小アジ専科リアルアミエビの特徴・インプレ|アジやイワシ、小サバ釣りにおすすめ、サビキ仕掛け

小アジ専科リアルアミエビ サビキ仕掛け

小アジ専科リアルアミエビ サビキ仕掛け
ハヤブサの小アジ専科リアルアミエビは少しお高い高価なサビキ仕掛けですが、サビキ針は本物のアミエビにそっくりで、小アジ(豆アジ)や小サバ、イワシ、サヨリ、メバルなどの小魚が良く釣れる人気のサビキ仕掛けです。全長は1.4mとやや長めなので磯竿での使用がおすすめですが、3m以上のルアーロッドやコンパクトロッドでも使えます。

小アジ専科リアルアミエビを使ってみた

豆アジ専科リアルアミエビ サビキ仕掛け
10cm以下の小アジ・豆アジを釣るならハリス0.6〜0.8号がおすすめ。使い方は普通のサビキ仕掛けと全く同じで、アミコマセの煙幕の中に小アジ専科が入るようにすれば良い。上下に軽く動かして誘ってみたり、落ちていくアミエビのスピードに合わせて落とし込んでナチュラルに見せるのもおすすめ。カゴは上カゴ・下カゴでも問題なく釣れますよ。オモリは軽い方が食いは良くなるので、流れがないなら1〜3号くらいの出来るだけ軽いオモリを使いましょう。サバなどパワーのある魚が複数ヒットする場合はオモリが軽いと絡まってしまうので要注意。沢山釣れる日は重めのオモリに変えると良い。

足元付近で釣れない時はウキと組み合わせて小アジ専科リアルアミエビは基本的に足元狙いで使用しますが、幹糸3号タイプなら号数と同じくらいの3〜5号程度のオモリを付けて投げても大丈夫。30〜40m沖を狙う近場を狙う下オモリ式のウキサビキ釣り(カゴサビキ釣り)でもおすすめ。

色々な魚が釣れる

豆アジ専科リアルアミエビ ハヤブサ
メバルカサゴ ガシラ サビキ釣り
小アジ専科はとにかく色々な魚が釣れる。ハリスが1.5号あれば20cmくらいの小サバまでなら幹糸が太いので数匹ヒットしても問題なし。だだし、針数が多いので、パワーのあるサバが複数ヒットすると絡まるので注意しよう。サバが良く釣れるときは半分にカットして使っても良いですね。4時間くらいで15〜18cm程度の小サバが16匹釣れました。周りと比べても数が釣れた感じがするので、価格に見合う釣果は期待できるはずですよ。春なら小メバルも良く釣れますし、ボトム(海底)を狙うとカサゴやベラも食いついてきます。

サビキ仕掛け選びに迷ったら小アジ専科がおすすめ


名前は小アジ専科と言っても、アミエビに集まって来る魚ならカタクチイワシからフグまでなんでも釣れるので、手軽に釣れる魚はなんでも釣る、釣り初心者やファミリーフィッシングにもおすすめ。色々な魚が回遊してくる5〜10月なら何かは釣れるでしょう。

デメリット

価格が300円以上とサビキ仕掛けにしてはやや高価。またサビキ針がリアルなため、フグが多い日は齧られてしまい針が無くなってしまいやすい。フグが騙されるくらいリアルってことなんでしょうけどね。

【まとめ】
サビキ仕掛け選びで迷ったら小アジ専科リアルアミエビを使ってみて下さい。多少お高くてもその分きっと釣れるはず!

【メール便可】ハヤブサ 小アジ専科 リアルアミエビ HS200