メバリング・メバルの釣り方を解説|釣れる場所、時期、タックル、ロッド、リール、ライン

メバリング

メバリングとはルアーでメバルを釣るルアーフィッシングのこと。ワームや小型のプラグ、メタルジグなどルアーを使用して堤防や磯からメバルを狙う釣りで、一見ルアーと聞くと難しそうですが、メバルがよく釣れる春なら、釣り初心者や女性・子供でも手軽にメバリングを楽しめますよ。
メバリングは釣り方も簡単ですし、道具も安く揃えられるため、海のルアーフィッシング入門にもおすすめ。同じタックルでメバル以外にもアジやカマス、メッキ、超小型の回遊魚・青物など色々な魚を釣ることもできる。
今回は釣り初心者でもわかりやすく、メバルが釣れる場所、メバリングに必要な道具・タックル・ルアーやメバリングの釣り方をご紹介します。

メバルとは?

メバル メバリング 釣り
メバル(目張)は「春告魚」とも呼ばれる春の時期に釣れる代表的な魚です。春しか釣れないわけではなく、場所次第ではメバルは年中釣ることができますよ。メバルと言う名前の由来は目が張ってる様に見えるからと言われています。メバルは夜行性のため、弱い光の下でも餌を見つけやすい様に目が大きくなっているそうです。

メバリングは夜に良く釣れる

メバルは夜になると表層付近に浮いてきて小魚やモエビ、イソメなどのゴカイルイ、動物プランクトンを捕食します。常夜灯があると光に集まる餌を捕食するために陸地に近づいてくるので、昼は全くメバルが釣れないポイントが、夜になると絶好のメバリングスポットに変わることもありますね。
ルアーフィッシングでメバルを釣りやすいのは夜間・ナイトゲームとなります。

メバルの釣り期は春・でも年中釣れる

メバルは春の魚と言うイメージがありますが、メバルの特徴として低水温に強く真冬でも沿岸で活動しているので、通年を通してルアーで釣る事ができます。
とは言え、やはり水温が暖かくなり産卵後の荒食いを始める「春」は最もメバルが釣れる季節になります。春はメバリングでの数釣りが出来る時期できますし、大きなメバルが釣れる可能性もより高くなりますからね。

メバルは高水温が苦手

寒さに強いメバルですが、逆に沿岸一帯が高水温になる真夏は、沖の深場など水温が低い場所に避難してしまうメバルが多く、なかなか釣れなくなります。近年の猛暑で真夏のメバル釣りは難易度が高くなっています。真夏なら台風の後や、雨の後は水温が下がってメバルが戻ってきている可能性がありますよ。

メバルは3種類いる

ショアから釣れるメバルには「アカメバル、シロメバル、クロメバル」の3種類がいる事がDNAの解析により2008年に判明しました。体色による判別は個体差や地域差もあり不確実なので、種類の同定には胸鰭軟条と呼ばれる胸鰭にある軟骨の本数で行う。
アカメバルは胸鰭軟条数が15本、シロメバルが17本、クロメバルが16本あるので確実に種類の判別可能です。

アカメバル
アカメバル メバル 釣り
アカメバルは磯など岩礁帯に多く沖の深場にも生息している。体色が赤茶色で、色が濃いためシロメバルほど模様は鮮明では無い。

シロメバル
メバル メバリング
堤防や漁港など身近な沿岸に多く生息するメバルで、模様がハッキリしている。一般的にメバリングで釣れるメバルはシロメバルの割合が多いようだ。大型に育ちやすいメバルで30cm以上の尺メバルはシロメバルが多いそうです。体色が赤っぽいシロメバルもいるのでアカメバルとの混同に要注意。

クロメバル
明らかに色が青黒いので上記の2種類とは容易に判別できるはず。クロメバルはやや体高が高い印象を受ける。

メバリングのタックル

横浜 金沢八景 メバリング 20ヴァンフォード2500S 2021
メバリングで使用するメバリングタックルは、一般的なメバリングでは7g以下のルアーをメインに扱うため、非常に繊細でライトタックルが必要になります。使用するタックルにもラインやテーパーなど幾つかの種類がありますが、迷ってしまったりあれこれ探すのが面倒になったら釣具店が販売している初心者用のメバリングセットを購入するのもありでしょう。

