アメブロのアクセス数を増やす方法11選 ランキング1位獲得実績あり

アメブロ アクセス数 増やす

アメブロ アクセス数 増やす
アメブロは利用者が非常に多い大手無料ブログサービスで、誰でもアクセス数(PV)を稼ぎやすいブログと言えます。しかし、ランキングで上位に入りたい場合や、アクセス数を増やしてランキング1位まで狙うなら、やはりアクセス数を増やせる記事の書き方や、集客方法を考えないといけません。

単に記事を沢山書いただけではアクセス数は伸びないので、アクセス数を増やしたいなら記事の種類や書き方まで気にしないといけません。
難しいそうですが、アクセス数UPのコツさえ覚えて記事を書けば、誰でも簡単にアクセス数を稼げる記事が書けますし、一気にランキング上位を狙える記事が書けますよ。
アメブロのアクセス数が増えれば、Abemapick(アフィリエイト)で10万円以上の収入を稼げるブログを1〜2年以内に作る事ができます。

下記ではアメブロのアクセス数を増やす方法を詳しく紹介します。

アメブロのアクセス数を増やす11の方法

アメブロ アクセス数 増やす方法
筆者は下記の方法で記事を書き続けて、月30〜60万PVで、何度も総合ジャンルランキングで1位を獲得していますので、アメブロのアクセス数UPとランキング上位を狙う人の参考になるかとおもいます。一つ一つのポイントを抑えてアクセス数を増やしましょう。

人が興味がある記事を書く

アメブロのアクセスはブログを利用する人の観覧だけでなく、「Google検索」や「ヤフー検索」にも表示されるため、沢山の人が調べるキーワード(記事タイトル)で記事を書けば、簡単にアクセス数を増やす事が可能です。

アメブロでアクセス数を増やしやすい記事

検索サービスからのアクセスが増やしやすい記事は「最新のニュース・情報」や「流行の商品」は定番ですね。この記事のような「◯◯を◯◯する方法」「インプレ記事」など、困っている人が検索する可能性の高いキーワードもアクセス数を増やすのに役立ちます。

【おすすめの記事ジャンル】
最新のニュース・情報
流行りの商品
インプレ記事
コスメ・理美容品

とは言え、興味のない記事を書くのが嫌な人も多いと思うので、下記のタイトルを工夫する方法でもアクセスを増やす事ができます。

検索エンジンからアクセスを集める

上記で記載しましたが、アメブロのアクセス数が多い人は、アメブロ内からの検索より「検索エンジン」と呼ばれる「Google、Yahoo」などからのアクセス数がPVの大半を占めています。
検索エンジンにアメブロの記事を載せたいなら、記事のタイトル、内容、文字数を意識して書かないといけないため、アクセス数が稼げる記事を書くには、ある程度は慣れが必要ですし、人気の高い最新の情報を調べる努力も必要になります。

ちなみに、筆者が書いた記事だと1日で3万PVの記事が確か最高だったかと思います。ニュース関係の記事でしたね。
とは言え、ブログランキングは上げられますが、必ずしもアクセス数を稼げる記事が収入に繋がる記事になるとは限らないのも事実です。

ブログ内リンクを駆使してアクセス数を倍にする
アメブロのアクセス数は記事ごとのアクセス数を合計した数字が反映されるため、記事内に貼ったリンクをクリックしてもらい、別の記事にアクセスしてもらえば、単純にアクセス数が2倍になる訳です。

とは言え、リンク先の記事を見てもらうには、リンクを貼る記事に関連した内容の記事じゃないと効果が少ないので注意しましょう。適当にリンクを貼るだけではいけません。

例を挙げると「アメブロのアクセス数を増やす方法」と言う記事にリンクを貼るなら、「アメブロで稼ぐ方法」だと見てもらえる可能性が高いリンク記事となるでしょう。上手くリンク先の記事に誘導してあげる必要があるので、最低限もう一つ関連した内容の記事を書かないといけません。

後から関連記事を書いた際は、忘れずに古い記事の方にも関係した最新記事のリンクを貼りましょう。ブログ内のリンクが増えるとSEO効果が高いと言われています。

上手く記事同士をリンクさせてアクセス数UPに活用して下さい。

情報が古くなりにくい情報で記事を書く

情報が古くなるとそのキーワードで検索する人も減るため、アクセス数・PVが徐々に減ってしまいます。
安定したアクセス数を稼ぎたいなら、「資産記事」と呼ばれる安定したアクセス数を得られる記事が必要になります。

資産記事になりやすい記事は「無くならない物」に付いて記載した記事で、「健康・理美容」「観光スポット」の情報など、基本的に廃れないジャンルの記事は安定したPVを稼げますね。
アメブロの公式ハッシュタグに設定されているジャンルは人気が高いため手堅くアクセス数を増やせます。

