21アルテグラが高性能過ぎる!上位リール並みの巻心地と耐久性、ボディは樹脂製

21アルテグラ シマノ

21アルテグラ シマノ
21アルテグラが上位リール並みの性能にバージョンアップし、コスパ最高のスピニングリールとしてモデルチェンジします!。アルテグラは昔からシマノのエントリークラスとしてラインナップされていたリールで、価格も実売価格で1万円弱と安価ですが、なんと21アルテグラはマイクロモジュールギア2・ロングストロークスプール・サイレントドライブ・Xプロテクト・ワンピースベールと、上位モデルに匹敵する最新技術を詰め込んだコスパ最高のリールになっているんです。スペックだけ見れば上位モデルに引けを取りません。
2021年に1万円台で、少し良いグレードのスピニングリールがほしい人には21アルテグラがおすすめです。今回はアルテグラの特徴・性能、ライバルモデルとなる21フリームスとの比較も紹介します。

21アルテグラの性能・搭載技術

21アルテグラ シマノ21アルテグラ 搭載技術 性能
【メーカー解説】
18STELLAに採用されているマイクロモジュールギアⅡをはじめ 、ロングストロークスプール、サイレントドライブ、Xプロテクトなど最上位機種から受け継いだ最新機構を惜しみなく搭載。巻き、キャスト、耐久性といった基本性能の大幅な向上により、今までの釣りを一つ上のステージへ引き上げてくれる。是非この進化を体感してほしい。
シマノHPより

ボディは樹脂

21アルテグラのボディー素材は樹脂になります。ボディーはオリジナルデザインで、頑丈にし過ぎない為なのか?、ボディとリールフットの間が肉抜きされているので、強度はあまり高くなさそうです。技術特性にCI4+の記載も無いので、ナスキーと同じく高強度の樹脂素材でしょう。
上位モデルの19ストラディック(アルミ+樹脂)や、20ヴァンフォード(CI4+)には耐久性で劣ります。とは言え、樹脂製のナスキーでも、カゴ釣りでイナダ(ハマチ)くらいは釣れるので、ライトジギングや SLJ・スーパーライトジギングには充分かと思います。

ただし、樹脂ボディは強い負荷を掛けるとボディが歪むため、ギアの当たり具合が不均一になって、ゴリ感やザラザラ感が出やすく、巻心地が悪くなりやすいですね。
ボディが破損する事は滅多にありませんが、リールの負担が大きい釣りで使うと、巻心地は長持ちしないと思った方が良いでしょう。
巻心地が長持ちするリールが欲しいなら、少し高くても19ストラディック以上のリールをおすすめします。

Xプロテクト


21アルテグラはラインローラー部とストッパーベアリング部(ローターとボディの間)にXプロテクトを搭載。Xプロテクトとは、撥水加工を施したプレートを凹凸のあるラビリンス構造にした防水機能。18ステラなど上位モデルと同型の防水構造なので、防水性能は心配ないでしょう。

ロングストロークスプール

ロングストロークスプールは、他の2500番モデルの場合で、4%ほどルアーの飛距離がアップすると記載されています。21アルテグラは特にパーセントでは示されていませんが、おそらく同じかと思います。

ハガネギア


ハガネギアは切削せずに200tの圧力でプレス加工して作られた、シマノ独自のギアの名詞。ハガネギアと言っても、上位モデルとは直径や素材、表面処理が違うため、間違いなくアルテグラとツインパワーでは、メインギアの耐久性や巻上げトルクに差があります。

X-シップ

入力したパワーを効率よく伝達し、より強力な巻き上げを可能にするギアシステム。ギアの大型化、最適配置の見直し、歯面精度や支持性能の向上によって軽やかなリーリングを実現します。

ワンピースベール

冷間鍛造テクノロジーの粋を注入し、極めて硬く傷つきにくい強度を実現した一体成型の極細形状ベール。段差のない構造によりラインが引っ掛かるなどのトラブルを克服しました。

