メタルジグのフックセッティングの種類を紹介 ジギング ショアジギング

メタルジグ フックセッティング

メタルジグ フックセッティング
ショアジギング/ライトショアジギングではフックセッティングでヒット率やバラシ憎さ、ルアーのアクションも変わってきます。釣果を上げたいならフックセッティングの種類を理解して上手く活用しましょう。

ショアジギングのフックセッティング

フロント:アシストフック

メタルジグ フックセッティング
フロントフックのアシストフックみのフックセッティングはショアジギングで定番で、メタルジグの頭(進行方向)から捕食する青物のヒット率も高く、テールフックも無いため根掛かりし難いメリットもあります。
アシストフックの位置はボディ中央とラインアイの中間にフックポイントが来る長さで取り付けるのが一般的ですが。ロング系のメタルジグはフックセッティングか頭よりでも構いません。

フロント:アシストフック&リア:トレブルフック

メタルジグ フックセッティング
フロントフックにアシストフック、リアフックにトレブルフックを取り付けたフッキング率の高いフックセッティングです。
ショートバイトでもトレブルフックのおかげでフッキングが決まりやすく数釣りに向いていますが、デメリットとして複数の針が刺さると貫通力が落ちてバラシやすくなりますし、魚が暴れた際に力が不均一にかかってバラシやすいと言われています。
ただし、スレ掛で釣れる事も多いので、小中型青物の数釣りをメインに考えるなら、このフックセッティングが無難ですね。
根掛かりするポイントでは直ぐに根掛かりしてロストしてしまいます。

フロント:アシストフック&リア:アシストフック

メタルジグ フックセッティング
フロントフックとリアフックにアシストフックを取り付けたフックセッティングです。リアフックにトレブルフックより貫通力が高く、根掛かりし難いアシストフックを使用しているのが特徴。フッキング率はトレブルフックに劣りますが、アシストフックは針1本あたりの耐久性が高く、フッキングが決まればバラシ難いのがアシストフックのメリットです。
やや口が小さい小型青物でも口にフッキングする確率が高く、ライトショアジギングでもおすすめのフックセッティング。

フックの種類

フックと言っても幾つかの種類があるので紹介します。

ノーマル

アシストフック
余計な物が付いていないシンプルなアシストフック。抵抗が少なくメタルジグ本来の動きを妨げません。

フラッシャー付き

アシストフック メタルジグ ジギング
フラッシャー付きフックは、きらきら反射する毛のような物がアシストフックで、ナチュラルかつアピール力も高い。

魚皮付き

菱形をした魚皮やプラスチックの付いたアピール力重視のアシストフック。アピール力が高い代わりに魚に見切られるリスクもあるので、他のフックと使い分けたい。

ワイヤー入りアシストフック

アシストフックを繋ぐラインにワイヤーが入ったタイプで、歯が鋭くラインを噛み切る可能性のあるタチウオやサワラ/サゴシ狙いのショアジギングで使用されます。

ライトショアジギングにおすすめのフック

ジグパラアシストフック
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●メジャークラフト ジグパラ アシストフック JPS ASSIST L 【メール便配送可】 【まとめ送料割】【mjpf】
価格:440円(税込、送料別) (2021/11/23時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●メジャークラフト ジグパラ アシストフック JPS ASSIST REAR 【メール便配送可】 【まとめ送料割】【mjpf】
価格:385円(税込、送料別) (2021/11/23時点)

楽天で購入

 

 

こちらの記事もおすすめ
ショアジギング入門 釣り方 タックル メタルジグを紹介

ショアジギングにおすすめのメタルジグを紹介