アジング・メバリング ライトゲームセット【メーカー品含む4点セット】FCS-S682Aji(ソリッドティップモデル)

 

ロッド

メバリング リール タックル
メバリングロッドの選び方ですが、メバリングではメインに使うルアーが5g以下で、使用するラインもPEラインで0.2〜0.4号、フロロカーボンなら6lb以内と細いため、7gまでのルアーに対応した柔らかく繊細なロッドが必要不可欠です。メバリング専用ロッドが最適ですが、アジングロッドやフィネス用のバスロッドも使えますよ。

ロッドパワー
メバリングロッドにはUL・ウルトラライトやL・ライトとロッドパワーが記載されています。ロッドパワーが弱いと柔らかく、強いほど硬いロッドになります。軽いジグヘッドを使うメバリングではUL・ウルトラライトかL・ライトまでのロッドを使用する人が多いですね。基本的に堤防から釣るなら大抵はLパワーのメバリングロッドを選んでおけば大丈夫です。
一部のサーフや磯・ゴロタ浜など遠浅で、遠投性能とパワーが必要な場所では、ML・ミディアムライトのメバリングロッドも使用されます。

長さ
メバリングロッド長さは堤防や漁港なら操作性の良い6〜7フィート、磯やサーフ、ゴロタ場なら遠投性能の高い7.6〜8フィートを選ぶと良い。

ティップ
ティップとは竿先の部分で、中身が詰まった構造のソリッドティップと、中が空洞のチューブラーティップがある。メバリングでは柔らかいソリッドティップを選ぶ人が多いが、5g以上のやや重いルアーを使うメバリングロッドなら張りのあるチューブラーティップの方がルアーのコントロールしやすいでしょう。ジグヘッドをメインで使うならソリッドティップのメバリングロッドを選べば間違い無しですよ。

メバリング初心者におすすめのロッド7選

リール

20ヴァンフォード 2500S インプレ
メバリングで使うリールサイズはシマノ・ダイワなら2000番が定番サイズとなります。2000番のリールはアジングやバス釣り、トラウトとも併用できるメリットがありますね。500〜1000番もあるので、メバリングやアジング専用で使うならより軽いタックルを組む事ができます。500番は5〜6フィート代のショートロッドに合わせるとバランスが良いでしょう。
メバリングから小型回遊魚、小型のシーバスまで使うなら、少し重い代わりにパワーと耐久性のある2500番もおすすめ。

ボディ素材
リールにはカーボンや金属、2種類のハイブリッド、プラスチックなど、様々なボディ素材があります。メバリングに適しているのは全てカーボンで出来たリールです。カーボン製のリールは十分な強度をもちつつ、自重が非常に軽いのが特徴です。一部の上位モデルには、半分金属製でも安いカーボンリールより軽いモデルも存在します。
シマノならヴァンフォードやヴァンキッシュ、ダイワ ならルビアスやカルディア、フリームスなどがおすすめ。

ドラグ
メバリングでな非常に細いラインを使用するので、リールのドラグ性能も重要です。ドラグ機能が悪いと、ドラグがスムーズに作動せず、大物がヒットした瞬間にラインが切れてしまうかも。必ずスムーズにドラグが作動するリールを選びましょう。
ダイワ・シマノのスピニングリールなら5000円〜1万円程度のリールを選べばまずドラグの審判はいりません。自重リールの自重・重さは200g以内だと快適にメバリングを楽しめるでしょう。安いリールだと2000番で200g弱が多いのですが、元々タックルが軽いので多少リールが重くても大丈夫。

高価なリールほど軽くなる傾向にありますから、この辺は価格と相談して決めて下さい。ロッドとリールの合計重量が300g以内になればまず快適に釣れるかと思います。

メバリング初心者におすすめのリール11選

ライン

ヴァンフォード 2500S インプレ シマノ
メバリングでは非常に軽いルアーを使うのでメインラインはPEラインの0.2〜0.4号か、フロロカーボン/ナイロン/エステルの6lb以下の細糸を80〜150m巻いて使用します。PEラインとエステルラインはリーダーを結びラインシステムを組む必要があるので、まずは扱いが簡単なフロロカーボン/ナイロンラインの4〜6lbを使用すれば良いでしょう。

