21シーボーグ300Jの特徴・性能を解説|最軽量の新型ボディでフルモデルチェンジ!

21シーボーグ300J

21シーボーグ300J
ダイワの人気電動リール「シーボーグ300J」が、21シーボーグ300Jとして、軽量化された新型ボディを採用しフルモデルチェンジして登場します。これまでシーボーグ300MJのボディを流用していた300Jでしたが、21シーボーグ300Jは完全にオリジナルボディになりました。今までハンドル側に付いていたメカニカルブレーキ(フォールブレーキダイヤル)がハンドルと逆側に変更され、LEDで光るライティングが無くなりました。構造的には製造コストの削減を重視した結果の様で、少し安っぽい印象になってしまいましたね。

ただし、パーミングする手でフォールブレーキダイヤルの操作が出来るのは、落とし込み釣りなどフォール中にメカニカルブレーキを瞬時に調整したい人には嬉しい変更でしょう。
今回は20シーボーグ300Jの特徴・300MJや、シマノのフォースマスターとの性能を比較的してみます。

21シーボーグ300Jの特徴

【メーカー解説】
自重560g。軽さは感度「LIGHT MONSTER」。小型電動に求められる軽量コンパクト&ハイパワー、快適操作を徹底追及。自重560gの軽量化は手持ちで快適であり、その軽さは感度に繋がる。機動性ではトルクと瞬発力を両立したMAGMAXモーター、滑らかに効き続けるATDをはじめ基本性能に磨きを掛け大幅なパワーアップを実現。
操作性においては、ワンハンド快適操作アルミ製JOGパワーレバーを採用。濡れた指先でも快適な操作を実現し、棚取り・誘い・スロー巻き上げ・アワセまで釣り人の思いのままに。

また落下スピードを瞬時に設定できるフォールブレーキダイヤルは落とし込みのベイトの付き、スルメイカの中層反応を捉える優れもの。

耐久面においては防水・耐久テクノロジーMAGSEALEDボールベアリングを最も潮ガミしやすいスプールシャフト軸に搭載しスプールフリーや巻上げ初期性能を持続。カウンターパネルには、視認性に優れたデカ文字に、偏光グラス着用時も鮮明に見える大型ドット液晶を採用。電動手持ちゲームに磨きをかけ、更なる快適フィーリングを実現。軽さは感度「LIGHT MONSTER」。

21シーボーグ300Jのスペック

ギア比:5.1
標準自重(g):560
最大ドラグ力(Kg):16
標準糸巻量(PE-m):3-400/4-300※ダイワブライトPE
標準糸巻量(ナイロン-号):5号-280m/6号200m
ハンドル長(mm):-
巻き取り長さ(cm):70
ベアリング(ボール/ローラー):12/1
最大巻上力(kg):59
JAFS基準巻上力(kg):14JAFS
基準巻上速度(m/分):210

●小型コンパクトボディー ロープロ/ナローフォルム&ビス無しボディー
●トルクと瞬発力を両立「MAGMAXモーター」
●ATD滑らかに効き続ける「ATD(オートマチックドラグシステム)」
●濡れた指でも繊細な操作が可能「アルミJOGパワーレバー」
●防水・耐久テクノロジー「マグシールドボールベアリング」
●落下スピードを瞬時に設定「フォールブレーキダイヤル」
●視認性に優れた「ドット液晶カウンター」※ハンドルノブ Lサイズ交換可

付属品
リールバッグ
糸通しピン
スタンドカバー
フォールブレーキダイヤルシール×2枚(1枚は予備)
スーパーパワーコード(ブラック)

付属品はフォールブレーキダイヤルシールが追加されたくらいで、シーボーグ300MJや旧モデルと差はありません。電源コードもスーパーパワーコードなので、コードを買い換えなくても、リチウムバッテリーを使えばフルパワーで使用可能です。

560gの軽量ボディ

21シーボーグ300Jの大きな特徴は自重が560gに軽量化されたことです。上位機種である300MJは自重が670gもあり、なんと110gも軽くなっています。

ドット液晶を採用

21シーボーグ300J
20シーボーグ300Jは300MJと同じくドット液晶ディスプレイを採用しており、太陽光の下で変更サングラスをしていても液晶画面の文字が見やすくなりました。これは嬉しいポイントですね。

フォールブレーキダイヤル

21シーボーグ300J
20シーボーグ300MJではフォールブレーキダイヤルがハンドル側で、一部がドラグノブにかかっており片手では調整出来なかったものの、21シーボーグ300Jからはフォールブレーキダイヤル(メカニカルブレーキ)の位置がハンドルとは反対側に移動。リールとロッドを支持する片手だけで、ジョグレバー(巻き上げスイッチ)とフォールブレーキの調節が出来る様になっています。
仕掛けを落とす途中にフォールブレーキの調整をする可能性がある、落とし込み釣りやイカ釣りをする人には嬉しい変更ですね。
300MJより2万円以上安い、下位モデルである300Jがより使い易く進化したのは凄いことです。
評判を調べる為のお試し採用でもあるんでしょうけど、評判が良ければ23か24シーボーグ300MJもこの構造になるんでしょう。

