GEX・アクアフランジを水槽に付けて地震の水漏れを対策しよう

アクアフランジ ガラス水槽 GEX

GEX アクアフランジの特徴と使い方

アクアフランジ GEX ガラス水槽
GEX(ジェックス)のアクアフランジと言うアイテムを紹介。オールガラス水槽に後付けできるフランジ・蓋受けです。アクアフランジは好きな長さにカットでき、オールガラス水槽の縁全体取り付けることでネズミ返しになり、地震による水漏れ・水溢れや魚の飛び出しを予防する事が出来ます。
アクアフランジには長さ30cm・45cmの2種類の長さと、それぞれの長さに対応する6mmまで、10mmまでのガラス厚に対応した2種類の4タイプがあるので、使用する水槽にあったアクアフランジを選びましょう。
アクアフランジの注意点として、長さ30cmを2本60cm水槽に取り付ける場合、水槽の内寸に収まらないためアクアフランジの長さを切って調節しないといけません。90cm水槽に長さ45cmを取り付ける場合も切る必要があります。水槽全体をカバーするなら必ず切って加工する必要があります。

アクアフランジの取り付け方法

アクアフランジ GEX
アクアフランジの取り付け方法はオールガラス水槽の縁にはめ込むだけです。見た目に反して硬いので対応する板厚上限付近の水槽に付けるならお湯で温めて柔らかくすると取り付けやすいです。
アクアフランジは意外と硬い素材のため、長さを短くするために切る場合は歯の細かいノコギリが必要になります。自分はディスクグラインダーで切りましたが、カッターやハサミで切るのはかなり難しいかと思います。
安く済ますなら100均で販売している歯の細かいノコギリで十分切れますよ。

アクアフランジ6-30を60cm水槽に取り付けた状態

アクアフランジ ガラス水槽 GEX
アクアフランジ アーチスライドBS
オールガラス水槽ですがアクアフランジを付けるとアクリル水槽のフランジのように水槽の縁全体をカバーすることができました。ただしフィルター自体や配管の取り付け箇所はスペースが空いてしまいます。オーバーフロー水槽なら縁全体をガードできますね。
ただし、アーチ型のライトスタンドを取り付けるならその部分もスペースを開けないと、ライトスタンドの接続部分が浅くしかハマらず不安定になります。一応カミハタのアーチスライドは取り付けは可能ですけど、やっぱアクアフランジに乗せると不安定なのでやめた方が良さそう。

アクアフランジのデメリット

アクアフランジは蛍光灯の熱で変形する場合があるのでLED照明を使った方が良いでしょう。ガラス蓋によってはアクアフランジを付けると上手くハマらなくなる物もあります。

【まとめ】
アクアフランジを地震の水漏れと魚の飛び出し対策に活用してみて下さい。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GEX アクアフランジ 6−30 4〜6mmフレームレス水槽用フタ受け 関東当日便
価格:833円(税込、送料別) (2021/5/20時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GEX アクアフランジ 6−45 4〜6mmフレームレス水槽用フタ受け 関東当日便
価格:1024円(税込、送料別) (2021/5/20時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GEX アクアフランジ 10−45 8〜10mmフレームレス水槽用フタ受け 関東当日便
価格:1024円(税込、送料別) (2021/5/20時点)