静ヘッド インプレ スレたシーバスが釣れる定番ジグヘッド ワーム

シーバス釣り 静ヘッド ジグヘッド R-32

静ヘッド
静ヘッドはシーバス釣りでは定番のジグヘッドで、余計な波動を出さないためワーム本来のナチュラルな波動を妨げません。そのため、スレた激戦区のシーバスのルアーフィッシングではなくてはならない、釣れるシーバスルアーの一つとして人気が高いジグヘッドです。
今回はカルティバ「静ヘッド」の特徴と使い方、組み合わせるおすすめのワームを紹介します。

静ヘッドの特徴

ラインナップが豊富

静ヘッド ジグヘッド

静かヘッドはラインナップも豊富で5g・7g・10g・12g・14g・16g・20g・24g・30g・36gとシーバス・ヒラスズキ釣りからヒラメ・マゴチ釣りなど、様々なソルトルアーに対応可能な重さが揃っています。
ワームのズレを防ぐワームキーパーと強度の高いフックを備えたシンプルな構造をしています。
筆者の場合、下手に波動が強いジグヘッドを使うなら、まず最初に釣れそうなスポットを狙ってキャストするなら、静ヘッドを選んだ方が無難と考えてます。

価格が安い

静ヘッドほ価格も安くてシーバスに使えるメーカーブランドのジグヘッドでは最安値に近い価格でしょう。リーズナブルな価格も魅力です。

静かヘッドと相性の良いワーム

静ヘッド R-32 ワーム
静ヘッドは砲弾型なので丸みのある「R-32」や「パワーシャッド」「グラスミノー」などのワームとの相性が良いですが、断面の形状が三角形をしたアルカリシャッドでもヒラメが釣れています。
10gまでならR-32やグラスミノー、それ以上はパワーシャッド4in以上のワームサイズとの組み合わせがおすすめ。

静ヘッドは良くも悪くもジグヘッド自体のアピール力が弱いため、アクションはワームが発生させる波動に依存しています。ワームを選んで

ナチュラルな波動でスレたシーバスを狙うならR-32は超定番のワームです。細かい溝が入った柔らかいボディから放つ波動は、プラグに見向きもしないシーバスを釣らせてくれます。

パワーシャッドは10g以上ある静ヘッドとの相性がよいワームです。全長が長すぎる場合は切って付ける事もできます。

静ヘッドのインプレ

シーバス釣り 静ヘッド ジグヘッド R-32静ヘッド シーバス釣り ワーム
静ヘッドの使い方は非常に簡単で、明らかにシーバスなど魚が居着いている場所を狙ってピンスポットでキャストして探るのが、効率の良い静ヘッドの使い方です。橋脚や護岸の周りなどをランガンして狙っていきましょう。
静ヘッドはアピール力が弱いので、ワームを変えてアクションに変化をつけて下さい。ジャークを加えると少しならダートアクションさせる事も可能ですよ。

飛距離は7gの静ヘッドにR-32を取り付けて30〜40mくらいです。
フック強度も高く、小さい静ヘッドでも60cmのシーバスならまず伸びたりはしないので、強度は全く心配ありませんね。

錆やすい?

静かヘッドのフックはやや錆やすいデメリットがあります。ワームを外して水洗いしていれば、それほど錆びないようですが、ワームを付けっぱなしにしていると塩抜きが不十分で錆やすいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可】カルティバ 静ヘッド JH-61
価格:352円(税込、送料別) (2021/11/5時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可】カルティバ 静ヘッド 20g〜24g JH-61
価格:396円(税込、送料別) (2021/11/5時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可】カルティバ 静ヘッド 30g〜36g JH-61
価格:495円(税込、送料別) (2021/11/5時点)

こちらの記事もおすすめ
シーバスのルアーフィッシング入門・タックル・ルアー・釣り方を紹介

シーバスはワームで簡単に釣れる・おすすめワームを紹介