シマノ・ヴァンフォード2500Sインプレ|メバリング、アジング、バス釣りスタンダードモデル、スーパーライトショアジギング

20ヴァンフォード2500Sはメバリング・アジングなどライトソルトルアーとバス釣り全般に使用出来る万能サイズです。ヴァンキッシュと同じクイックレスポンスシリーズのリールで、ボディ・ローターにカーボンを採用し軽量化を実現、ストラディックCI4+の後継機に位置付けされるリールで、2万円弱とリーズナブルながら、巻心地も軽く滑らかで、自重も軽く搭載技術を見ても非常にコスパの良いリールに仕上がっています。
2021年にライトルアーゲームを始める人におすすめのスピニングリールですよ。今回は20ヴァンフォード2500Sの特徴と、メバリングや小型回遊魚狙いで使用した際のインプレ記事を紹介します。

20ヴァンフォード2500Sの特徴

20ヴァンフォード インプレ 2500S
20ヴァンフォード 2500S インプレ
20ヴァンフォードは自重と巻心地の軽さを重視したクイックレスポンスシリーズのリールで、ボディとローターに軽量で高い強度を誇るCI4+を採用。ヴァンキッシュと違い20ヴァンフォードはフルカーボンボディになっています。
ちなみに20ヴァンフォードのボディは21アルテグラに流用されていますが、アルテグラは高強度樹脂なので強度と軽さでヴァンフォードに劣ります。

ヴァンフォード2500S
ギア比:5.3
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.5/4.0
自重(g):175スプール
寸法(径mm/ストロークmm):47/17ナイロン
糸巻量(lb-m):5-110、6-95、8-70
フロロ糸巻量(lb-m):4-130、5-100、6-80
PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):78
ハンドル長(mm):50
ベアリング数BB/ローラー:7/1
ヴァンフォード2500Sはバス釣り用スタンダードモデルで、バスフィッシングに使うならまずこのモデルから。ノーマルギア比仕様で、スローな釣りをメインに展開するのに最適です。フロロ5lb-100mのラインキャパで6lbまで使用可能です。
2500SはC(コンパクト)2500と違い、ボディサイズが2500サイズなので巻き上げトルクも耐久性も段違いです。大きな魚がヒットしてもパワーファイトが可能ですよ。

マグナムライトローター

ヴァンフォード 2500S インプレ シマノ
マグナムライトローターは左右非対象の最新設計となり、ラインローラーも軽量化、チタン製ワンピースベールを搭載したカーボンローターを採用。早巻きでもブレが少なくなり、巻心地と操作性、感度が向上しています。使った感じでは多少巻心地がヴァンキッシュより重いくらいですが、ベアリング数の影響もあるんでしょう。
2万円と言う価格ではチタン製ワンピースベールを搭載していると言う点は凄いですね。

マイクロモジュールギア2

軽やかで滑らか。珠玉のギアフィール。最先鋭の歯面設計、シマノならではの製造技術によって進化したマイクロモジュールギアII。ギアの歯、ひとつひとつの歯面から設計を見直し、理想的な歯形状を追求。音鳴りの低減、滑らかなギアフィーリングの向上も達成しました。

サイレントドライブ

サイレントドライブによりギアなど駆動系のガタつきを特殊なワッシャーにより軽減。シマノ曰く、ボディ全体の基本設計、駆動関連部品をひとつひとつ見直し、部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除しとのこと。
改善の対象箇所はドライブギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトピン、ウォームシャフトギアなど多岐にわたります。
サイレントドライブによりストラディックCI4+よりハンドルのガタも減っている感じがします。

ロングストロークスプール

ヴァンフォード 2500S インプレ シマノ
20ヴァンフォードからストラディックCI4+に無かったロングストロークスプールを搭載。#2500サイズで従来比約4%の飛距離UPを達成。いつもルアーが届かないあのポイントへ、ヴァンフォードなら届けてくれるかもしれません。

AR-Cスプール

「トラブルなく」、「飛距離をのばす」というふたつの目的を両立させるため、シマノ独自の加工技術で軽量化を施したスプール。スプールリングの特殊な形状による「ライン整流効果」で、ライン放出がベストな状態に整えられます。

X-プロテクト


ローターとボディの隙間に撥水加工を施した凸凹のあるプレートを配置し、水滴を作りローラークラッチへの侵入を防止します。ゆっくりリールシート付近まで水没させるくらいなら、内部まで水が入らない防水性能がありますよ。
搭載箇所はラインローラー部とボディ(ローラークラッチ)部の2ヶ所。ラインローラーも最新型なので耐久性も向上しており、シマノ比で耐久性は5倍以上もアップしています。