PEラインは同じ太さのナイロンラインと比較して3倍の強度があります。ライン強度は製品によりますが0.2号のPEラインで1号(4lb)のナイロンラインに近い強度がありますね。PEラインなら単純にナイロンラインの3分の1の太さで同じ強度が得られるため、ルアーの飛距離やフォールスピードの点で有利に働きます。PEラインのデメリットとして風になびきやすいので風が強い日はやや苦手。またリーダーを結ぶ必要があり、ラインブレイクすると釣り場で時間をとられます。
PEラインを使うなら先にフロロカーボン1〜1.5号を2m程度リーダーとして結んで下さい。エステルラインの場合もリーダーが必要です。

ラインも太さが0.6号以上だとルアーが軽いのでなかなか沈まなかったり飛距離が落ちてしまうので要注意。ラインカラーラインカラーは蛍光ピンクやグリーンなど夜間でも視認しやすい色を選ぶと良いでしょう。

PEラインの編み数PEラインには名前に「x4・x8」と付く商品がありますが、これはPEラインを構成する元糸の本数で、同じ太さでも4本編みより8本編みの方が強度が高くなります。8本編みのPEラインはやや価格が高くなるものの、メバリングは細糸を使う釣りなので、より強度が高いPEラインを使いたいですね。

リーダー
アジング メバリング リーダー
PEラインを使用する場合は、ラインの先にリーダーと呼ばれる先糸を繋げる必要があります。フロロカーボンラインの4〜6lb(1〜1.5号)を1〜2m、FGノットで結びます。フロロカーボンリーダーは擦れに強く透明度が水に近いので、擦れに弱く不透明なPEラインの欠点を補う効果があります。

メバリングのルアー

メバリングではワーム(ジグヘッドリグ)をメインに、表層狙いでミノープラグやメタルジグも使用します。基本的にはワームだけでも十分釣れるので、最初からプラグとメタルジグを用意しなくても大丈夫です。
遠投が必要な場面ではフロートリグも活用しましょう。

ワーム(ジグヘッドリグ)

キビキビナ〜ゴ メバリング 金沢八景 横浜
ワームとジグヘッドを組み合わせたジグヘッドリグはメバリングの定番ルアー。よく釣れるし針が上を向いていて根掛かりし難い、価格が安いなど使い勝手も非常によい。カラーチェンジしたければワームを取り替えるだけと言う点も大きなメリットだ。ジグヘッド/ワームメバリングでは重さが1g・1.5g・3g、フックサイズ#6〜#8ジグヘッドと、1.5〜2in(インチ)のワームを用意すれば大抵の場所で釣れるでしょう。

ワームには尾先の細長いストレートテールや、平たいパドルテールがあり、尾の部分の幅が広いパドルテールの方がアピール力が高くなります。ストレートテールのワームはナチュラルな波動とアクションを重視する場合に使用します。

ジグヘッド


メバリングで使用するジグヘッドの重さは1〜3gの間が主流です。軽い方が食いは良くなりますが、飛距離が出ない、ルアーの動きを感じ取りにくいと言うデメリットもある。初心者なら2gくらいの重さから始めると動きを把握しやすいですよ。
ジグヘッドのフックの長さはメーカーによりまちまちで、ワームのちょうど良い位置からフックを出したいならワームとジグヘッドのメーカーを合わせるのがベストです。

カラー

ワームカラーは小魚やエビ、プランクトンに近いクリアや白が釣れる定番カラー。ほんのりピンク色紙入ったオキアミクリアはよく釣れますよ。夜はグローカラーと呼ばれる蓄光して発光するワームカラーもおすすめ。クリア系はラメ入りだとよりアピール力が高くなります。

ワームの取り付け
ワームはジグヘッドのフックに真っ直ぐになるように取り付けます。先ずワームをジグヘッドのフックの横に合わせて針先が出る位置を確認し、フックの曲線に合わせて針がワームの中心を貫くように指し通していきます。最後に確認した位置から針先を出せばジグヘッドのワームが真っ直ぐ付くはずです。

