ショットバイパーM-210インプレ|真鯛、青物、アジ釣りまで万能に使える船竿!

東京湾 マダイ 一ノ瀬丸 ショットバイパー

ダイワのショットバイパーは対応魚種を限定しないダイワの最高級船竿で、特に20〜150号のオモリに対応するショットバイパーM-210は汎用性が非常に高く、青物・ワラサ(メジロ)やタイ、シマアジ、五目釣り色々な船釣りに対応します。関東の釣りなら大抵の釣り物はM-210で対応できますよ。
今回はショットバイパーM-210の特徴とイナダ・ワラサ、マダイ釣りで使用したインプレを紹介します。

ショットバイパーM-210の特徴・性能

ショットバイパー ダイワダイワ ショットバイパー
【メーカー解説】
操作・感度重視の釣りから、大物系の釣りまで高次元に対応する強靭・粘強ソリッドパワーマキシマム(SPM)ロッド。高密度グラスソリッドに3DX・X45といったダイワが誇る素材技術を惜しげもなく駆使したクロスを巻きつけ、しなやかな粘りで魚を食わせ、一旦魚が掛かると粘り強く曲がりこみバラシにくく、魚をコントロールする強靭パワーを備える。操作・感度重視の釣りから、大物系の釣りまで高次元に対応する強靭・粘強ソリッドパワーマキシマム(SPM)ロッド。汎用性の高い7:3先調子。
※M-225SMTは細身肉厚チューブラー

エアセンサーシート(パワー)

ダイワ ショットバイパー M-210
リールシートに最適な軽さと高剛性、高強度を追求したカーボン強化樹脂採用。両側ともサスのフードを採用しているので大型リールの取り付けも安心。
リールシートはジョイント式なので仕舞い寸法も168cmに押さえられ携帯性も高いですね。

グラスソリッド総糸巻き仕上げ

ダイワ ショットバイパー
ソリッドブランクスの上にグリップから穂先まで全て糸巻きを施し、これにより反発力を弱め、竿の戻りを緩やかにして食い込みやハネを減らして仕掛けの安定を促進。急な引きにも粘り強く対応し、素材を保護する。

■グリップテープ仕様
汚れやにおいがしみこみにくい仕様。

ゴールドIPガイド

ダイワ ショットバイパー
KWガイド(オールSiCリング)高級感のあるゴールドIP。金メッキ(緑の錆が出る)ではない錆にも強い最高級仕様。

美しいブランクス

ブランクス全体が赤くキラキラと輝いているので、太陽光が当たると非常に美しい。写真だと良く伝わらないので実際に見てほしいですね。正に芸術品のような仕上がりになっています。

ショットバイパーM-210インプレ


ショットバイパーM-210はオモリ負荷20〜150号、ハリス20号まで対応しており、東京湾や相模湾の釣り物ならアジからマダイ、イナダ、ワラサ、ヒラメ、アマダイ、五目釣り、カツオ釣りまで対応できるスペックが魅力です。1本あれば無難に釣れるので、高くても専用竿を個別に買うより安上がりかもしれませんね。
ハリス20号対応なので相模湾のメジマグロ・カツオ釣りにも使えます。

【ショットバイパーM-210の対応魚種】
シマアジ・タイ・ワラサ(メジロ)・アカムツ・遠征五目・カモシ・イサキ・アジ
オモリ負荷:20〜150号
ハリス:〜20号

イタダ・ワラサを釣ってみた

東京湾 ショットバイパー イナダワラサ釣り 2020ワラサ釣り 東京湾
東京湾のアミ五目船とイナダ・ワラサ船でイナダとワラサを釣りました。ショットバイパーM-210でもロッドパワーは十分で、大物もポンピングすれば余裕で浮かせることができます。ハリスが細い関係でパワーが活かせない場面が多いかもしれませんが、そのぶんロッドの柔軟性で対応すれば問題ありません。
ややパワーの強いロッドなのでリールの巻き上げパワーには注意して下さいね。

マダイの細ハリスも心配なし

東京湾 マダイ 一ノ瀬丸 ショットバイパーマダイ釣り 一ノ瀬丸 東京湾イシダイ 東京湾 釣り
コマセ真鯛釣りでハリス4号を使い釣りましたが、ショットバイパーM-210は十分柔軟性があり、短いので僅かなアタリを感じてアワセを入れる事ができました。長さは短いので手持ち推薦ですが、その分積極的に掛ける釣りが可能ですよ。柔軟性とパワーがあるのでリールを一定のペースで巻いていれば50cmくらいのマダイは勝手に上がってきますね。竿先は柔らかく激しく叩くような引きも吸収してくれます。

マグロ・カツオ釣りにも使える

東京湾 釣り メジマグロ キメジ
60cm代のメジマグロ(キメジ)なら余裕で釣り上げられます。ハリス4号でもショットバイパーの柔軟性とドラグを上手く使い取り込むことができましたよ。パワーもあるけど繊細なやり取りも可能です。対応力が高いロッドなのが体感できました。
ハリス20号まで対応するので、相模湾の風物詩であるキメジ・カツオ釣りにも流用できるロッドパワーを備えています。15kgのキハダマグロまでは普通に釣る事ができるでしょうね。

初使用で沢山釣れました!

東京湾 イナダ ワラサ釣り 釣果 2020
ショットバイパーM-210初使用ではイナダ、マダイ、イシダイ、キメジなどを釣り、見事に船中トップの竿頭となりました。やっぱり感度の良い竿を使うと細かいアタリも取れて、積極的にアワセて掛けていけるので釣果に繋がりましたね。
お高い道具だかは釣れるとは限りませんが、釣りをしていてモチベーションが高くなるので、結果的に釣果に繋がるのは間違いないでしょう。

※また使用したらインプレ記事を追記していきます。

【まとめ】
東京湾と相模湾で釣りをする人はショットバイパーM-210を1本購入すれば大抵の釣りに使えますよ。あれこれ専用ロッドを購入するより安上がりかもしれませんね。なにより高級感のある見た目は所有欲を満たしてくれること間違い無し!

ダイワ(DAIWA) ショットバイパー M−210

ダイワ ショットバイパー M−210

Amazonでダイワ(DAIWA) 船竿 ショットバイパー M-210 を調べる