HAGANEギア

さらに強靭なるギアシステムへ。これまで多くのシマノスピニングリールに搭載してきたHAGANEギア。独自の精密冷間鍛造技術により、十分な耐久性を確保してきたヴァンフォードでは上位機種同等の新設計HAGANEギアを搭載。それによりワンサイズ上のリールギア強度を実現しました。

新設計ベール開閉機構

オープン時の滑らかなフィーリングを追求。開閉角度が広く、フェザリング性も向上。不意のベール返りも防ぎます。

新形状ラインクリップ

取り外しやすく、ホールド力をアップした新形状のクリップを採用。エステル0.2号からフロロカーボンの40ポンドまで幅広く対応します。

 

20ヴァンフォード2500Sインプレ

メバリング

横浜 金沢八景 メバリング 20ヴァンフォード2500S 2021メバリング 横浜 金沢八景 20ヴァンフォード2500S
ヴァンフォード2500Sに20ソアレエクスチューンS80L、PEライン0.3号を巻いてメバリングで使用。ルアーはジャッカルのキビキビヘッドに同メーカーのキビナーゴ・ デカキビナーゴの2〜2.5インチを選択。
メバルが釣れるポイントが遠いので、7gのアジングシンカーを付けて投げてロングキャストして狙います。
ルアーの飛距離は申し分なく、合計9g以上なので50m弱は飛んでいきます。
着底した振動もライトタックルのためロッドとラインを通して岩に当たる感覚がはっきりわかりますね。ラインの太さやロッドのグレードも関係してかますが、軽いカーボンローターとチタン製ベールによる伝達効果もあるでしょう。
ストラディックなどコアソリッドモデルでは、ここまでクリアな手感度は得られませんからね。巻き感度も良く、巻心地が滑らかでローターが軽いので、リーリング時の僅かなアタリも伝わってきますよ。

リーリングも軽くトゥイッチを加えてダートアクションをさせる際も、巻きだしが軽いのでラインスラックを素早く回収できます。軽いルアーでの釣りならヴァンフォードの巻き出しの軽さが活かせますね。

20cm以上のメバルがヒットした際は微調整できる繊細なドラグが機能して、ラインブレイクを防いでくれます。当日はメバルを結構釣りましたが、とにかく巻きもメバルとのファイトもストレスなく楽しめましたよ。

カマス釣り

カマス釣り 片瀬漁港 2021 釣果
2021年は湘南エリアで30cm近いカマスが大爆釣となり、メバリングと同じタックルでカマス釣りにも挑戦しました。ルアーは10gのジグパラマイクやダイワのTGベイトを使用したスーパーライトショアジギングで狙います。

ジグパラ マイクロジギング サビキ
カマス釣り サビキ ショアジギング
メジャークラフトのマイクロショアジギサビキはジグパラマイクロとジギングサビキのセットで、ライトタックルデモ使いやすい製品です。

巻き上げパワーは十分!
2021 江ノ島 湘南大堤防 カマス釣り
2021釣果 湘南 カマス釣り 境川 片瀬江ノ島
当日は入れ食いでカマスがダブルヒットすることもありましたが、予想以上に巻き上げパワーがあり、普通に楽々巻けました。ドラグ性能も良く魚が激しく暴れてもドラグが適切なタイミングでスムーズに出てくれるので、0.3号の細いラインでも強度を気にせずやり取りできました。ギアも大口径の最新型ハガネギアになっているので、ストラディックCI4+より巻き上げパワーは上がっています。

ヴァンフォードはヴァンキッシュと違いフルカーボンボディですが、ライトタックルを使う釣りならボディの歪みも感じませんし、ギアの強度も十分ですね。

アジングで使用

アジング タックルアジング 月下美人ビームスティック
エステルライン0.3号を巻いて1〜1.5gのジグヘッドでアジングに使ってみました。ノーマルギアの2500Sは巻きスピードもデッドスローで巻きやすく、ドラグも滑らかに作動するため細糸の不安を感じません。少なくとも30cm程度の尺アジまではドラグ性能に不満なく対処できるでしょう。
ただし、0.3号以下のエステルラインを使うなら500〜1000番サイズを使用した方が良いでしょう。

ヴァンフォードのインプレ記事は使い次第追記していきます。

【まとめ】
ヴァンフォード2500Sはソルトウォーターライトゲームやバス釣りにおすすめのリールです。性能とコスパのバランスめ最高ですよ。

楽天【シマノ】2020ヴァンフォード 2500S【4969363042040】