ビス無しボディ

なんと21シーボーグ300Jのボディは、ビス穴(ネジ穴)が無くなり、車のように高級感のある滑らかな質感になりました。穴があるから困る事はありませんでしたが、多少は防水・防錆性能も高くなっているんでしょうかね。

最大ドラグ力16kg

なんと21シーボーグ300Jの最大ドラグ力は16kgと同サイズの電動リールでは最強のドラグ力を誇ります。20シーボーグ300MJのドラグ力13kgを上回る数値なのは凄いですね。青物釣りやイカ釣りでモーターパワーをフルに使い、魚を一気に巻き上げる事が可能です。

電飾LEDは無くなりました

シーボーグ300MJ ダイワ
旧シーボーグシリーズでは、画面を囲むシルバーのボディパネルを彩る為だけにブルーの電飾LEDが付いていましたが、21シーボーグ300Jで光るのはモニター画面だけのようです。
この辺はある意味無駄な部品を減らしてコストカットと軽量化による性能の向上を考えた結果なんでしょうね。
暗い中で光るのが面白かったんですけどね。人によっては目立って恥ずかしい人もいたかもしれませんし、電飾LEDが無くなる事で多少は省エネになっているのかも?。

21シーボーグ300Jの性能を比較

21シーボーグ300Jの性能を、上位モデルの20シーボーグ300MJ、ライバルメーカーであるシマノの15フォースマスター800と比較してみた。15フォースマスター800も近々モデルチェンジするみたいですが、最新モデルのスペックが不明なので15フォースマスター800で比較します。

21シーボーグ300J
●ギア比:5.1
●標準自重(g):560
●最大ドラグ力(Kg):16
●標準糸巻量(PE-m):3-400/4-300※ダイワブライトPE
●標準糸巻量(ナイロン-号):5号-280m/6号200mハンドル長(mm):-
●巻き取り長さ(cm):70ベアリング(ボール/ローラー):12/1
●最大巻上力(kg):59
●JAFS基準巻上力(kg):14
●JAFS基準巻上速度(m/分):210

20シーボーグ300MJ
●ギア比:4.4
●自重(g):670
●最大ドラグ力(kg):13
●標準巻糸量ブライト(号−m):3−400、4−300
●標準巻糸量ナイロン(号−m):5−280、6−200
●最大巻上力(kg):64(71)
●常用巻上速度1kg負荷時(m/分):Hi173/Lo119●JAFS基準巻上力(kg):20
●JAFS基準速度(m/分):Hi210/Lo145

15 フォースマスター800
●電動リール
●ギア比:4.4
●最大ドラグ力(N)/(kg):112.7/11.5
●自重(g):545
●PE「パワープロボートゲーム」糸巻量(号-m):2-470、3-300、4-230、5-180
●フロロ糸巻量(号-m):4-250、5-190、6-160
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):61
●スプール寸法(径mm/幅mm):44/24.4
●スプール下巻ライン(PE号-m):3-200
●ベアリング数(S A-RB/BB/ローラー):8/2/1
●ハンドル長(mm):60
●シマノ巻上力(kg/N):59/578
●実用巻上持久力(kg/N):7.0/68.6
●最大巻上速度(m/分):190
●実用巻上速度(m/分)1kg負荷:138
●実用巻上速度(m/分)2kg負荷:129
●実用巻上速度(m/分)3kg負荷:114

21シーボーグ300Jの巻き上げ速度は300MJのローギアを分速65m上回り・ハイギアと同じ数値です。このことから300JはMJのハイギア状態のギアになっているようです。
巻き上げ力は14kgでMJより6kg少なくなっていますが、ギア比が5.1とMJより高いのが原因でしょうか。もしかするとドラグ力が増えているので、ギアサイズも旧モデルと異なる可能性がありますね。
フォースマスターと巻き上げスピードを比較すると、300Jが分速20mほど上回っていますし、パワーでも倍ほど300Jが強く性能に大きな差があります。

ただし、ダイワが基準とするJAFS巻き上げ力/速度の計算方式には電圧13Vを使用している他、錘負荷の指定がないので、必ずしもシマノの数値に優っているとは限らないので注意して下さい。

【まとめ】
お下がりボディではなく完全なる最新モデルとしと登場する21シーボーグ300Jを使ってみて下さい。筆者も使用したインプレ記事を掲載します。

【1月入荷予定/ご予約受付中】ダイワ シーボーグ 300J 右ハンドル (電動リール)[2021年モデル]※他商品との同時注文不可/代引不可/

 

カタログの性能を発揮させるにはリチウムバッテリーを使用しよう

ダイワ シマノ 電動リール用 DN-1700NS スーパーリチウム バッテリー カバーセット 14.8V 10400mAh 超大容量 パナソニックセル内蔵 daiwa


21シーボーグ300Jのカタログ性能はBM2600などリチウムバッテリーを使用した数値で、船の電源ではフルパワーが出ませんし、船電源で高負荷を与えると安全回路が働いて停止してしまうことがあります。せっかく高性能なシーボーグを使うなら、安くても良いのでリチウムバッテリーを使いたいですね。
安いリチウムバッテリーを買うなら商品レビューは良く確認した方が良いですよ。