オーナー メバル弾丸 1.5g #8【ゆうパケット】

Amazonでメバル弾丸 を調べる

マルキュー エコギア メバル職人 ストローテールグラブ 2インチ 377(クリアレモン)【ゆうパケット】

Amazonでメバル職人 ストローテールグラブ を調べる

メバル弾丸とメバル職人はメバリングの定番ワーム・ジグヘッドです。迷ったかこの組み合わせで釣ってみよう。

プラグ

メバリング メバル プラグ プラッキング
メバリングで使用するプラグはフローティング「ミノー」や「ペンシル」が定番。プラッキングゲームとも呼ばれ、トップウォーター(水面)を狙う場合に役立ちます。ミノーは下顎あたりにリップと呼ばれる出っ張りが付いているのが特徴。メバル用ミノーもありますし、アジングやバスフィッシング用で3cm以内のミノーを選ぶと良いでしょう。メバリング用のミノーならメバリングロッドでキャストできるように重さが5g以内で作られている場合が多いのですが、バス用のミノーを流用するならロッドの適合ルアーウエイトをオーバーしないように注意してください。
ペンシルはあまり巻かなくてもロッドワークでアクションできるため、同じ場所を集中的に探りやすい。リップが無いため釣り人がロッドワークでアクションを付けてあげないといけませんが、竿先でピンピンと弾いて左右に首を振らせるドッグウォークなどのアクションは簡単にできるでしょう。投げて巻けば良いというわけでは無いため、少し練習が必要ですが、必ず役に立つ場面がありますよ。

メタルジグ

メバリング メタルジグ
メタルジグは魚に似せて作られた金属性のルアーで、素材には鉛やタングステンが使用されています。比重が重いので飛距離が抜群で沈むスピードも速いため、メバルがボトム(底)付近に居る場合や飛距離ぐ必要な場面で活躍します。深場を手返しよく探れるのでメバルが浮いていないデイゲームにもおすすめ。

フロートリグ/シンカー


遠投が必要だけど表層を釣りたい、そんな時に役立つのがフロートリグと呼ばれるアイテムです。フロートリグはウキのようなもので重さと浮力をもつため、遠投しつつルアーが沈むこともありません。
非常に役立つアイテムなので1つは用意しておきましょう。浮力は完全に浮くタイプ、ゆっくり沈むスローシンキングなど幾つかの種類があります。

メバルが釣れる時期

メバル自体は通年を通して釣れますが、メバルが1番釣れる時期は小型のメバルが沿岸に多くなる3〜5月頃となります。春の堤防でサビキ釣りをしていると沢山の小メバルが集まってくる姿が見れることもありますね。

メバルが釣れる場所


メバルは根魚なので海底に岩がある場所やテトラの周りなどに多く生息しています。釣り公園や漁港の堤防・波止でも海底に敷石や捨石が入っている場所ならメバルの魚影が濃い場所もありますね。
どこの漁港にもメバル居るわけではありませんが、漁港には常夜灯もあるのでメバルの餌となるエビや小魚が集まりやすく、メバリング初心者でも釣りやすい環境と言えるでしょう。釣り公園や漁港なら駐車場もありますし足場も良いですから、先ずはアクセスさやすいポイントからメバリングデビューしてみましょう。

メバリングを始めるなら先ずは近くの漁港で釣れるかどうか調べてみるのが一番ですよ。ネット検索やアングラーズ・SNSで「地域名/漁港名、メバル」などのキーワードで検索してみると釣果情報が見つかるかと思います。

メバルが居ない場所でいくら釣っても当然メバルは釣れません。メバルが釣れないなら釣り場を変えたり、釣れてる時期を確認してみましょう。メバルが釣れる時間メバルは日中も活動しますが、夜はベイト(餌)になるエビや小魚が水面付近に集まってくるため、断然夜の方が釣りやすい。ルアー用語でナイトゲームと呼ばれます。
夜に釣りやすい理由として常夜灯の周りがメバル釣りのポイントにある点が挙げられます。常夜灯の明かりに小魚やエビ、プランクトンが集まってくるので、それらを捕食するためにメバルも集まってきています。日中と違い見るからに釣るべき場所がわかるので、初心者も釣るポイント選びに苦労しなくて済みますよ。

