【ルアー】ミノープラグの種類と使い方・メリット・デメリットを紹介

ミノープラグこと「ミノー」はバス釣りからソルトウォータールアーまで、様々なルアーフィッシングで定番のプラグ系ルアーです。ミノーをメインに使う釣りは「ミノー イング」と呼ばれます。
ミノーは種類によって潜る水深が決まっているので、投げて巻くだけと使い方も簡単なルアーですが。有効な使い方を知っていれば、より釣果を上げらるかもしれませんよ。
下記ではミノープラグの種類と使い方を紹介します。

ミノープラグの特徴

ミノー ルアー
ミノープラグには下顎の付近にリップ(ビル)と呼ばれる出っ張りが付いたプラグ系ルアーです。引くだけでリップが水を受けてテールを振りながら本物の魚そっくりの泳ぎ・アクションをしてくれるので、使い方も簡単でルアーフィッシング初心者でも使いやすいルアーです。
ミノープラグはある程度、ミノーの種類ごとに潜る水深が決まっているので、狙う水深は使うのがミノーの種類を変えるだけで簡単に変えられます。

ミノープラグのメリット

水に浮く

水に浮くルアーはフローティングミノーの他に「フローティングペンシル」「ホッパー」などがありますが、使いやすさと汎用性の高さでミノープラグが圧倒的に優れています。
シャローエリアでの使用でも根掛かりしないので、シーバスやヒラメ釣りでも使用率が高いルアーですね。

使い方が簡単

ミノーは投げて巻けばアクションしてくれるので、ルアーフィッシング初心者でも簡単に使えるルアーです。

色々な使い方ができる

フローティングミノーならほとんど巻かずに水に流す使い方もできますし、トゥイッチで細かくダートアクションさせたりするのも有効。
シンキングミノーで中層のストップアンドゴー、リフトアンドフォールも可能です。
使い方次第では変則的なアクションをつける事ができるルアーですね。

ミノープラグのデメリット

ミノープラグの種類

ミノープラグと言っても「フローティングミノー」や「シンキングミノー」など色々な種類があるので、釣りたいなら用途に合ったミノーを選ぶ必要があります。

フローティングミノー

フローティングミノー ミノープラグ
フローティングミノーは名前の通り水に浮くので、表層付近の水深を釣る場合に使用されます。水面にボイルやナブラが出ているなら、フローティングやペンシルを使うのが一般的ですね。
水面をゆっくり巻けるので、デッドスローでの低速リトリーブや、水流に乗せてミノーを流すU字メソッドなどの釣り方に対応できる。

シンキングミノー

シンキングミノー ルアー
シンキングミノーは水に沈むミノープラグで、リールを巻かなければ沈んでしまいます。フローティングミノーより深い水深が引けるため、フローティングミノーと使い分ければ幅広い水深を狙えます。

サスペンドミノー

サスペンドミノーは浮きも沈みもしないミノーで、やや深い水深を引く事ができ、自重が重いルアーが重いのでよく飛びます。

ジグミノー/ヘビーシンキングミノー

ジグミノーやヘビーシンキングミノーは中に重りが詰まった非常に重いミノープラグで、飛距離も抜群で、かなり深い水深に対応する事ができます。遠投が必要なエリアや、水深が深い釣り場で活躍します。
60gほどある製品もあり、15m以上のディープエリアでも対応可能ですし、プラッキングタックルやショアジギングタックルなら100m以上の遠投も可能になります。
ヘビーシンキングミノーのデメリットとして重いぶんアクションのキレがなくなったり、やや控えめになりがちです。

ロングビルミノー/ダイビングミノー

ロングビルミノーは長いリップが特徴のミノーで、より深い水深まで潜るように設計されています。バス釣りだと「シャッド」と呼ばれるルアーも厳密にはロングビルミノーと言えるでしょう。
バス釣りなどでボトムを狙う場合は、長いリップがボトムにコンタクトするので、根掛かりしにくいメリットもあります。
重さでなくリップで潜るため、ヘビーミノーのようにアクションが悪くなるデメリットもありませんが、水を受ける面積が広いため引抵抗が強くなります。

ミノーの使い方

ミノーの使い方は投げて巻くのが基本となりますが、巻きながらトゥイッチを加えて左右にダートさせたり、ストップアンドゴーで変則的なアクションをつけるのも有効。フローティングミノーは水流に乗せて流すU字メソッドなどで使い方が出来きる数少ないルアーです。

とは言え、難しいアクションを意識して付けなくても、引くスピードさえ変えてたり、シンキングも駆使して引くレンジを変えて狙い分けるだけでも充分釣れるルアーですよ。

こちらの記事もおすすめ
ルアーフィッシングで定番のルアーを紹介