多い。

釣り方はた「ただ巻き」主体で反応を見ながら「トゥイッチ」を入れてリアクションバイトを誘うとよい。メタルジグよりナチュラルな動きをするのでただ巻きでも十分釣れるとは思うが。

カゴ釣り

カゴ釣り
ショゴはオキアミも食べるのでカゴ釣りでも釣れる。タックルは遠投磯竿の3〜4号、道糸はナイロンラインの4〜6号、仕掛けは遠投ウキ8〜10号、天秤一体型のカゴ8〜10号、ハリス4〜6号・1〜2.5m、ハリ・チヌ針4〜6号、コマセ/餌・オキアミを用意すれば良い。
仕掛け用の小物でシモリ玉やウキ止め糸も忘れずに。

●カゴ釣り入門|タックル、仕掛け、釣り方を解説

船釣り(餌)

カンパチ ショゴ シオ カッタクリ釣り
ショゴなら船釣りのカッタクリ釣りやライトウィリー五目、青物船、イナダ五目船などでも釣れる。船釣りと言っても仕掛けは様々だが、ライトタックル使う釣り物が多いので初心者や子供でも楽しめる。
ショゴが釣れているタイミングを狙って釣りに行けば高確率で釣れるはずですよ。
釣り方も仕掛けによって変わって来るので、初心者は乗船する船宿の方にレクチャーを受けましょう。大抵の船宿は親切に釣り方を教えてくれますよ。

オフショアジギング

カンパチ ショゴ ジギング ジグパラバーチカルロング
ショゴはオフショアジギングの青物船やライトジギング船などで釣ることもできる。ショゴ専門は無いがイナダに混じって釣れたり季節によって良く釣れる時期があるので、船宿の釣果情報を確認してショゴが釣れている時に釣りに行こう。
ショゴ狙いなら60〜120gでロングタイプのメタルジグを用意しておくとよい。メタルジグのカラーはシルバー、ピンク、ブルーの組み合わせが釣れる定番カラーです。
釣り方はショゴなら「ワンピッチジャーク」だけで十分。ジャークのスピードや幅、メタルジグの色や種類変えて釣れるパターンを探して下さい。

ジギングサビキ/投げサビキ

ショゴ カンパチ ジグパラショート
投げサビキはジギングサビキとも呼ばれる釣り方で、丘からサビキを投げて釣る釣り方。オモリはなんでも良く、既にメタルジグに付けるだけで小型の青物が釣りやすくなる便利なアイテムだ。

【あす楽対応】プロマリン(PRO MARINE)☆ジギングサビキ ASA030【ネコポスだと送料220円 1万円以上送料無料(北・東北・沖 除く)】