グレイエンゼルの飼い方|大型ヤッコ、水槽サイズ、性格、混泳、餌、寿命、病気、飼育

グレイエンゼル 飼い方 飼育

グレイエンゼルは体高の高い体と、帆のように広がった広い背ビレと尻ビレが特徴的です。グレイと言う名前の通り全体的にグレーに近いの体色をしており、体に白い線状の模様が入る他、鱗の一つ一つの中央は黒くなる。胸鰭が黄色っぽくなるのも特徴ですね。幼魚はフレンチエンゼルと見分けが付かないほどそっくり。
グレイエンゼルは自然下で50cm以上に成長する大型の海水魚なので、120cm以上の大掛かりな飼育設備が必要になります。

グレイエンゼルの飼い方

グレイエンゼル 飼い方 飼育
分布:
全長:50cm以上
寿命:8〜10年以上
性格:やや気が強い
水槽:120×60cm以上
水温:23〜25℃
水質:8.0〜8.5PH
混泳:サンゴとの混泳は不可

グレイエンゼルは黒〜灰色の幅広い体に白い線が入った姿が目を引く大型の海水魚です。寿命も8年以上と長く人によく慣れるのでペット的に飼育したい魚ですね。
そのサイズやサンゴを齧る点などから海水魚メインの大きな水槽で飼育する事になります。
同種同士は激しく争うので他のヤッコやハギ類など中・大型海水魚と飼育するのがおすすめです。

幼魚

グレイエンゼルやフレンチエンゼルの幼魚は他の海水魚の体表をクリーニングする性質があり「クリーナーフィッシュ」と呼ばれる魚の一種ですが、幼魚は幼斑点が無くなり始めた頃からクリーニングしなくなります。

水槽

グレイエンゼル 飼育 飼い方
グレイエンゼルは飼育下でも40cm以上に成長するので、最低でも幅120×奥行き45cm以上の水質が必要です。
理想的には奥行き60cmですが、なかなか海水魚水槽でその水槽サイズを設置する人は少ないのが現状です。
掃除が簡単なように水槽に砂を敷かないベアタンクでの管理が基本になります。

エサ

キョーリン 海水魚 の餌 プロバイオティクス メガバイトグリーン M 50g 関東当日便

Amazonでヒカリ (Hikari) ひかりプレミアム メガバイトグリーンM を調べる
大型ヤッコ用と記載されている植物質を多く含んだ粒状の人工飼料を与えます。海藻類を好んで食べるので、海ブドウや海藻を与えると喜んでたべますよ。

混泳

グレイエンゼル ホンソメワケベラ 飼育 飼い方
やや気が強い性格なので混泳魚が逃げられるようにライブロックを組んであげよう。視界から消えればあまりしつこく追い回すことはありまはせん。混泳魚は大型ヤッコやハギ類など15cm以上に成長する魚がおすすめです。ライブロックさえ組めばデバスズメダイの群れやクマノミなど小魚との混泳も可能です。

グレイエンゼルはサンゴを齧って食べてしまうので基本的に一緒の水槽には入れられません。齧られるのは承知でミドリイシなどSPS水槽に入れてる人は稀にいますね。
ソフトコーラルやLPSは簡単に食いちぎられるので無理ですよ。

(海水魚)Bグレードライブロック S−Mサイズミックス(2kg)(形状お任せ) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

病気

幼魚のうちは輸送のストレスやスレにより白点病にかかることがある。体表に白い点々が現れたら悪化する前に魚病薬で治療しよう。