カタクチイワシの特徴と釣り方|仕掛け、釣れる次期、場所、食べ方

カタクチイワシ 釣り

カタクチイワシはセグロイワシとも呼ばれる小型の回遊魚で、上顎と比べて下顎が短く開くのも下顎だけなので「カタクチ・片口」イワシと呼ばれる由良となったとされる。
カタクチイワシは春から初夏にかけて群れで沿岸に回遊してくるので、堤防・波止や漁港などからサビキ釣りで簡単に釣ることができる。ファミリーフィッシングで手軽に沢山釣れる定番の魚として大人気だ。

海の魚大図鑑 釣りが、魚が、海が、もっと楽しくなる [ 石川皓章 ]

カタクチイワシの特徴

カタクチイワシ 釣り
カタクチイワシ(セグロイワシ)はニシン目カタクチイワシ科カタクチイワシ属、全長10cm前後まで成長する小型のイワシです。
形態は上顎が長く下顎が短い。下顎は小さいがエラ蓋まで横に大きく広が形で開閉するため、見た目に反して口がかなり大きく開き効率よくプランクトンを摂取できる。頭の大きさに対して非常に目が大きいのも特徴的。
体色は背中が黒っぽい青緑色で他は銀色の鱗が覆っている。鱗は見る角度によって虹色に輝き美しいが、触ると簡単に剥がれ落ちてしまう。クーラーに放り込むと暴れて勝手にツルツルになる程剥がれやすいので調理する際の下処理はとても簡単だ。

カタクチイワシは回遊魚であり沿岸の表層を群れで回遊している。沿岸性が強く大抵は岸の近くを回遊しているが稀に沖合でもその姿が見られる。
主な分布は北海道から九州地方の太平洋・日本海・東シナ海。
産卵は通年行われるが最盛期は春と秋で一回の産卵で1〜6万個の卵が水中にばら撒かれる。卵は水中を漂いながら孵化をまち、孵化した稚魚は生後約6ヶ月から1年で成熟する。寿命は2年程度とされている。表層を漂う動物プランクトンを主食としている。

イワシの代表的

ちなみに日本で「イワシ」と言うと主に「マイワシ」「カタクチイワシ」「ウルメイワシ」の3種類を指す。このことから水産資源としてのカタクチイワシの重要性が良くわかる。
カタクチイワシは鮮魚(生魚)で流通することは少なく、代表的な加工品として煮干し、幼魚はシラスとして販売されている。

カタクチイワシは釣り人に人気

カタクチイワシ 釣り
カタクチイワシは釣り人にとっても重要性の高い魚です。サビキ釣りで沢山釣れるのでファミリーフィッシングのターゲットとして人気ですし、カタクチイワシが接岸するとヒラメや青物、シーバスと言った肉食魚(フィッシュイーター)も集まってくるため、カタクチイワシが釣れる釣り場にはルアーフィッシングを楽しむ釣り人も沢山集まります。
砂浜ではフィッシュイーターに追われたカタクチイワシが打ち上がる光景が見られますよ。

 

カタクチイワシの釣り方

カタクチイワシの主な釣り方はサビキ釣りで、普通のサビキ釣りとウキサビキ釣りの2種類の釣り方で楽しめる。

サビキ釣り

カタクチイワシ サビキ釣り
カタクチイワシを釣るならサビキ釣りは定番の釣り方。サビキ釣りは餌つけも不用で釣り方も簡単。釣りが初めての人や女性、子供でも手軽に楽しめますよ。
カタクチイワシが沢山回遊しているなら、サビキ釣りで5〜6匹のカタクチイワシを1度に釣り上げることもできるので、あえて多点がけを狙うのも楽しいですね。

サビキ釣りに必要な道具

・釣竿(3〜5.5m):磯竿や万能竿、ルアーロッドなど
・リール:小型スピニングリール
・道糸(ライン):2〜3号
・サビキ仕掛け
・サビキカゴ
・オモリ:2〜3号のナス型オモリ
・アミコマセ

・水汲みバケツ
・スプーン
・ナイフ
・魚掴み
・タオル
・クーラーボックス
・氷

釣竿
サビキ釣りで釣竿の長さのおすすめは3〜5.5mです。短いコンパクトロッドも使えるんですけど、岸壁ギリギリを回遊していると限らないし、柵の向こうや足元に出っ張りがあると使い難いですよ。短くても3m以上の釣竿を使いましょう。

リール
釣竿に合った小型スピニングリールで大丈夫。2〜3号のラインを巻いておけば十分使えます。リールサイズとラインの太さはあまり拘らなくてもカタクチイワシのサビキ釣りでは支障無いかと思います。

サビキ仕掛け

カタクチイワシを釣るなら出来るだけ針が小さいサビキ仕掛けを使いましょう。針のサイズが2〜5号、ハリスが0.6〜1.5号くらいの仕掛けがイワシ釣りに向いています。商品名だと豆アジ用や小物釣り用と記載されているサビキ仕掛けになりますね。アミコマセのアミエビと同じくらいのサイズのサビキ仕掛けと考えれば良いとは思います。
目が付いているリアルなサビキ仕掛けはやや割高でもより沢山釣れますよ。

