アメブロのSEO最適化・対策方法 検索順位上位を狙うなら必須

アメブロ SEO 最適化 対策

アメブロ SEO 最適化 対策
アメブロのアクセス数を増やすには、書いた記事を検索エンジンで検索順位の上位に表示させる必要があります。そのためにはSEOが重要で、いくつかのコツを覚えて記事の書き方を工夫し、SEO対策がなされた記事を書けば、GoogleやYahooやどの検索エンジンの検査結果で、比較的簡単にアメブロで書いた記事を検索上位に表示させる事ができます。

検索上位に表示されると1つの記事で数万ものアクセス数を稼げるので、アメブロでランキング上位を狙う人や、アフィリエイトで稼ぐ人は必ずSEO対策を行って検索エンジンで上位表示される記事を書きたい物です。
今回はアメブロの記事を検索エンジンの検索結果で上位表示させる方法・コツを紹介します。

SEO(検査エンジン最適化)とは?

検索エンジンの大手である「Google」と「Yahoo」検索ではユーザーに最適な検索結果を提供するためにSEO (Search Engine Optimization:検索エンジン最適化) と呼ばれるマーケティング戦略を行っています。SEO対策やSEO最適化とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンに、自分の書いた記事やホームページを理解してもらうようにする作業の事です。

多くの人にブログ記事やホームページを見てもらうためには、このSEO最適化と呼ばれる対策をしないといけません。
このSEO対策が必要なのは、アメブロや楽天ブログ、ワードプレスなど全てのブログやホームページに該当します。

GoogleなどWebサイトは検索エンジンで上位表示する検索順位・ランキングを決定する方法として、クローラーと呼ばれるロボットを巡回させて情報を収集して、様々な要素を総合的に評価して記事の順位を決めています。SEO最適化・対策を行うと、このクローラーが巡回してくる回数が増え、より良い記事・サイトとして認識してくれる可能性も高くなり、検索エンジンで上位に表示してもらえる可能性が高くなります。

SEO最適化がなされた記事が多いブログほどクローラーの訪問回数も多くなるため、記事だけでなくブログやホームページそのものね評価も上がり、更新した記事が素早く検索エンジンに掲載さるようになります。

SEO対策をするには、記事の評価を高めるために、タイトルの決め方や記事の書き方、文字数、リンクの有無など、様々な要素に配慮しないといけません。
SEO対策が不十分な記事はWeb・検索エンジンに公開しても1ページ目に表示されず、ほとんど人目にに触れないのでアクセス数も増えません。

基本的には、長く滞在して読んでもらえる記事がSEOでの評価が高い記事となりますが、そのようなSEO対策がなされた記事を書くには、幾つかのコツと言うかポイントを抑えないといけません。

逆に言えば、SEO対策をした記事を書くコツをマスターしておけば、今後どんなブログ記事を書く場合も活用できますよ。

アメブロの記事をWeb・検索エンジンで上位に表示させる方法

検索されやすい記事のタイトルにする

記事の見出しとなる記事のタイトルは、出来るだけ検索されやすいワードを組み合わせたタイトルにしましょう。
この記事の場合だと「アメブロ 」「SEO対策」「記事を上位表示させる方法」「Yahoo」「Google」と言う5つの検査キーワードがタイトルに含まれています。

検索エンジンで検索されやすいブログ記事のタイトルは以下のような物です。

◯◯する方法
◯◯初心者におすすめの◯◯を紹介
◯◯インプレ

趣味の道具、家電、理美容、健康に関する情報は定番のタイトルですね。
GoogleやYahooで検索する方は、その物の情報が気になっていたり、困っていたりして調べるので、SEO対策を意識するなら、検索する人目線でブログのタイトルを決めないといけません。

記事の文書内にも検索キーワードを入れる

ブログのタイトルも重要ですが、記事の内容にブログタイトルに関連するキーワードを複数入れることもSEO対策に重要です。検索上位に表示される記事は、記事内にもタイトルだけてなく、記事内にもSEO対策として必要なキーワードが記載されています。
クローラー(ロボット)は自動的に記事を読み単語も抽出するので、実はタイトルに使ったワード以外で検索されても、記事内に関連する単語や文字列が含まれていると、多少検索した単語がブログのタイトルと違う記事でも上位に表示してくれる可能性があります。

よく検索したキーワードと微妙に違うタイトルの記事が表示される事がありますが、それは記事内に検索したキーワードが入っているためです。
検索する人にとっては余計な記事も表示されれため、検索の質が悪いと感じることもあるでしょうけどね。

