貝塚港の釣り場情報|駐車場有、チヌ、ハネ、アジ、タチウオ、貝塚市

貝塚港は貝塚市にある漁港の釣り場で、岸壁の一部が釣り人に解放されています。釣り場となる岸壁の右端には津田川の河口があり、シーバス(ハネ)やチヌの釣果が良いポイントです。初夏から秋はアジやイワシ、サバの回遊もあるのでサビキ釣りで手軽に釣ることができますよ。タコ釣り・オクトパッシングも可能。
直ぐ近くにコンビニ「ファミリーマート貝塚北店」もあるので利便性も高い。

海の魚大図鑑 釣りが、魚が、海が、もっと楽しくなる [ 石川皓章 ]

 

貝塚港の釣り場情報

貝塚港 貝塚市 釣り場
貝塚港の釣り場は阪神臨海線沿いの護岸と、釣り場の出入り口から左側にある短い護岸の2ヶ所になります
。駐車場はありませんが釣り場の岸壁に駐車できるので、釣り場へのアクセスも抜群です。貝塚港はゴミのポイ捨てが多い釣り場で、時々清掃活動も行われています。大阪は釣り禁止になる釣り場が増えているので、コマセで汚した釣り場の清掃、ゴミの持ち帰りを徹底して下さい。
飲み物や食事は丁度釣り場の裏にあるファミリーマート貝塚港北店を利用すると良い。

【所在地】
大阪府貝塚市 貝塚港

【貝塚港で釣れる魚】
シーバス・ハネ、チヌ、キチヌ・キビレ、タチウオ
アジ、イワシ、サバ、コノシロ、サヨリ、ガシラ、タコ

出入り口
貝塚港 釣り場 出入り口
釣り場となる貝塚港岸壁の出入り口は漁港の左端、阪神臨海線の高架を潜って直ぐの場所にある。入り口から直進すれば直ぐに高架沿いの護岸が見える。

岸壁

貝塚港 釣り場 貝塚市
貝塚港 釣り場 貝塚市貝塚市 貝塚港 釣り場
貝塚港の釣り場は漁港の左側手前にある船着場の護岸で、津田川の流れ込みから左端側面護岸の手前が釣れるポイントとなる。初夏から秋の時期ならサビキ釣りで手軽にアジやイワシ、コノシロ、サヨリが釣れる。
津田川河口はチヌやシーバス(ハネ)釣りのポイントで、チニング、ルアーシーバス、エビ撒き釣りで良い釣果が上がっている。
釣り場としては奥まった場所にあるが、水深は深いので10〜12月頃になるとタチウオも回遊してくる。回遊数としては他に最も釣れる釣り場は多いが普通に数本釣れる日もあるようだ。タコも釣れるのでテンヤ釣り、オクトパッシングで釣ると良いでしょう。
常夜灯もあるので夜釣りもしやすく、電気ウキを使用したタチウオのウキ釣りやアジングも可能。

釣り場のルールは変わる可能性があるので、現時点でのルールに従って釣りましょう。

世界一やさしい海釣り入門 最高においしい魚たちを最高に楽しく釣るための超入門 [ 西野弘章 ]

 

〈初心者におすすめの釣り方〉
サビキ釣り

サビキ釣りは堤防釣りで定番の釣り方です。サビキ釣りではアミコマセと呼ばれる撒き餌さを撒いて、集まって来た小魚を「サビキ仕掛け」と呼ばれる、アミエビそっくりなハリが複数付いた仕掛けに食い付かせて釣り上げる釣り方です。エサ付けが不要なことから、餌や釣り針を触るのが苦手な女性や子供にもおすすめ。サビキ釣りは海釣りでは定番の釣り方ですね。

【サビキ釣りで釣れる主な魚】
アジ、イワシ、サバ、コノシロ、カマス、ウミタナゴ、メバル メジナ、シマダイ、カワハギ

サビキ釣りに必要な道具
【タックル】
磯竿・万能竿・コンパクトロッドなど、長さが2m以上ある釣竿がおすすめ。

【リール】
ナイロンラインの2〜4号を巻いた小型のスピニングリール。 釣り具では釣竿・リール(道糸付き)のセット商品も販売していますよ。

【仕掛け・撒き餌】
サビキ仕掛け コマセカゴ オモリ アミコマセ(撒き餌)

