【ダイソールアー】ジグロックでライトショアジング|使い方・注意点を紹介、釣果、青物

ジグロックは100円均一の大手「ダイソー」で販売しているメタルジグで、通称100円ルアーと呼ばれる商品の一つです。ショアジギング初心者や根掛かりの多い場所、傷つき易い環境でも気にせず使えるのがメリットです。今回はダイソーのジグロックをショアジギングで使用してみたので、特徴と使い方、釣果をご紹介します。

ダイソー・ジグロックの特徴

ジグロック ダイソー メタルジグジグロック メタルジグ ダイソー
ジグロックは税抜き価格100円で購入できるダイソーのメタルジグです。非常に安価なので釣り初心者や根掛かりが多いポイント、サゴシのような歯が鋭い魚に対して使い切りと割り切って使うのにおすすめ。
付属品はリアのトレブルフックとラインアイに付いているソリッドリングです。ただし、ソリッドリングは細くて柔らかく頼りないので、交換するか使用せず直接アイにリーダーを結んだ方が良いですよ。下記で記載すますがフックも非常に弱く強度と耐久性は皆無なので交換必須です。
ソリッドリングとアシストフックを購入して取り付けるとより釣果が得られますよ。筆者はジグパラショート30〜40gのアシストフックとリアフックを移植して使っています。

ライトショアジングでジグロックを使ってみた

江の島 裏磯 イナダ ワカシ
ジグロックを使用しライトショアジングでワカシ〜イナダ、サバを釣ってみました。ジグロックのアクションは申し分なく、高速リトリーブ(ただ巻き)でもしっかりボディ後部を振って泳ぎますが、ジグパラショートと比較すると左右の振り幅は小さいですね。ジャークを加えた際のアクションもスライド幅が小さく控えめかも。

普通に釣れます

ジグロック ダイソー ショアジギング イナダ ハマチ
イナダ/ハマチ、サバのような青物なら、ただ巻き、ワンピッチジャークで使っていれば特に遜色なくヒットしてきます。ショアジギング初心者でも簡単に釣れたので、ジグロックが釣れるメタルジグであるのは間違いないでしょう。

フックの強度は最低


ダイソールアーあるある、トレブルフックが弱すぎて直ぐに折れる。ジグロックも例外なくトレブルフックが弱すぎます。紹介しから1時間と持たず、イナダがヒットするとポキッと折れてしまいました。40cm程度の青物2匹目のヒットでフックが折れてしまうのは弱すぎでしょう。フックは釣行中にサビ始めるレベルの粗悪品なので、真面目に釣るならフックだけは有名メーカーの物に交換するべきです。リアフックは外してアシストフックのみ購入し取り付けるかは使用者の好み次第ですが、とにかく付属品のフックは捨てましょう。
ダイソールアーのフックを交換せずに使うと、大抵大物がヒットした時に折れてしまい悔しい思いをしますよ..

 

もう少しお金を出せば本当に釣れるメタルジグが手に入る..
ジグパラショート ワカシ2020 江ノ島 裏磯 釣果 ワカシ ショゴ
少しお金を出して、もっと釣れるメタルジグが欲しいなら、個人的にはジグパラショートが最もおすすめ。600〜800円くらいはしますが、トレブルフックとアシストフック、スプリットリング、ソリッドリングも付属しているので十分お買い得です。なにより釣果が非常に良く、ジグパラショートを使ってボウズだったことは5〜6釣行に1回しかありません。安くて本当に釣れるメタルジグですよ。

【メール便可】メジャークラフト ジグパラ 30g

Amazonでメジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ ショートを調べる

こちらの記事もおすすめ
●ライトショアジング入門|タックル、ルアー、釣り方を解説
●ショアジギングにおすすめのメタルジグ15選|本当に釣れるジグ