コブラグラスの育て方|照明・CO2・肥料・砂・増殖・トリミング・育成

コブラグラス 水上葉 育成 育て方

コブラグラスは名前のように蛇のコブラが首を持ち上げた状態に見える葉が特徴的な水草です。葉が根本から生えるロゼット型の水草で、レイアウトでは前景草として活用されています。
コブラグラスは成長速度が遅く葉が硬いためコケに注意が必要です。ヒゲ苔や糸状コケ対策にヤマトヌマエビやサイヤミーズを入れて対策しましょう。

コブラグラスの育て方

コブラグラス 育て方 育成
学名:Lilaeopsis novae-zelandiaeLilaeopsis ruthiana
分布:ニュージーランド
用途:前景
光:強め
水質:
水温:24~28℃
PH:5.5~7.0
肥料:低床肥料をメインに与える
普通Co2:無くても問題ないがCo2が有った方が育成しやすい
底砂: ソイル、大磯砂、川砂など

コブラグラスはカールする緑色の葉を展開するロゼット型の水草です。レイアウトでは前景草として利用されますが、近年エキノドルス・テネルスやグロッソスティグマ、ヘアーグラスなどの人気が高くなり、あまり本格的な水草レイアウトでコブラグラスを見かける事が少なくなりました。

育成自体は難しい事は無く、やや強目の照明と低床の肥料さえ確保できればCO2やソイルが無くても飼育が可能です。コブラグラスは根から給餌する肥料分の割合が多いので、ソイル・大磯砂に関わらずコブラグラスを植える場所には予め固形肥料を埋めておきましょう。

水上葉

コブラグラス 水上葉 育成 育て方
コブラグラスは水上葉の状態で販売されている事も多くポット入りは水上葉の可能性が高い。水上葉と水中葉は見た目が同じですが水上葉の方が葉が硬く僅かに色が濃い印象を受けます。
水中葉への移行は特に難しくなく、コブラグラスの水中葉が普通に育成できる環境が用意出来ていれば問題無く水中化するでしょう。外見も水中葉とあまり差が無いので、直ぐにレイアウトに使っても違和感はありません。

(水草)コブラグラス モーリシャス(水上葉)(無農薬)(1束分)

Amazonで(水草)コブラグラス(水上葉)(無農薬)(1束)を調べる

照明・光量

水草水槽 LEDライト
コブラグラスは草丈が低いので、育成には強目の照明を使用しましょう。60cm水槽で蛍光灯3灯、LEDなら2本以上の光量が必要です。蛍光灯2灯でも枯れたりはしませんが、照明が弱いと成長が遅くなったり、なかなか数も増えずコケに悩まされやすくなります。 成長速度を早めたり沢山増やしたいならCO2も添加した方が良いですね。

CO2フルセット チャームオリジナル コンパクトレギュレーター Aセット(6mm対応) 沖縄別途送料 関東当日便

AmazonですフルセットCO2レギュレーターR4000-LSを調べる

植え方

コブラグラス 水草レイアウト 育成
コブラグラスはいったん増え始めると横方向にランナーを伸ばして直ぐに密度が高くなるので、植える際は数本を纏めて、3cmは間隔を空けて植えましょう。

増殖・増やし方

コブラグラス 増殖 育て方
コブラグラスはランナーと呼ばれる茎が変化した地下茎を伸ばし、ランナーの先に先に子株を付けます。
一度ランナーを出し始めると、次々と親株と子株が数珠繋ぎになりながら増えていきます。
沢山増やしたいなら強い光とCO2の添加が有効です。

トリミング

コケが生えたり枯れた葉、大きくなり過ぎた葉をトリミングしたり、余計な株を間引いたりする必要があります。
特にランナーがあちこちに伸びてしまい、他の水草が植えてあるエリアに侵入すると絡まって大変なので、早めに子株を引き抜いてランナーの向きを変えるかランナーの先端をカットしてしまおう。

コケ対策

コブラグラスはグロッソスティグマなど他の前景草と比べると成長速度が遅いので、ヒゲゴケなどコケが生えやすい。
ヤマトヌマエビやサイアミーズフライングフォックスなどのコケ取り生体で対策しよう。
水草を育成していると、茶コケや髭ゴケなどの「コケ」や「油膜」などが発生します。コケや油膜はフィルターでは除去できないので、メンテナンスフィッシュと呼ばれるコケを食べる魚や、エビを活用して予防と対策を行いましょう。

オトシンクルス
オトシンクルスは水草の葉やガラス面、石に生える茶コケを除去してくれる、茶コケ対策の定番魚です。ほとんどの水草水槽に投入されているクリーナーフィッシュの代表ですね。
発生初期の柔らかい緑ゴケも多少は食べてくれます。

サイアミーズ フライングフォックス
サイアミーズ フライングフォックスは茶コケ、糸状ゴケ、髭ゴケなど、様々なコケを除去してくれる人気のメンテナンスフィッシュです。
オトシンクルスとサイアミーズ フライングフォックス、ヌマエビが居ればコケ対策は万全と言って良いでしょう。

ヤマトヌマエビ
ヤマトヌマエビは大きめのヌマエビで、水草の葉や石、流木に生えた糸状ゴケや茶ゴケのコケ取り能力が高い。特に糸状のコケの除去に役立ちます。コケの除去能力が高い変わりに、柔らかい葉の水草の新芽をむしって食べてしまうことがあります。
ヤマトヌマエビ卵は汽水で孵化するので、水槽内での自然繁殖はできません。

ミナミヌマエビ
ヤマトヌマエビより一回り小型のヌマエビ。コケ取り能力はヤマトヌマエビに及びませんが、柔らかい葉の水草が植えてある水槽でも使いやすい。ミナミヌマエビはヤマトヌマエビとは違い淡水でも繁殖します。隠れ家が十分にある水草水槽では、自然に増えた稚エビの姿が見られることもあります。

石巻貝
石巻貝はガラス面や石に生えた茶コケや緑コケを掃除してくれる貝の仲間。殻に含まれるカルシウムにより硬度を上げてしまうため、軟水を好む水草水槽での使用には不向きです。PHが低い水槽では殻が溶けてしまうため、あまり長生きしない。
白く硬い卵を生みますが、汽水でしか孵化しないため、スネールのように勝手に増殖する心配はありません。石や流木に産み付けられた、硬い卵の除去が大変です。
近年、デメリットのない優秀なメンテナンスフィッシュが増えたので、石巻貝の手番は少なくなりました。