●釣竿
経験談として、サビキ釣りに使用する釣竿は絶対に長い方が釣れます。 イワシやサバのような回遊している魚は護岸から少し離れた場所を泳いでいることが多いので、最低でも足下から2mくらい離れた場所が狙える全長2.5m以上の釣竿を使おう。3m以上の万能竿やコンパクトロッド、磯竿なら4.5〜5.3mの長さおすすめ。 2m未満のショートロッドと3m以上の長い竿では、状況によって釣果に雲泥の差がでる事も多いですよ。

●リール
2〜4号のナイロンラインを100m以上巻いた小型のスピニングリールを使用します。使用するリールはリーズナブルな物で良いので、釣具店でぶら下がっている物や、ワゴンに入っている通称「ワゴンリール」で構いません。

●道糸
堤防の足下狙いなら2〜3号の道糸のナイロンラインで大丈夫です。

●サビキ仕掛け
サビキ釣りでは、サビキ仕掛けの選択で釣果が決まると言っても良い。堤防の足下狙いなら鈎のサイズが1〜2号、ハリスが0.8〜1.5号の小さな鈎が付いた仕掛けがおすすめです。少し高価な「リアルアミ」などの名前が付いたアミエビにソックリな鈎が付いたサビキ仕掛けは凄く釣れますよ!。良いサビキ仕掛けはコマセを撒かなくても魚が通るとガンガン食いつきます!。

●サビキカゴ
サビキカゴと呼ばれるネットやプラスチックで作られたカゴをサビキ仕掛けの上か下に取り付けます。 基本的にはサビキの上に付けるタイプが無難でしょう。

●オモリ
足下狙いでは3〜6号くらいのナス型オモリを使用します。オモリはサビキ仕掛けの一番下にあるスナップに取り付けます。

●撒き餌(アミコマセ)
アミコマセには冷凍状態で販売されている「冷凍ブロック」と、解凍不要ですぐに使える「解凍不要」タイプの2種類が販売されています。

・冷凍アミコマセ
冷凍ブロックは解凍する必要があり、ドリップが出ますがg単価では安上がりです。

・解凍不要アミコマセ
常温で保管販売されている解凍不要のアミコマセ。 gあたりの価格は高くなるが、解凍することなく直ぐに使える便利な商品だ。家での保管でも冷凍庫にしまう必要がないし、リュックに入れておけば持ち出すのを忘れる心配もない。

【使用量の目安】
サビキ釣りで使用するアミコマセの量は、半日のつりで1人あたり2kgのアミコマセがあれば大丈夫でしょう。量が心配なら集魚剤を混ぜてカサ増しするか、解凍不要のアミコマセも持って行くのがおすすめです。 冷凍アミコマセを使用するならドリップを切るためのザルや、コマセと集魚剤と混ぜるバケツも用意しておきましょう。 ちなみに、アミコマセは時間が経つと臭くなるので、ゴミは密閉出来る容器に入れて持ち帰るのがおすすめ。

《サビキ釣りの釣り方》
①サビキ仕掛けを投入
まずアミコマセをサビキカゴに詰めたら、仕掛けを投入するポイントと上に持っていき、ベールを開けて道糸を出し垂直に投入する。 釣りたいタナまでサビキ仕掛けが落ちたら、リールのベールを戻して仕掛けの落下をストップします。

②コマセを撒く
竿を軽く上下に煽ってコマセカゴに入ったアミコマセをタナ撒きます。 コマセを撒いたら竿は動かさずに待つか、ゆっくり上下に30cmくらい動かして魚を誘います。

③アタリ
サビキ仕掛けに魚が食い付くと「ブルブル」と手元に魚のアタリが伝わってきます。あとはゆっくり巻き上げて魚を回収しましょう。イワシや小サバのように群れで居る魚は、アタリが出てから少し待って追食いさせ、周りに居る他の魚もめとめて釣るのも良いですね。 オモリが軽いと魚が暴れてサビキ仕掛けが絡まるので注意して下さい。時には欲張らないことも重要です。

【動画マニュアル付き】サビキ釣りセット 釣り具セット サビキ 海釣り セット サビキ釣り入門セット 初心者 TOISTAX 釣具よくばりセット 釣り竿 釣りセット