記事の文字数を3000〜4000文字以上にする

記事の文字数はSEO対策に有効で、同じ内容の記事でも、文字数が多い記事の方が読むのに時間がかかるので、記事の滞在時間が長くなり、SEOの評価が上がって、記事が検索上位に表示される可能性が高くなります。そのためには、SEO対策を考えるなら、記事の文字数は最低限3000〜4000文字を目安に書きましょう。
近年、文字数が多いブログやホームページが増えているので、書くことがある限りは全て書き込み、文字数を増やした方がSEO対策では有利だと言えます。

とは言え、記事の中身に検索キーワードを取り入れたり、飽きずに最後まで読んでもらえるブログにする必要はありますね。

競合相手が少ない記事であれば、1000文字以内の記事でも検索順位で1位に表示されることもあります。

リンクや動画を埋め込む

SEO対策ではユーザーがそのWebサイト・記事を観覧した時間や、サイトの利便性も判断基準にしています。どれだけユーザーに親切なサイトかをクローラーにアピールしたり、滞在時間を増やすには関連記事にリンクを貼ったり、YouTubeの動画を埋め込んでサイトの滞在時間を伸ばす、リンクからクローラーに色々な記事を回ってもらり情報収集してもらうようにしましょう。

自分のブログのリンクを貼るとアクセス数も増える
アメブロ の場合はリンク先の記事へのアクセスも1アクセスとしてカウントされるので、リンクを貼るとアクセス数を増やしランキングを上げる効果も期待できます。

PRリンクで外部から誘導する

クローラーと言うロボットは自社の検索サービスだけでなく、ブログ外部からのリンクを経由して巡回してくる事もあるので、アクセス数・PVの多い記事にリンクを貼ると、リンクからアピールしたい記事に巡回してくる可能性が高くなります。
日本ブログ村やTwitter、Instagramからの誘導も有効だと言えますが、

クローラーが何件巡回してきたのか調べるのは無理なのと、検索エンジンのアップデートでもSEOの評価は変更される可能性があるので、不透明な部分が多いのも確かですが、リンクが少ないブログよりは記事同士のリンクや、他の外部サービスとの相互リンクが多いブログの方がSEO評価が高くなる傾向にあります。

投稿数の少ないジャンル・キーワードを狙う

どんなにSEO対策をした記事を書いても、競合するジャンルの記事が多いほど、検索エンジンで上位表示を狙うのが難しくなります。ある程度独自の内容で記事を書いて、クローラーが巡回してくれる数を増やして、ブログ・サイト自体のSEOの評価を上げるのも有効です。

基本的はアクセス数が多いブログほど評価が高いブログで、アクセス数・記事数に応じてクローラーが訪問する回数も増えるようです。

自分のブログにクローラーが巡回しているか心配な場合は、自分しか書かないようなキーワードで試しに記事を書いてみて、Google検索で表示されているか確認してみるのが良いでしょう。
Google検索であれば、普通は記事を書いた数時間後に検索すると自分の記事が見つかります。

ページの表示スピードを早くする

Webサイトを開く際に、サイトが重くて開くのをやめた事はありませんか?。これはサイトや記事の容量が多いため開くのに時間が必要な訳ですが、容量が大きく重いサイトはSEO最適化を考えると不利になります。

訪問者が途中で記事を開くのを止めて、他のサイトに移動してしまうと、滞在時間が短いあまり有益ではないサイトという評価を受けてしまう可能性があります。

サイトを軽くするためには画像の枚数を最低限に減らしたり、画像を圧縮して容量を減らす、アフィリエイトリンクを最低限にするなどの方法があります。

Googleアナリティクスで問題点を改善する

GoogleアナリティクスはGoogleが提供している解析ツールで、アメブロやワードプレス などのウェブサイトを登録することで、記事の検索順位、検索エンジンからの訪問者や、訪問者の行動を把握できる便利なツールです。ブログ記事の問題点を把握するために役立ちますから、本気でアクセス数を増やせる・稼げるブログを作りたいならアメブロと紐付けしておくと良いでしょう。
GoogleアカウントがあればGoogleアナリティクスは簡単に登録できます。

Googleアナリティクスの登録はこちら

こちらの記事もおすすめ
アメブロのアクセス数を増やす方法はこちらで紹介 1位の実績あり!

アメブロ記事はハッシュタグの選び方でアクセス数が増えます