富田浜と大間磯の釣り場とポイント|釣れる魚、投げ釣り、青物、チヌ、アオリイカ

富田浜 釣り場

富田浜は和歌山県白浜町にある全長1kmほどの海岸(サーフ)の釣り場で、ショアジギングやライトルアーでツバスやハマチ、ソウダガツオと言った青物やヒラメ、マゴチ、メッキを釣ることができる他、投げ釣りでシロギス(キス)釣りも楽しめる釣り場です。
大間磯ではチヌやグレ、イガミを磯釣りで狙えます。磯付近では春と秋にアオリイカも釣るので、エギングやヤエン釣りもおすすめですよ。サーフと磯、川の河口が合わさった釣り場のため釣れる魚種が豊富なポイントです。

注意点として富田浜には駐車場と呼べる場所はなく、道路から海へ繋がる道に数台分の駐車スペースがある程度。車で砂浜まで入ることもできないので、邪魔にならない場所に路駐するしかありません。近隣の迷惑にならないように、駐車禁止など標識や看板がないかよく確認して駐車しましょう。

富田浜と大間磯の釣り場

富田浜 大間磯 釣り場
【所在地】
和歌山県白浜町中94 富田浜

【釣れる魚】
シロギス、ハゼ、ヒラメ、マゴチ、ガシラ
シーバス(スズキ)、チヌ(クロダイ)、グレ
サバ、ツバス、ハマチ、メジロ、ソウダガツオ、シイラ

初夏から秋にかけてツバスやハマチが釣れるため、ライトショアジギングで青物を釣りに来る釣り人も多い。たまに60cm以上あるメジロ(ワラサ)の釣果も上がっている夢のある釣り場ですよ。ヒラメとマゴチもルアーフィッシングで釣れますし、富田川の河口はシーバス釣りのポイントです。
シロギスも釣れる実績ポイントなので、投げ釣り/キス釣りにもおすすめ。

駐車スペース

富田浜 駐車場 駐車スペース
富田浜には駐車場が無いので、基本的には富田浜沿いの道から海へ繋がる道にある駐車スペースに車を止める人が多い。あまり混雑する釣り場では無いので土日祝日以外なら駐車できるはずです。

A.富田浜

富田浜 釣り場富田浜 釣り場
富田浜は富田川河口から西側、大間磯の間に広がる全長1kmほどあるサーフの釣り場です。海岸の波打ち際は砂利浜になっていますが、細かい砂利ですし傾斜も緩く釣りやすい環境になっています。
中央から大間磯側にかけて40mほど沖に磯から続く根が入っており、カゴ釣りでチヌやグレ、青物が釣れる。夏から秋にかけてサヨリの回遊も豊富で、ウキ釣りでのサヨリ釣りも人気です。
投げ釣りやルアーフィッシングをする人は注意が必要であるが、根の周りに魚が集まりやすいので上手く狙えれば釣果が得られるかも。

B.大間磯

富田浜 大間磯 釣り場大間磯 釣り場大間磯 富田浜 釣り場
大間磯は富田浜の西側・左端にある磯の釣り場で、3つ又に分かれた磯には左側から「吉田釣り場」「オイマ」「ゴジューエベ」と名前が付いています。
大間磯で釣れる主な魚はチヌ、グレ、イガミ、イシダイ、アオリイカです。カゴ釣りやルアーで青物も狙えます。本格的な磯釣り・ウキフカセ釣りが手軽に楽しめることから磯釣り初心者にもおすすめですね。

吉田釣り場
大間磯の1番左端・富田浜側にある磯の釣り場。足場が広く西からの風に強く波を被りにくい。足元から水深があるのでウキフカセ釣りにおすすめ。
青物も釣れるのでライトショアジギングやカゴ釣りにも可能であるが、かなり沖まで海底に根が入っているので根掛かりには注意しよう。

オイマ
大間磯 オイマ
オイマは大間磯の中央に位置する釣り場です。左右をゴジューエベと吉田釣り場に挟まれる形となるため、波風の影響を受けにくいメリットがあります。足場がやや低い割には波の影響も受け難く、ウキフカセ釣りで釣りやすい環境になっています。
デメリットは仕掛けを投げる釣りをする場合、先端から沖方向にしか投げられない事くらいでしょうか。

ゴジューエベ
大間磯 釣り場 ゴジューエベ
大間磯 ゴジューエベ
ゴジューエベは大間磯の右端にある釣り場で、右手の沖には「舟流島」と呼ばれる島のような磯が見える。ウキフカセ釣りでチヌ、グレ、イガミが釣れる他、根魚のガシラも釣れるようです。ゴジューエベの右側は足元から根がキツいので根掛かりに注意が必要です。初心者にはやや釣りにくいポイントかもしれません。
足場は高いものの北西風に弱く、風が強い冬場は波を被りやすい。

富田川河口

富田川 富田浜 釣り場
水深は浅いものの本流と対岸の磯付近を狙うとシーバスが釣れるポイント。シーバスは沖に根が有るポイントも多いからかサーフから沖に投げても釣れるそう。

 

おすすめの釣り方

ライトショアジギング


ライトショアジギングは若者に人気のルアーフィッシングで、メタルジグと呼ばれる金属製のルアーを使用して青物を釣ることができる。富田浜ならツバスやハマチ、ソウダガツオがメインターゲットなので、30〜40gのメタルジグと、長さが9フィート以上のシーバスタックルがあれば十分釣りになる。
シーズン初期ならスーパーライトジギングも楽しめるし、同じライトタックルでメッキを釣るのもおすすめ。

ライトショアジギングを詳しく知りたい方は↓の記事をご覧下さい。
●ライトショアジギング入門|タックル、ルアー、釣り方を解説

ちょい投げつり

ちょい投げ 投げ釣り
ちょい投げとは「投げ釣り」のライト版で、3〜10号くらいの軽い仕掛けを軽く投げ入れて、岸から近い場所の海底に生息している魚を釣る釣り方です。 仕掛けの準備や釣り方は海釣りの中で最も簡単です。餌にイソメ(ゴカイ)を使用するので女性の方は苦手かもしれません。 近年、パワーイソメなど人工餌も販売されているので、イソメが苦手な人でもちょい投げ釣りを楽しめますよ!

