泉佐野食品コンビナートの釣り場情報|立ち入り禁止で釣り不可に、ドラム缶、テトラ帯、泉佐野市

泉佐野食品コンビナートは非常に広い釣り場で、通称「ドラム缶」と呼ばれる半円形の岸壁で釣りが楽しめるポイントでしたが、ほとんどの釣り場が「立ち入り禁止」に指定されてしまい、現在釣りができるポイントは非常に狭い範囲に限られてしまいました。それでも岸壁に不法に侵入して釣りをする釣り人やゴミのポイ捨て、違法駐車も後を立たず、悪質な釣り人が多い残念な釣り場になってしまいました。厳正な取り締まりをするべきでしょう。
以前はチヌやハネ、アジ、イワシ、ツバス、ハマチ、サゴシなどの青物やタチウオがよく釣れる人気のポイントでしたが残念ですね。

海の魚大図鑑 釣りが、魚が、海が、もっと楽しくなる [ 石川皓章 ]

 

泉佐野食品コンビナートの釣り場情報

泉佐野食品コンビナート 釣り場
泉佐野食品コンビナートでメインの釣り場だった「ドラム缶」と呼ばれるポイントと、外海に面する「テトラ帯」は全体が立ち入り禁止になり、実質的に泉佐野食品コンビナートは釣り禁止になったと言って良いでしょう。
ルールを守らず侵入している釣り人が未だに多数おり、「立ち入り禁止」の看板の真前で平気で釣っている人も居るほどです。日本語が読める人はルールを守りましょう。
現在釣りが可能なのはコンビナートの対岸・左側にある「佐野漁港」岸壁の一部だけです。佐野漁港のドラム缶も立ち入り禁止になっています。

ドラム缶(立ち入り禁止)

泉佐野食品コンビナート 釣り場 ドラム缶泉佐野食品コンビナート 釣り場 立ち入り禁止泉佐野食品コンビナート 釣り場 立ち入り禁止泉佐野食品コンビナート 立ち入り禁止 釣り場 
ドラム缶は泉佐野食品コンビナートの側面に半円形の護岸が並んだポイント。以前は釣りが出来たが、違法駐車により工場に出入りする車両の通行の邪魔になる、ゴミをポイ捨てするなどのトラブルが多発したため「立ち入り禁止」になってしまった。
立ち入り禁止にも関わらず平気で釣りをする民度の低い釣り人が居るが、看板の字が読めるならルールは守りましょう。
以前は水深もあるのでサバやツバス、ハマチ、タチウオなど回遊魚が釣れる人気の釣り場で、ショアジングやカゴ釣りが人気でした。サビキ釣りでアジ、サヨリ、カマス、コノシロなども釣れた。
チヌの落とし込み釣り・フカセ釣り、エビ撒き釣りでのハネ釣り、テンヤやタコエギによるタコ釣りと様々な釣りが楽しめた釣り場だけに残念である。

テトラ帯

泉佐野食品コンビナート テトラ帯 釣り場
テトラ帯に行くための岸壁角もフェンス閉鎖されており釣り場に入れなくなっている。一応、右手に伸びる護岸には立ち入り禁止の看板は無いので、ハシゴがあればテトラ帯は入れるのかもしれないが、駐車場禁止の看板もあるので釣りはしない方が賢明だろう。
大量の看板を見るからに根本的に釣り人を排除したいエリアなので、まともな神経なら釣りに行きたいとは思わないと思う。

マナーを守って釣りましょう

大阪はマナーの悪い釣り人が多く、メジャーな釣り場だとゴミのポイ捨ては当たり前です。立ち入り禁止となり事実上「釣り禁止」になるポイントが年々増えているので、現在釣りが出来ている釣り場が無くならないように、他人の敷地を「釣り場として使わせてもらっている」と言う事を意識して利用したいものです。