21アルテグラの価格帯にワンピースベールが付くのは珍しい。素材は安いリールなのでアルミと思われますが、アルテグラを売るためにかなり力を入れているのが伺える。

C5000番がラインナップに追加

21アルテグラ C5000XG
21アルテグラにはラウンドノブを標準装備したC5000番がラインナップされました。ライトショアジギングや SLJ・スーパーライトジギングのような、激しいアクションを加える釣りや、青物のようなパワーのある魚とのやり取りでも、しっかり握って巻き上げることが可能です。シマノのラウンドノブを単体で購入するとお高いので、必要な人は4000番よりC5000番を購入するのがおすすめ。

ちなみに、C5000番のCはコンパクトボディの略で、#4000ボディに5000番のスプールを取り付けたモデルになります。耐久性は4000番相当なので注意してください。SW5000番とはボディサイズと耐久性が全く異なります。
シーバスロッドやライトショアジングロッドなどで、軽めのロッドでライトショアジギングをするならC5000番は使いやすいですよ。ラインスペックも豊富なので、3〜4号のナイロンラインを巻いて、ライトなカゴ釣りや泳がせ釣りなんかに使うのもおすすめ。

21アルテグラと21フリームスを比較

21アルテグラのライバル機種となるのが、同じく2021年に発売される、ダイワの21フリームスLTです。定価も見事に同じですが、搭載技術に違いがありますよ。

21アルテグラ2500
ギア比:5.3
巻上長(ハンドル1回転):78cm
自重:225g
最大限ドラグ力:9.0kg
実用ドラグ力:3.0kg
ハンドル長さ:55mm
ベアリング(BB/ボール):5/1
ナイロン糸巻量(lb/m):2-170、2.5-150、3-120
フロロ糸巻量(lb/m):2-140、2.5-125、3-100
PE糸巻量(号-m):1-320、1.2-270、1.5-220
定価:17300円

21フリームスLT2500
ギア比:5.3
巻上長(ハンドル1回転):75cm
自重:200g
最大ドラグ力:10.0kg
ハンドル長さ:50mm
ハンドルノブ:HG-T
ベアリング(BB/ボール)5/1
ナイロン糸巻量(lb/m):4-230,6-150,8-100
PE糸巻量(号/m):0.6-290,0.8-200,1.0-190
定価:17300円

21フリームスのメリットはボディー素材がザイオンVと呼ばれるカーボンハイブリッド樹脂になっていること。21年に発売されり21カルディアにも採用されているので、おそらく下位モデル用に作った安いカーボン樹脂素材と思われますが、一応21フリームスはカーボンボディとなり、旧モデルよりボディーとローターの強度が高くなっていると記載されています。
マグシールドはロータークラッチのみで、ラインローラーに防水機能はありません。21アルテグラはラインローラーも防水機能付きなので、防水箇所はアルテグラが1箇所多いようです。
21フリームスは久しぶりに、ローターを逆転させられるローターストッパーのスイッチが復活しました。

21アルテグラはC5000番・21フリームスは4000〜6000番にラウンド型ノブが搭載されています。

21アルテグラと21フリームス、どっちがおすすめかと言われたら..、軽いリールが良ければ間違いなく21フリームスです。スペックだけ見ても自分が買うなら21フリームスかな..
この価格だと大差はないので、シマノ好きな人は21アルテグラ、ダイワ好きならフリームスで良いんじゃないでしょうか。
たぶん発売されたらショーケースの外にぶら下げてあると思うので、実際に釣具屋さんで触って巻心地を比べてから決めても良いと思います。

とにかく、21アルテグラはコスパ最高リールなので、2021年のおすすめスピニングリールの1つに間違いありません。

【予約受付中!】シマノ 21 アルテグラ 1000 /スピニングリール 2021年4月発売予定

 

【予約受付中!】シマノ 21 アルテグラ C2000S /スピニングリール 2021年4月発売予定

 

【予約受付中!】シマノ 21 アルテグラ C2000SHG /スピニングリール 2021年4月発売予定

 

【予約受付中!】シマノ 21 アルテグラ 2500 /スピニングリール 2021年3月発売予定

 

【予約受付中!】シマノ 21 アルテグラ 2500SHG /スピニングリール 2021年3月発売予定

 

【予約受付中!】シマノ 21 アルテグラ C3000HG /スピニングリール 2021年3月発売予定

 

【予約受付中!】シマノ 21 アルテグラ 4000XG /スピニングリール 2021年4月発売予定

 

【予約受付中!】シマノ 21 アルテグラ C5000XG /スピニングリール 2021年4月発売予定