トリックサビキ
トリックサビキとは針にアミエビを引っ掛けて使うために作られたサビキ仕掛けで、専用の餌付け器を使いサビキ針にアミコマセを引っ掛けて使います。カタクチイワシのサビキ釣りで手間のかかるトリックサビキを使う必要は無いと思いますが、豆アジも釣りたいならトリックサビキの方が釣果は良いですね。

オモリ
水面付近を狙うので3〜5号の軽いオモリを使いましょう。形はナス型オモリと呼ばれる滴型のオモリが定番です。
下カゴに取り付けるタイプのサビキカゴなら、大抵は底面に平たいオモリが付いています。

アミコマセ

アミコマセはカタクチイワシを集めるための撒き餌です。アミエビと呼ばれる動物プランクトンを冷凍ブロックや真空パックにした物が釣具店で販売されています。
冷凍ブロックは割安ですが解凍が必要で、真空パックのタイプは解凍不用で常温保存ができますが割高になります。
サビキ釣りに必要なアミコマセの量は半日で1人2kgほど。アミコマセのブロックだと1kgか2kgで販売しているので、2kgのブロックを購入すれば良いでしょう。
沢山撒きすぎると早くなるので撒きすぎに注意して下さいね。意外と少量でもイワシは群がってきますよ。

その他
釣りの必需品である水汲みバケツやハサミ、プライヤー、タオル、クーラーボックス・氷、サビキカゴにアミコマセを入れるスプーン、手でコマセを撒くならヒシャクも忘れずに用意して下さい。

釣り方
サビキ釣りの釣り方は凄く簡単。サビキカゴにアミコマセを詰めて仕掛けを投入、大抵カタクチイワシは水面付近を泳いでいるのでサビキ仕掛けが見える水深で仕掛けを止めて、竿を上下に2〜3回、サビキ仕掛けの長さと同じくらいの幅でシャクってコマセを撒きます。
すると魚が集まってきてサビキ仕掛けに食いつくので数匹食いついたところで回収して下さい。イワシが沢山居るなら全ての針にイワシを掛ける鯉のぼり状態を目指してみるのも面白いですね。

(F1)誰でも簡単!サビキ釣り入門セット [270]

ウキサビキ釣り


ウキサビキ釣りはサビキ仕掛けにウキが付いた物で、数十メートル沖のポイントも狙うことが出来る。
すでにサビキ釣りに使えるスピニングタックルを持っているなら、ウキとウキ止め、シモリ玉を購入すればウキサビキ釣りが可能。

プラスチック製のウキなら数百円で販売しているので、ウキの他にウキ留めゴムをかウキ止め糸、シモリ玉を購入する。もしウキにラインとウキを繋ぐ誘導スイベルというパーツが付いていないなら別途購入して下さい。
シモリ玉はウキ止めゴムを使用する固定ウキ仕掛けなら必要ない。シモリ玉には穴のサイズに違いがあるので、必ずラインの太さに合った物を購入しましょう。

注意点
注意点として中央の幹糸が細いサビキ仕掛けを使ってしまうと、仕掛けを投げた際にオモリの負荷に耐えきれず切れてしまうことがあり大変危険。
サビキ仕掛けは必ず幹糸が3〜4号以上の物を選びたい。ちなみに幹糸が3号のサビキ仕掛けなら3号のオモリに十分耐えられます。幹糸の太さと投げられる重さの号数は同じと考えておけば、仕掛けが劣化していない限り事故は起こらないでしょう。

ウキサビキ釣りの仕掛けは「ウキ止め→シモリ玉→ウキ→カゴ(上カゴの場合)→サビキ仕掛け→サビキカゴ(下カゴの場合)→オモリ」の順番になるように組み合わせます。

釣り方は仕掛けを投げ入れて竿をシャクリ、コマセを撒くところまで一緒で、あとはウキにアタリが出るまで仕掛けを流します。
だいたい1分もするとコマセがカゴから出て無くなるので、ウキサビキ釣りでは手返しよく仕掛けを入れ換えた方が釣果に結びつきますよ。
他人の釣り人の邪魔になるほどウキを流さないように注意して下さいね。

釣ったカタクチイワシの保存方法

イワシ類は傷むのが早いので釣り上げたカタクチイワシは直ぐに氷水が入ったクーラーボックスに入れましょう。水がないとなかなか深部まで冷えませんよ。直接クーラーボックスに入れなくないならビニール袋に入れて水に沈めても構いません。
保冷が不十分だとヒスタミンが生成されて食中毒を起こす可能性がありますよ。

カタクチイワシの食べ方

カタクチイワシは鱗と内臓を取り除けば様々な料理で食べられる。唐揚げやフライ、天ぷら、刺身、酢漬けなどが定番の食べ方でしょうか。
食べ飽きたり大量にあるならツミレのように団子にして汁物に入れて食べるのもおすすめ。同じ要領でイワシハンバーグなんかも作れますよ。