【毒魚】ゴンズイの釣り方、食べ方、飼い方

ゴンズイ 釣り

ゴンズイは海に生息するナマズの仲間で、幼魚はゴンズイ玉と呼ばれる球状の群れを形成し、波の穏やかな沿岸を遊泳しているので漁港や磯でもよく見かけます。サビキ釣りや投げ釣り、ぶっ込み釣りなどで釣れる事がある魚ですが、胸鰭と背鰭に毒の棘を持つため、釣り人や磯遊びを楽しむ人は刺されないようにが注意が必要です。

海の魚大図鑑 釣りが、魚が、海が、もっと楽しくなる [ 石川皓章 ]

ゴンズイの特徴

ゴンズイ 釣り
ゴンズイはナマズ目ゴンズイ亜目ゴンズイ科の海水魚です。ナマズと言うと川や池にいるイメージ強いので違和感がありますが、口元に4本のヒゲを持ち鱗が無く体表が粘液で覆われている点でナマズの仲間という事がわかります。形態も細長い尾を持つなど日本のナマズによく似ています。
1〜5cm程度の幼魚期は日中でも群れで行動するが成長するにつれて夜行性が強くなり、あまり大きな群れを作らなくなります。成魚は幼魚ほど活発に泳ぐことも少なくなり日中は海底の岩陰に隠れて、夜になると小魚や多毛類、動物プランクトンなどを捕食している。

ゴンズイは2種類いる

日本国内に生息するゴンズイには2種類おり、本州・四国・九州に生息する通常のゴンズイの他、九州以南の海域に生息する「ミナミゴンズイ」が後から追加されました。なので九州以南ではゴンズイとミナミゴンズイは混在しています。

毒の棘に注意

ゴンズイは左右の胸鰭と背鰭の3箇所に毒の棘をもつ刺毒魚に分類されます。ゴンズイに刺されても命に関わることは殆どありませんが、深く刺されてしまうと非常に強い痛みと腫れが伴うので病院へ行くことになるでしょう。
生息環境は港湾部や漁港・磯のような岩礁帯と幅広く、堤防・波止の釣りで釣り人がよく見かける毒魚の代表的な存在となっています。比較的浅場を好むので子供と磯遊びをするなら磯の溜りに潜んでいるゴンズイにも注意しないといけません。
毒の棘は乾燥しても有効なので釣り上げたゴンズイを丘に放置するのは絶対にやめて下さい。うっかり踏んでしまうと靴底くらいなら貫通してしまいますよ。

実はゴンズイは美味しい魚

実はゴンズイは美味しい魚でありフライや唐揚げゴンズイ汁などで食べられるので、もし大きなゴンズイが釣れたら食べてみても良いでしょう。
釣り上げたゴンズイを持ち帰るなら魚挟みでしっかり挟んで胸鰭と背鰭を切り落としてからクーラーボックスに収納しよう。
この時切った毒針を海に捨てる事も忘れないようにしたい。
ゴンズイは生食でも食べられるのて寿司やお刺身にするのもあり。

ゴンズイの釣り方

ゴンズイ 釣り

ぶっ込み釣り

真面目に大きなゴンズイを釣るなら胴突きを使用したぶっ込み釣りや探り釣りがおすすめ。夜にイソメやオキアミ、魚の身餌を付けた胴突き仕掛けを沈めておくと簡単に釣る事ができる。
ゴンズイは底に岩やブロックなど隠れる場所が多い環境を好むので、投げ釣りより根掛かりしにくい胴突き仕掛けの釣りが向いています。

タックル
タックルはルアータックルや安い釣竿セットのような商品で構いません。2〜5号程度のオモリが使えるならタックルは気にしなくて良いでしょう。
ラインもあまり拘らなくてよくナイロンラインの2号以上、PEラインの0.8〜1号以上あれば問題なし。PEラインの方がアタリは取りやすいですが、あまり遠くに投げたり深い場所を狙う釣りでは無いのでナイロンでも大丈夫。

仕掛け

胴突き仕掛けと呼ばれる幹糸に2〜3本の枝針が付いた仕掛けを使います。胴突き仕掛けは一番下のスナップにオモリを取り付けます。オモリは3〜5号のナス型オモリや六角オモリを水深や潮流の速さに応じて使います。

釣り方
釣り方は非常に簡単で、胴突きにエサを付けてゴンズイが潜んでいそうな足元付近に落として待つだけ。ラインがピンと張った状態にして置き竿でアタリを待つのも構いませんし、アタリがなければ岸際を移動しながら仕掛けをゆっくり引いて探り歩くのも良い。

 

ゴンズイの飼い方

飼育下でも観察できるゴンズイ球が可愛らしいのでゴンズイの幼魚を複数で飼育してみるのも面白い。
海水魚なので人工海水の用意や水面が必要だったり、夏場の高水温対策に水槽用クーラーも購入しないといけないので費用がかかる。

〈必要な飼育機材〉
・水槽
・フィルター
・人工海水
・比重計
・濾過バクテリアの素
・サンゴ砂
・土管などの隠れ家

水質
ゴンズイの飼育に適した水質は水温18〜24度、PH8〜8.5のアルカリ性、比重1.022〜1.028の間になります。
比重とは水に含まれる塩分濃度の数値で、比重計と呼ばれる装置で測ることができます。
人工海水を水に溶かす際は比重計で塩分濃度を測りながら適切な比重になるように海水を作りましょう。
蒸発すると飼育水の塩分濃度が濃くなるので水槽の塩分濃度は時々測るようにしてください。

水槽の立ち上げ
ゴンズイを水槽に導入する1〜2週間くらい前に水槽を立ち上げ(セッティング)しておく必要があります。
立ち上げ初期の水槽内には水を綺麗にしてくれるバクテリアが居ないので、フィルターのろ材にバクテリアを定着させておかないといけません。
立ち上げたはがりの水槽にゴンズイを入れると濾過が機能していないので水が白く濁ったり、餌や糞から発生するアンモニアが溜まって魚が死んでしまいます。

そこで人工海水を作りフィルターの電源を入れたら市販のバクテリアの素を投入して1〜2週間水を回し、バクテリアがろ材に定着するのを待ちましょう。
この時釣り場から組んできた海水も加えておくと、バクテリアの餌となる微量の有機物が含まれるので、より立ち上がりが早くなるので良いですね。ただし、海の濁りが強いようなら天然海水は使わない方が良いかもしれません。


ゴンズイの餌は海水魚用の沈下性の粒状フードを与えると良い。オキアミやイソメのような生餌は水を汚しやすいので不向きです。
給餌は夜に1回、軽くお腹が膨らむ程度に与えるとよい。

水換え
水槽内にはバクテリアがフンやアンモニア分解した最後に発生する硝酸塩が蓄積するので、1〜2週間に1回は水換えを行い水槽外に排出しないといけません。水換えをする際は1/2〜1/3の量が入れ替わるようにします。