《必要な道具》
【釣竿/ロッド】
1.8〜2.7mくらいのコンパクトロッド、万能竿、ルアーロッドなど、オモリが投げられるロッドなら大抵の釣竿が使用出来る。

【リール】
ナイロンラインの3〜4号か、PEラインの1〜2号を100〜150mほど巻いた小型スピニングリールを使用。 ラインが太いと受ける水の抵抗が増え、仕掛けが潮流で流されやすくなってしまいます。

【仕掛け/天秤】
投げ釣りには仕掛けの絡みを防止する「天秤」を使用します。 天秤は主に「L型天秤」と「ジェット天秤」が使用されます。 L型天秤は最も一般的に使用される天秤で、多少潮流が早くても仕掛けが流されにくいのが特徴。
ジェット天秤は仕掛けの回収時に浮き上がりやすく、足元付近に根が有る場所では根掛かりを回避することができますが、その反面潮流が早いとコロコロと転がるため仕掛けが流されやすい。

●オモリの号数
オモリの号数は道糸が3号なら3〜10号くらいまで使えますが、ちょい投げでは思いっ切り振り切って投げると道糸が切れる可能性もあるので、あくまでちょいと投げる程度にしておきましょう。

【投げ釣りの仕掛け】
投げ釣りは対象となるキスやハゼなどの魚が吸い込みやすい流線鈎で、2〜3本鈎の仕掛けが主流。 仕掛けには鈎のサイズが記載されているので、小さい仕掛けと大きい仕掛けを用意しておけば、キスやハゼから大きなイシモチ、カレイなどに対応することが出来ます。

【餌】
投げ釣りで使用される餌だとイソメ(虫エサ)がお馴染みですが、虫餌も種類があり動き、匂い、大きさと特長が違うので、うまく使い分ける事が釣果を伸ばすコツですね。

・アオイソメ
最もポピュラーなイソメ(虫エサ)で価格も比較的安価。あらゆり魚を釣る事ができる。アオイソメは生物発光すると言われており、夜釣りの餌としても向いている。

・イワイソメ
投げ釣りからウキ釣りまで幅広く使える大物狙いに使われるエサ。匂いが強く魚を引き寄せる。 アオイソメとは味が違うらしく、使い分けで釣果に違いが現れる。アオイソメとイワイソメを交互に鈎に付けて使う使い方もある。良く釣れるエサを探す場合に有効。

・ジャリメ(イシゴカイ)
細身の虫エサで、シロギスの数釣りに適していると言われる虫エサ。特にピンギスと呼ばれる小型のシロギスに有効な餌だ。

・コガネムシ
コガネムシとイワイソメはカレイ釣りで定番の虫エサ。身が柔らかく遠投には向かない。

・人工餌
虫エサが苦手な人には魚が好きな匂いを出す素材で人工的に作られた餌がおすすめ。

【石粉】
イソメに塗すと滑り難くなり掴みやすくなるアイテム。

【竿立て/三脚】
ちょい投げで置き竿にするなら竿立てが必須。釣竿は斜め45°くらいに設置しないと魚のアタリが分かりません。 必ず三脚や竿受けに設置しましょう。

〈釣り方〉
餌はハゼ、キス、イシモチが狙いであればイソメを鈎に刺して、垂らしが1〜2cmくらいになるようにカットする。カレイが狙いならイソメを3匹くらい切らずに総掛けにする。 仕掛けを投げ入れ着底したら、糸フケ(タルミ)を巻き取り、道糸が出来るだけ真っ直ぐ張るようにします。タルミがあると魚が魚がヒットしたり餌を突っついても、なかなか竿にアタリが出ません。

・沢山釣るなら手持ちが1番!
ハゼやキス、イシモチを沢山釣りたいなら、置き竿にせず手持ちで釣るのが1番。 仕掛けを動かすことが重要で、投げ入れたらだけでは、その場所に魚が居なければお終いです。なのでちょい投げ釣りでは竿やリールを使い、ゆっくりと仕掛けを移動させて魚の居場所を探します。
竿で仕掛けを引っ張り動かす場合は、竿を手に持ち海側へ45°に傾け、3〜5秒かけてゆっくりと90°まで起こします。後は糸フケだけ回収しながら45°まで戻し繰り返すだけです。 リールで仕掛けを動かす場合は、ハンドルを3〜4秒で1回転くらいのペースで回して下さい。

・沢山釣るためのポイント
魚は真っ平らな海底の場所には少なく、岩やヨブ、駆け上がりと言った、海底に地形の変化がある場所に集まる習性があります。 釣れるポイントは仕掛けを引いてくると、仕掛けが急に重くなる場所があるはずなので、その場所には魚がいる可能性が高いです。 仕掛けが重くなったら、少し動かさずに待ってみたり、置き竿にしてみるのも良いでしょう。
ちょい投げでは闇雲に投げ入れて放 運任せにせず、魚を探して釣る事が釣果を上げるためには重要ですよ!。

釣り竿 投げ 投げ竿 投げ釣りプロマリン わくわくちょい投げセットDX 240cm売れ筋

 

Amazonでチョイ投げセット を調べる