キューバパールグラスの育て方|前景草に人気!、水質、照明、CO2、砂、肥料、育成

キューバパールグラス 育成 育て方

キューバパールグラスは、有茎草としては前景草に使用される事が多い水草で、近年非常に人気の高い水草となっています。
前景を埋めるように綺麗に敷き詰めたレイアウトを作るなら、それなりに強い光とCO2の添加を添加し、ややKHが高めの水質を用意する必要がありますが、環境さえ整えれば育成は簡単です。石や流木にネットで撒いて固定したキューバパールグラスをエビの止まり木として使う人も見られます。

キューバパールグラスの育て方

キューバパールグラス 育成 育て方
学名: Hemianthus callitrichoidesHemi
分布: 北米
用途: 前景、中景
光: 強め
水温:24~28℃
PH:5.5~7.0
GH:5〜10
KH:5〜10
肥料:普通
Co2:有った方が育成しやすい
底砂:ソイル、大磯砂、川砂など

キューバパールグラスは小さな卵形の葉を付けるゴマノハ草科の水草で、上方向に成長する有茎草なのですが、十分な育成条件が合うと地を這うように斜めに茎を伸ばします。パールグラスより節間が短く葉のサイズも一回り小さいのが特徴です。圧迫感のない繊細な印象を受けるので30〜45cmの小型水槽でも使える水草ですね。

砂・肥料

キューバパールグラスは密生させると大量に肥料分を消費するので肥料切れには注意が必要。まずソイルを使用し固形の低床肥料も配置し、不足分を液体肥料で補うようにするのが良いでしょう。肥料が不足してくると新芽の葉が縮れたり白っぽくなる白化したり色が抜けて薄くなってしまいます。葉の白化にはカリウムと鉄分を含んだ肥料を添加します。

(水草)組織培養 キューバパールグラス(無農薬)(1カップ)

水質

キューバパールグラスは水質変化に弱いので安定した水質を維持できる環境を整えましょう。パールグラスの仲間だけあって多少硬度があった方が良く、ソイルで育てるなら枝サンゴをろ材に数粒混ぜておくと良い。

光・照明

キューバパールグラスの育成には強い光が必要で、前景で使う場合、間延びしないように育成するには60cm水槽でLED2灯、蛍光灯3灯が必要です。上方向にしか伸びないなら光量不足でしょう。LEDの中には水草の育成に波長が適していない製品もあるので評判の良いLEDライトを選びたい。

CO2

キューバパールグラスを広い面積に植えるなら、やはりCO2は必要になります。CO2が不足していると密度が高くなりにくかったり、色が薄くなる、コケに悩まされるなどして育成不良を起こしやすい。

CO2フルセット チャームオリジナル コンパクトレギュレーター Aセット(6mm対応) 沖縄別途送料 関東当日便

フルセットCO2レギュレーターR4000-LS

レイアウトでの使い方

キューバパールグラス 育成 育て方 水草レイアウト
キューバパールグラスは前景草として購入する人が多い水草です。もちろん弱目の光で育てるなら直立するので中景や後景のレイアウトに使う事も可能です。ただ、やはり光量が十分な水深まで伸びると横向きに育ってしまうので、あまり高さのある茂み作りには適していない。
前景で使用するならグロッソスティグマやリシアと組み合わせるのもおすすめ。明るいグリーンのコントラストが楽しめて美しい。
キューバパールグラスは必ずしも低床に植えなくても育成が可能なので、岩や流木にネットで巻きつけて使うのもおすすめですよ。

植え方

キューバパールグラス 植え方 育て方
キューバパールグラスを一本づつ植えていたら日が暮れてしまうので、写真のように適度な塊に分けて植え付ける。
浮きやすいので多少砂に埋まる部分が出るくらい深めに植え付けよう。植えつけて5日もすると根を張ってグングン成長し始める。

トリミング

キューバパールグラス 育成 育て方
前景で使うなら伸び広がるまであまりトリミングは必要無いが、上に伸びた葉や余計な場所に侵入した部分はトリミングしよう。
全体に広がると重なり合いながら厚みを増してくるので、あまりにも分厚くなってきたら根元から芝を刈るように一定の長さにトリミングするか、抜いて上直す必要があります。