メバリングの釣り方

メバリング 金沢八景 キビキビナーゴ

アクション

メバリングの釣り方は凄く簡単で、基本はキャストしたら狙うレンジ(水深)まで沈めて一定の速度でゆっくり巻くだけ。釣り方自体は非常に簡単ですが、その分ルアー選びや狙うレンジ(水深)の選択が釣果に影響してきます。メバルは夜になると餌を捕食するために中層から表層付近に浮いてきます。メバルは下から獲物を狙っているので、ルアーはメバルの居るレンジより少し上を通す必要があります。
とは言えメバルが釣れるレンジは釣り場や時間帯によっても変わってくるので、まずは水面直下から探りながら反応が無ければ徐々に狙うレンジを下げていくようにしましょう。狙うレンジ別にジグヘッドの重さを変えて対応すると釣りやすく手返しも良くなりますよ。

表層から水深2mまでなら2g以内のジグヘッド、3〜5mなら3gのジグヘッドを使えば大丈夫でしょう。潮流が早かったり風が強いとなかなか沈まないので、その都度ルアーの重さは調整して下さい。

ボトムを狙う場合は、岩場や海藻の中を通したりするため根掛かりはしやすくなりますが、沢山のメバル がストックされているため、障害物を超えた瞬間にヒットすることも多々あります。ボトムの釣り方はただ巻きと、ボトムコンタクトさせながら岩や障害物を超えたあたりで、ロッドを使いルアーを大きく持ち上げてフォールさせるのもおすすめ。

キャストの仕方

ルアーのキャスト方法は垂らしを30cm程度とり遠投するならオーバーヘッドキャスト、近場を狙うならアンダーハンドキャストと2種類の投げ方を使い分けると良いでしょう。狙うポイント漁港に付いたら先ず狙うのが常夜灯です。常夜灯に照らされた海面は絶好のメバリングスポット。先ず明暗部の外側から光で照らされているエリアにルアーを引いてきましょう。
反応がなければ足元の護岸際やテトラを引いてみましょう。

その他・メバリングにに必要な道具

ヘッドライト

【楽天ランキング1位】【改良モデル】 ヘッドライト LED LEDヘッドランプ 防水 ヘッド ライト 釣り アウトドア 登山 防災 ライト 作業灯 CREE 災害対策 懐中電灯 1000ルーメン

 


ヘッドライトメバルは夜に釣る事が多いので手元を照らせるヘッドライトは必須アイテム。細いラインは常夜灯や車内灯の明かりだとよく見えなくて結ぶのが大変ですよ。ベッドライトなら今日手を空けて作業出来きますし、移動の際に足元も照らせますからね。ナイトゲームでは移動時の安全にも関わってきます。ハサミ細いライン・PEラインは切れ味が良いハサミ/ラインカッターじゃないと上手く切れません。ストレスなく釣るなら専用のラインカッターを使いましょう。

プライヤー
魚からフックを外す際に必要です。ルアーが小さいため指でフックを外すのは難しく、魚が暴れた際に指を怪我するかもしれません。飲まれた際にフックを外すのも大変ですから、プライヤーは忘れずに用意しましょう。メバリングでは先の細長いプライヤーがおす。ラインカッターやスプリットリングオープナーを内蔵したプライヤーは便利ですね。

魚掴み
メバルの背鰭はは尖っていて刺さることもあるので、素手で魚を掴まなくて良いように魚掴みも持っていきましょう。

クーラーボックス
メバリングに大きなクーラーボックスは必要ありません。10〜12リットルの小型クーラーで十分です。クーラーボックスには竿立て・ロッドホルダー、小物入れなどを取り付けておくと休憩や移動の際に便利ですよ。ライフジャケット磯や柵のない釣り場で釣るならライフジャケットの着用をおすすめします。特に夜間は足元が見えづらく危険性が高くなりますし、落水しても直ぐに助けが来るとは限りません。