デメリットとして資産記事になる様なジャンルは競合する記事を書く人が多く、検索エンジンで上位に表示させるのにテクニックが必要です。

それでも資産記事は重要で、安定してアクセスを稼いでくれる記事が多いブログであれば、1週間更新しなくてもアクセス数はほとんど減るこがなく、余裕をもってブログを更新することができますよ。
筆者のブログも資産記事によるアクセスが数万PVになります。

記事の作成に追われていては、どこかでブログの更新が面倒になる可能性がありますからね。

ハッシュタグを活用

アメブロにはハッシュタグを10個まで設定する機能があります。記事に関連したハッシュタグを付けると、その話題に興味がある人の検索に表示されるようになるので、アクセス数が稼げるだけでなく、より収益に繋がる顧客のアクセスを増やせます。
アメブロが設定した緑のタグが付いた「公式ハッシュタグ」があるなら優先して選択すると、公式ハッシュタグランキングにも反映されるので、記事が目立ってアクセス数が増える可能性が高くなります。

ハッシュタグ横にはそのハッシュタグが使われている数が表示されますが、人気のだと記事が埋もれやすいので、少しマイナーなハッシュタグも組み合わせて使用しましょう。
せっかく10個設定できるので、余さずに10個使用するのがおすすめです。

アメブロのハッシュタグの付け方・コツはこちらで紹介

ツールで改善点を探る

アメブロを書いていると記事や合計のアクセス数はわかりますが、自分のブログに訪問している人が、何人リンクをクリックしてるかなどの動きはわかりません。
そこで活躍するのが「Googleアナリティクス」と言うツールで、Googleアカウントを登録してアメブロと紐付けすると、ブログを訪問した人の動きが確認できます。

Googleアナリティクス登録はこちら

Googleアナリティクスは有れば便利な機能なので、筆者は必ずしもアクセス数UPには必要とは考えていませんが、少しでも読者を増やしたいなら登録してみても良いかと思います。

3000〜4000文字以上の文章を書く

アメブロの記事を検索エンジンで上位に表示させるには、記事の質も重要で、判断基準は多岐にわたりますが、まず文字数が一つの記事になっています。
全く同じタイトルなら300文字しかない記事より、3000文字ある記事の方が優先的に検索エンジンで上位に表示されやすいです。
単に長く書くだけでなく、しっかり読んでもらえないと意味が無いので、上手く見出しも活用して読みやすい記事を書く様にしたいですね。

記事内に検索されそうなキーワードを入れる
検索エンジンで上位表示させるには記事のタイトルだけでなく、記事の文章内にキーワードを書く必要があり、結果的にアクセス数UPにも繋がります。

例をこの記事とするなら、「アメブロのアクセス数を増やす」「アクセスUP」は文章中に必ず入れたいキーワードとなります。
せっかく数千文字の記事を書いても、記事に必要なキーワードが入っていなければあまり意味がありません。

SNSで集客してアクセスを増やす

SNS(Twitter、Instagramなど)に沢山のフォロワーがいるなら、アメブロのリンクを貼ってブログ自体や記事の宣伝をすれば手軽にアクセス数を増やす事ができるでしょう。とは言え、フォロワーを増やすのも手間と時間がかかるので、ブログの存在を宣伝しつつ、アクセスUPに役立てる程度に考えて他の方法と併用すると良いでしょう。

にほんブログ村に登録する

ブログ村は様々なブログを登録してランキングに参加したり、ブログや投稿した記事の宣伝・存在をアピールできる無料のサービスです。登録するデメリットも無いですし、ブログ村で上位にランクインすれば、ブログ村から大量のアクセスが期待できます。

ブログランキングに参加するにはブログ村に登録して、関連したジャンルのバーナーを作り、アメブロの記事内にリンクを貼る必要があります。アメブロだとHTML編集画面で記事内の好きな位置にリンクを挿入できます。

ブログ村のリンク・バーナーはこのように表示されます。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

アメトピ掲載を狙う

アメトピこと「Ameba topics」は注目記事をアメブロ 運営で選んで掲載してくれるトピックスで、アメトピに記事が掲載されるとアクセス数がアップします。
とは言え、なかなか狙って記事を書くのは不確定要素が多いですし、すでに数万のアクセス数があるブログだと誤差の範囲かもしれません。
狙って出来ない以上は、アクセスUPには現実的な方法とは言えないかもしれませんね。アメトピは掲載されたら良いくらいに考えて良いかと思います。

まとめ
アメブロのアクセス数が増えるとモチベーションが上がりますし、Ameba Pickの収入もどんどん増えるので、沢山の人に訪問してもらえるようなブログ作りを目指して頑張って下さい。